QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  PSN評価数カウント  »  グランツーリスモSPORTのお披露目動画を見て

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランツーリスモSPORTのお披露目動画を見て

お久しぶりです。
もうカウントするのをやめたのだろう、と思っている方も多いかもしれませんが、カウント自体はしてます。こんな感じで。PS4全ソフトの週間カウントもしてます。

ps41605201C.png

ただ最近はいろいろ所事情でゲームやっていないので、ゲームを殆どやらないのにゲハトークだけするというのはアレ過ぎるので、更新やめてました。

だけどGTSPORTの本格お披露目があっとすれば話は別。感想書いておきます。GT6は今でもやっているし。

既存のGTユーザーへの反応は微妙な気もするけど、個人的にはいいんじゃないかなと思いました。

まずはグラフィック。これ海外でもけっこう槍玉に挙げられていて、GT6のアップデートだとか言っている人いるけど、GT6触ってもいないのバレるので辞めましょう。というかGT6過大評価すぎですよwGT6から見れば本当に天国です。

で、現行世代のゲームと比べてどうなのさ、という所だと、基本的な要素のいくつかが開発中で未実装だったとすれば、そんなに悪いか?と思う。GTは最低でも可変60fps、最悪でも50fpsくらいは出ないとお話にならない訳で、30fpsにしてクオリティを追求したドライブクラブあたりと比べるのはそもそも無理がある。レースのクルマ数も20台にアップしたし。

たしかに新コースのビルの積み木ぶりはいただけないけど、ブランズハッチやニュル北コースなどはCSゲーム機の他のレースゲームと比べてそんなに酷いの?と。木とか芝生の質感とか、観客の板っぷりとかも他所も現行CS機ならそこまで良くないと思うけど。
槍玉に挙げられている一番の理由はGTの絵の見せ方にあると思う。GTはGT5時代からそうだけど、常にフォトリアル路線。それに比べると他のメーカーのゲームはくっきりはっきりの絵作り。TV中継でレース見ていると、GTの方が近いと思う。でも他のゲームにあるようなくっきりさがないので、グラが劣っている様に見られてしまう。この辺はポリフォのポリシーだからしょうがない気がするね。

現行CS機で思うのはキャラクターの表情とかは前世代の不気味の谷から克服しつつあるけど、植物はいまその状態なのかなと。綺麗だけどリアルに感じない。正直プラスチック製の観葉植物みたいな質感になっていて、綺麗になったのに気持ちよくない。レースゲームでも背景まで追及されるのは次世代機以降だと思う。

次に車種数とコース数。やっぱりこの辺はマンパワーの少なさが如実に出ている。project carsに近似した形なのでまあしょうがないかなと。それでも少ない。これが出し惜しみしているのか、既存のプレミアムカーからのアップグレード作業が相当しんどいのかはちょっと分からない。

ただいえそうなのは、今回は新コースや新車を期待すると今まで以上に痛い目に遭いそうだ、という想像。というのもGT6で新登場した車種は160車種(RMなどを含めた所謂「水増し」含む)、コースは11(レースが出来ないグッドウィルコースとカートアリーナーを除く)あり、GT5のDLCで登場したスペシャルステージルートXとスパを入れると13コースとなる。

GT6をやった人ならば分かると思うけど、例えばGT6で登場したマウントパノラマは処理落ちがやたら目立つコースで、おそらくPS4での流用を想定して作りこんだと思われる。今回のデモに登場した車種(エヴォーラみたいな例外はあるけど)もGT5のDLC以降からの流用組が多く、PS4GTの仕様に併せてモデリングしたのは、GT6世代、早くてもGT5DLC以降だと思われる。

GT6世代以降で言えば160車種(GT5のDLCを含めればさらに+20-30くらい)、コースは11-13コースが、PS4版GTへのコンバート対象になりそうで、それを考えると137車種、19コースだと、相当な部分が旧世代からのコンバートで埋まるんじゃね?という想像をせざるを得ない。しかも137車種といっても、ベースカーとRMカーでかなり水増しされることを考えると、やっぱり今回は他のレースゲームと同じくDLCで、GT6やGT5からのグレードアップ車を販売することになりそうな気がする。少なくても世界ではクルマのDLCで追加で3000-5000円取るのは最早日常的な風景なので批判もそれほど無いだろう。

ここからは全体の話。GT6の売上は最近になってやっと発表され、5に比べて半減。PS3末期だからしょうがないけど、それだけでなくて、GT5以降のポリフォのやりたい事とユーザーのやりたいことが余りにかけ離れていたのが数字をおとした原因だと思う。

