QLOOKアクセス解析
HOME   »  
 | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移160714

PS4が日本実売300万台突破とか。

ゲームが売れる最大瞬間風速はハードの普及台数に対して2-3割の間ぐらいの事が多いので、今だと60-90万本くらいが最大値に思える。500万台は売れて欲しいと過去書いているのもそのあたりを意識してのこと。PS4の週販が基礎週2万台として年110万台前後。それに商戦や大型IP、ハード同梱版のボーナスがあって年150万台前後という所。

発売予定のソフトは充分すぎるほど揃っている。後のその中から、期待を大きく上回るソフトが1本でも出てくれれば、という所だね。ソフトが出るのは分っている、安心できるから週の基礎台数には既に寄与していると思われるけど、もう一頑張りが欲しい所かもしれない。ハードの台数を決定的な影響を与えるIPなど事前にコントロールできる事ではない。ソフトが揃っている訳で、試行回数は多い状態。後は運かもしれない。

ps41607141C.png






日足35日評価数推移160713

今日はEAの値下げソフトが2本新作扱いで登録されたけど、水曜日に値下げソフトが登録されたのは、もしかしたら始めてかも。
最近PSストアのソフト発売日は木曜以外にもバンバン出て、木曜日以外は登録的に安息日という時代はとっくの昔に終わっている。発売日が数日でも分散することはいいことだと思う。

完走ソフトは4本。プロジェクトカーズはレースゲームとしては売れたほうだと思うけど、評価数は完全な初動型。F1は数はごくわずかだけど、評価数が低めのソフトの割には比較的動くタイプ。こちらはどうなるのか。

ps41607131C.png

ps41607132C.png

日足35日評価数推移160712

今日は時間が取れないので、日足だけです。

ps41607121C.png

日足35日評価数推移160711

ポケモンGOが大ヒットの兆しとか。前々から書いていたけど、技術を作品に落とし込んで遊びを演出する開発力は任天堂はしっかりある。あのDSですれ違い通信考えた位なんだから。

どういう訳か任天堂自身(当時の役員一同がゲハ真っ只中の世代だから・・・)がゲハに染まって、本来不得手な分野(欧米が自身でルールを決め、日本には不利な物量投入型ゲーム)のパイを分捕ろうとして失敗していただけで。

DSWiiはその遊びの演出を専用ハードを使わないと表現できなかった訳だけど、スマートフォンという任天堂がハードに充分な利益を載せると達成不可能な性能をもっているハードが溢れている中で専用ハードに固執する必然性が何処にあるのかをどう考えるのかが難しい所。NXが懸念されている所もまさにそれ。遊びの演出できないギミックが付いて、ハードでも利益がのっかるハードならば低性能は避けられないし、低性能は欧米ゲームのルールでは戦えない。日本の和ゲー各社も任天堂ソフトがやたら強い低性能ハードに引っ張られ埋没する。それを懸念するだけで。

今回のポケモンGOも間違いなく初動は今までの任天堂やポケモンが築き上げてきたブランド力が前提としてあった訳で、それはやはり大きな財産。それは今後も維持しないといけない。そこにはやはり長期的なポリシーが大事になる。

例えばポケモンGOの課金をどれくらいやるのか、課金誘導型の色を強めるのか、収穫期間をどれくらいの長さを考えるのか、なのかも凄く気になる所。これが日本の重課金型のゲームならばゲームのヒットが即収益に繋がる。ただやりすぎは長期的にブランドにどう作用するのかなどは、定量的なデータ分析でどこまでやれるか。やれないならば社長や役員の考え方一つになる。今の経営陣の大局観が問われることになる。

任天堂はその辺うまくやって欲しいね。自分の畑で大豊作になるのは歓迎なのですよ。他所の収穫物を札束で強奪しない限りはね。

ps160711C.png


ps41607112C.png

日足35日評価数推移160710

週間ランキングアップしました

今週はPS+や大型値下げセールがあったものの、その割には新作の評価数増が小型かつミクマイナスの影響で全体の評価数増は控え目。先週比ではマイナス。週間評価数増0のソフトは減少も、定番ソフトには強弱があり一貫して一本調子でもなさそう。

テイルズは評価数倍率のブレを考えても評価数自体は小型。日曜時点でも初日の3倍にならず。白菜によると品薄とのことなので、実本数がどれくらいかは興味深いところ。

大型セールは評価数増が好調のタイトルとそうでないタイトルがはっきり分かれた印象。

今週はランキングに記載が無いものの、発売前かつ予約開始もしていないソフトの登録が複数。今更?ディープダウンも登録された。SIEJがルーチンで登録したのか、カプコンの依頼なのかどちらなのだろうか。

新画面表示への切り替えは地味に進み、アーケードアーカイブは全て切り替わり、レゴシリーズも全て切り替わった。それ以外も複数本切り替え済み

ps41607101C.png




PS4評価数ランキング先週比増順160710

ps4160710HYC.png

PS4評価値順ランキング160710

ps4160710RC.png

日足35日評価数推移160709

選挙速報見ていたので遅くなりました。
個人的な興味は政治的な話より、中央値、最大値、最小値のどの振れ幅で収まるかということ。今回は振れ幅が最も大きい所(その意味は個々人の政治的な立場で決まる。データは数字だけど、データの解釈には必ず主観が介入する。でもデータを提示しないよりは多分マシ)で決まったようで。やはり推計値の幅は予測には不可欠ですね。意地の悪い所だと当確打ち損ねも1つ出たみたい。

推計値ではないけど、範囲を示した予測で外れまくり、範囲を示す意味あるのと思うのは株価と為替。結構範囲広くしてさもそれっぽくしているけど、競馬の予想家以下の的中率しかなさそう。

ps41607091C.png

日足35日評価数推移160708

7/9(土)分の35日日足は7/10(日)22:00以降の掲載となります。

新作でバージョン違いが多数出るたびに苦言を呈してきたけど、カプコンがDLCでぶっとんだことしたらしいね。さすが本業お好み焼き屋、副業でワイン工房、空気の読めなさでは世界最強だね。いやあ、本編でやられなくてマジでよかった(汗)

これは今のUI設計の弱点だからね。VITAストアのカウントもしていたから、フォルダ式の弱点、閲覧の連続性が途切れるのはよく理解できる。でもtorneチームが社内にいて、連続性を途切れないフォルダ機能を搭載することができるのに、PS4のストアではそういう練りに練った仕様を時間かけて搭載出来ないのが寂しいね。部署が違う、開発している国が違うで終わるのはもったいないですわ。

社内事情が透けて見えるよね。例えば新しい画面表示から自動的にPVが流れるソフトがあるけど、プレゼンで強そうだもん。見てください!PVが自然と流れます。販促にいいです!と。予算と仕事が獲得できる。でもユーザーからすれば、そんな物より、いかに多数のコンテンツの中から目的のコンテンツに辿り着けるかなのよね。

この点はストアだけでなく現在のCSゲーム機で掛け値なしの弱点なので、頑張ってほしい。

ps41607081C.png



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。