QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移160116

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移160116

肩肘張らないコメント
正月にやっていたグリーンチャンネルの競馬場の達人1年分まとめて放送をやっと全部見た。個人的にこの番組はその日の収支よりも大事な、競馬についての考え方や、ギャンブルに勝つために欠かせない人間としての器の大きさが結構見えるのが面白い。
20数人見たけど、安定していい勝負になりそうなのは二人、ですかね。

一人はいくのひろしさん。少なくても競馬をかなり研究したのは最初の数分で分かる。源流も垣間見える。競馬を研究していると、どの辺りの影響を受けているのかはなんとなくわかる。研究が身になっていれば勝てる可能性は低くないと思う。

もうひとりはラジオ日経の山本アナ。この人は二ヶ月負け続けても、決められたフォームで穴馬を狙い続ける。これが大事。1R約5000円投じて、14Rくらいやるので、全滅すると1日、7万円の負け。16日連続の負けならば102万円。それで買い続けるのはまさに耐えて勝つの言葉にふさわしい。そして、研究が一定の水準に達すれば、この手法は限りなく勝ちやすい。でも多くの人は挫折する。だからこそ不滅の戦法だったりする。穴狙いで必要な一番必要な人間としての器量をこの人はもっている。競馬場の達人の名称にふさわしい。

個人的にうーんと思ったのは経済評論家の小幡さん。本命の方が美味しいという論文書いたそうだけど、それ、胴元の控除25%分を入れなければ、じゃないかな。本命ならば80%よりは美味しいだろうけどw90%までは簡単。でもそこからはかなりの努力は必要だし、100%超えたら、資金力によるけど、働くのが馬鹿らしいレベルになってもおかしくない。
大金を一気にドンは試行回数を減らすという意味で悪くない。でもこの人は遊びのレースを含めても打率が低すぎる。あの打率では単勝は無謀かと。

ヤクルトの川崎投手。理論化で競馬以外もさすがはプロの大選手だったことを随所に見せる。戦法はなつかしのコンピ。残念ながらあれじゃあまだ出目レベル。出目じゃないコンピの使い方というはある(レースの構造で場合分けするのには一定の意味がある。オッズでも全く同じことできるけど)

山本アナは感銘を受けましたね。この人は仕事も間違いなく出来るでしょう。ラジオ日経さん出世させてみては如何でしょうw

PS4
ps41601171C.png
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。