ポリフォ、特に山内さんは自動車文化というものへの憧憬を隠そうとしない。これはゲームに箔をつけようとしたのでなくて、本心からそうなのだと思う。それはGT5をやった人ならばそう思えるはず。1000万本売れるタイトルにしては異例なほど、個人の趣味性がゲームを支配していた。ただ普通のユーザーからすれば、そんなものより、ポルシェやフェラーリのスーパーカーもっと収録せんかい!というのが本音だろう。

GT6は冴えない作品になったけど、その代表的なのはビジョンGT。スーパーカー世代の山内さんにとってはああいう、現実ではありえないスーパーカーに興奮するのだろうけど、一般人から見たら普通のスーパーカーすら満足にないのに、何考えているんだ?と思った人も多いと思う。

前も書いたけどポリフォとユーザーの目線が違いすぎたのだ。

では今回はどうだろう。以前書いたときはFIAに表彰されるといっても、殆どの人には縁のない話だから懐疑的だった。でも今回のイベントを見て少し見直した。と言うのもesportとしてレースゲームを見た時に、盛り上げるだけの技術的な措置もあるし、真剣さも感じられたから。

例えば今回のレースでニュル北コースを5周もさせた。35分のレースなど一般人からすれば退屈もいい所。でも本当にドライバーの腕を競うならこれ位は最低欲しい所。
しかもできるだけリアルにしようと途中でドライバー交代までレギュレーション化していた。

さらに、レースの中継システムも充実。HUDは現実のレース中継に限りなく近かったし、なにより、レース観戦の興行性を高めるために不可欠なフルコーションイエローやクラッシュやオーバーテイクなどですぐリプレイ動画が出た。これを自動にやっているとは個人的には現時点では思えないけど、運営がすぐにリプレイを呼び出せるシステムを構築していたことは間違いない。

ただレースをするだけならば、恩恵は限られたトップランカーにしかない。でもトップランカーのレースを楽しく観戦できるような導入路が整備されているならば、レースを観戦すると言う形で多くのユーザーがトップランカーが生み出すレベルの高いレースへの恩恵を受けることが出来る。
今回のイベントを見るかぎり、ポリフォが本気さえ出せるならば(それが怪しいけどw)、技術的、グラフィック的には出来なくはないと思った。

山内さんのお披露目イベントを見てもGT5やGT6でやらかしたような、大風呂敷ぶりは開発完成度50%(信用度、山内という造語を個人的に作った位、山内さんの言葉を真に受けたら絶対に駄目。後で違うじゃないか、と必ずなるw)以外は殆ど無い。発売日から実装できそうなことしか言っていない。

技術的にもクルマのリバリーがやっと搭載されたり(共有できるそうだけど、GT5のクルマのレンタルや多分コースメーカーみたいに仕様が微妙で個人的に期待していない。)、なによりフォトモードに関しては、次世代を感じさせる所まで技術的に昇華できている。あの方式ならば、追加も簡単だろう。今後モデリングへの負担が加速度的に増えていくのは避けられない訳で、少しでも戦力を有効活用出来る様にしたことは全体で恩恵となるだろう。

他にもマナーを考慮した形でユーザーのレベルが設定されるのも、うまく判定できるならば面白い試みだと思うし、GT5-6時代にこれはなあと思っていた懸念を丁寧に潰してくれている。

個人的に優先度が低いけど期待したい機能は一つだけあって、それはクルマを買う時にデモ走行が見れるようにして欲しいという点。音声があればなお理想だけど、この機能GT5で非常に言いと思った部分。クルマへの愛着が全然違ってくる。

音に関してはあまり期待してません。山内氏がラッパを吹かない、というはお察し下さいだから。掃除機サウンドだったらまだライオンの咆哮混ぜた方がマシだと思うよ。

少なくても今回に関しては、ボリューム的にはGT7プロローグかもしれないけど、中身はGT7プロローグと言えない、ポリフォらしからぬ安定感を感じる。作品として成功するかどうかはポリフォのオンラインイベント運営能力次第。きちんとレースウィークをレース中継込みで演出できるならば、面白いコミュニティが出来ても不思議じゃないとおもう。出来ると、個人的には期待していないけど・・・

PS
一番驚いたのは中村某氏があまり嫌味を書かずにイベントをレポートできたことだったりwやっぱりあれですか、このままだと、編集部内の自分の立場がとそろばん弾いたんですかね。年齢的にも会社にしがみつかくことをより真剣に考えないといけないでしょうし。現状敬愛してやまないMSは日本市場では撤退同然なので。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。