QLOOKアクセス解析
HOME   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移160106

日足35日評価数推移160106

肩肘張らないコメント
Oculus Riftのお値段が599ドルとのこと。これだけならまだしも、ある程度のゲーミングPCも、となるので完全な嗜好者向けのハードですね。仮にPC向けでハードスペックを高く使ったゲームを作った場合余りにもユーザー層が狭すぎておそらく商売にならないので、多くはPSVRとのマルチになりそう。

うさぎ小屋と揶揄される狭い日本でCS向けでVRを売るとなると、VRつけていてぶつけた、壊したというクレームがある程度発生するだろうから、サポートや法務がしっかりしている所以外はハード販売に手をあげそうに無い気がする。手離れが悪い商品は代理店もよほど利益がない好まないし、量販は大嫌いというのが大前提。

結局主にVR用途以外の汎用部品(しかも既に大量生産品が多数でなので、今後のコストダウンは?)の寄せ集めなので、数が出ない場合で積み上げ式の原価計算だと高くなるのでしょうね。しかも開発者はコストを考えずにリクエストして、それに応える形でスペックを積み上げたから、マーケティング的には渋い商品となり、それなら利益をとって安全運転で行こうと。すくなくてもVRを一般化する為に体を張った金主はいなかったと。金主を説得できる人間も開発者やマーケティングにいなかったのだろうと。

問題はスペックの積み上げが本当に最低限の必要なラインでこれしかなかったのか、それとも開発者(マニア)の過剰気味な「好み」だったのかが気になる所。この辺は分かりませんね。

そのPS4+PSVRでもおそらくセットならばCSゲーム機器としてはPCE+CDROM2以来の高額商品になってもおかしくない気配なだけに単にスゲー、でも1時間で飽きるでは厳しそう。スゲーの次にゲームとしてスゲーが続くかが大事になりそう。

PS4
ps41601061C.png

PS435日完走
ps41601062C.png
スポンサーサイト