QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移151229

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移151229

肩肘張らないコメント

12/30-1/2分の35日日足はお休みします。
よっておそらく今年最後の投稿となります。
1/3分の更新を1/4から行う予定です。

11月にデータが飛んでからは、消化戦のような気持ちでやってますが、2016年は、すでに注目和ゲーの大量リリースが約束されているので、来年はちょっとはそういう気分からマシになるかもしれないですね。別に今年のゲームがつまらなかった訳でなく、資金的にも関心的にもほかの事をやっていただけですね。来年まで待てばいいや、と思ったのも事実で。

今年は決算記事関連サボりましたが、任天堂は前線を維持するのがメインでしたし、それはある程度成功しています。3DS国内で500万本減らして維持なのか、という突っ込みもあるでしょうが、個人的にはもっと下も想像していました。今年出たタイトルから見ても、NXの垂直立ち上げに全てを賭けているのは想像できますしね。

SCEもSCEでゲハのvitaガーの突込みが所詮日本の局地戦、とむなしくなるほど、PS4が磐石の地位を築きました。日本が築けるかは2016年次第ですね。今年の年末商戦や、最近の和ゲー洋ゲーの売れ方を見ても、据え置きCSの和ゲー自体が以前ほどは信頼されていないように思えます。タイトルが揃ったのは皆分かっているので、あとはで、面白いソフトが「実際に」出たらやるよ、という層を動かすだけの面白さを持つソフトが実際に出るかどうかでしょう。

どちらも今年は決算から積極的に読み解くほどの物も無かった気がします。SCEの決算が良くなることは2013年のE3の時点で確定でしたし(仮にPS4がここまでうまく行かなくても)。

今年と言えば岩田社長が逝去され、このブログでは特に触れませんでした。

その後、色々と生前を論評する記事が出ました。
既に49日も過ぎたので、ちょっとだけ。

クリエイターとしてみた場合、優れたクリエイターではありますが、偉大な、というとやや疑問が残ります。他者と比較して巨大な広告宣伝費と任天堂名義で発売される以上、とんでもない大コケなど、基本的には無い訳で。初心会流通が強かった時代ならばなお更。岩田社長を偉大と言うならば、百花繚乱と言えたFC、SFC(PCE、MDを含む)時代では同じく偉大なクリエイターは山ほどいるはず。ならば、彼らも同じように賞賛した記事があふれているかと言うと・・・。なぜ岩田社長が代表の様に言われるのか?という点に答えられる記事は無かった気がしますね。

社長業としてみた場合は成績で見た場合久夛良木前SCE社長と多少似ていて、事業を成功させて、大きな利益を会社にもたらした一方、大きな損失を出した低迷期もあり、任天堂という会社をイノベーティブ溢れる先進企業と見るか、過去に成功してその後は安定した老舗企業としてみるかで、評価は分かれるでしょう。

個人的には現場責任者としては優秀であったと思うし、彼が社長の時代の任天堂と言う金庫と大看板がバックにあったにせよ、多くのクリエイターがSCEから任天堂へ活動の拠点を移したのも事実。「京都」と隠語で揶揄される、閉鎖的といわれる任天堂の中にあって、折衝力もあり、人柄もよかったのでしょう。会社のリソースを上手く引き出すのも優れていたのは初期のDSで垣間見えます。

一方、企業人としては終生サラリーマン社長の域は出なかったのかなとも思います。この辺は事業家としての野心を隠そうとしなかった久夛良木氏とは明らかに違います。

例えばすれちがい通信やアミーボの様に技術を上手く転換して遊びを演出することは長けていました。これこそが玩具企業として歴史の長い任天堂の美点ではあると思います。一方で、玩具の域を出るような製品を出せていないのもまた事実。その辺がPCメーカーから、デジタルガジェットメーカーへと飛躍したアップル辺りとは違いますね。ネットワーク技術を使って遊びを演出できる発想力を持ちながら、肝心のネットワークプラットフォームは未だに1周遅れなのがその象徴的な話。
ネットワークに未来を見出した訳でなく、遊びを演出する材料にネットワーク技術が必要だったという訳で。この言葉遊びは、言葉遊び以上の重みを持つと個人的には思っています。

アップルやグーグルと言った企業は、成長を実現するためにベンチャーを買収し続け、その技術を製品にまとめていきましたが、岩田社長はその辺も極めて保守的。社員数を増やし続けたように、現状を維持するための必要な設備投資はしたようですが、投資よりも貯金というスタイルは変わることが無かったように見えます。しかし真に優れた経営者は、かなり長い先を見据えた投資をきちんとしています。今の任天堂にはそれが見えない。すでに純粋なグラフィック競争でのゲーム開発-これは岩田社長が就任する前の任天堂は高い水準でしたが-では既に回復不能点と言える所まで技術が衰退しています。これは岩田路線の明らかな副作用です。(その副作用がプラットフォームでの開発の中で、和サードにも広がったことが、日本のCSゲーム業界の今の問題点でもあります)前述したように子供の玩具を作るという任天堂のよさは残っていますが、DS/Wii/3DSと搭載したギミックは全て1世代限りの物となり、継承的な技術の蓄積には失敗した様に見えます。

岩田社長は、良くも悪くも「現在」の任天堂という会社を消費者に上手く表現して、製品として提供することは出来たとおもいます。一方で、「未来」を、後進に何を残したかと言うと、彼がいなければありえないと言うような積極的な遺産は、強いて言えば現金以外何も残せなかったように思えます。岩田社長がいてもいなくても、任天堂という会社を保守的に運用、維持するだけで残せたであろう社内のリソースはまた別です。これが単なる誤解で終わるかはNXや来年以降の脱CSゲームプラットフォーム事業を見れば分かる気がします。そういう意味でも2016-2017年の任天堂は非常に興味深いところです。

そしてここでも、任天堂を安定した老舗企業としてみるか、新しい娯楽を提供するイノベーティブな会社であると見るかで、評価が分かれるでしょう。

PS4
ps41512291C.png
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。