QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移160202

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移160202

肩肘張らないコメント
昨日の任天堂決算の記事について。あれは今期のミッションをきちんとこなしたと言う意味でのハナマルで、将来のことは勘案に入れてないです。その辺はこのブログをお読みの方はご理解いただけていると考えています。

今後もヒットを出さない限り、売上は低落傾向、固定費は大して変わらないと言う状況なので、ある程度の利益率は絶対に必要。そういう意味で今期の決算の意味は大きい。えげつない商法が任天堂というブランドに与える影響とかはすぐには出てこないので、その将来もなんとも。その手の問題は一定のラインを超えると一気に顕在化するので、主要顧客が中学生以下の子供ということもあり、慎重にならないとね。課金に対する考え方や感覚自体、古い世代の俺と子供では全然違う可能性もあるので。

任天堂についてはすでに俺の好きなゲームからはかけ離れた世界なので、見方も数字先行です。今後もそれは変わらないでしょう。嫌がらせの様な札束ビンタさえなければ別にそれでもいいんだけど。

あと本決算の数字云々は、任天堂の場合5円も円高になれば結構な為替差損が出る上に(SIEは逆に為替差益が出る)、持っている金融資産も多いので市場の混乱自体も任天堂にとっては望ましくないのかもしれない。どういう資産構成なのかよくわからないけどね。資料作成時点では日銀のマイナス金利は想定していなかっただろうし、マイナス金利自体も将来に与える影響に現時点でわかりづらいので、妥当な判断かと。

PS4
ps41602021C.png
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。