QLOOKアクセス解析
HOME   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移150907

日足35日評価数推移150907

肩肘張らないコメント
そういえば先週IFAだったね。スマフォタブレットはすでにユーザー不在のスペック競争に。一部アプリでしか使えない4k、しかも4k動画なんてまるで普及していないのに、だれが使うの?と。AV機器もプロジェクターぐらいしか気になるものが。4KBDは過去の規格の様に膨大な開発研究費を投じてきた日本勢が正気に返ったので、韓国勢が頑張って売り広げないといけない事態に。パナソニックの有機ELは気になる。

ハイレゾは既に単なるマーケティングタームに。高級機もそうだけど、音で納得させるしかないね。毎年買い換えさせるのは大変。そうでないと商売が回らないなんてことにならないといいね。

オーディオと言えばテクニクスが何をしたいのかさっぱり分からない。高いのはいい。でも最初から高額品だすなら音で出し抜くか、デザインを際立つかしないといけないけど、どっちも無い。テクニクスがブランドと思っているなら自信過剰かな。DJ向けのターンテーブルは別として。

アキュフェーズやラックスが生き残って、それ以外が駄目になった(実際は名物技術者がガレージメーカーを起業したり、移籍して活躍していて、日本のオーディオは面白くなっている。)のは、結局の所製品への考え方じゃないかな。買った物を可能な限り直し続けますよという姿勢。ブランドを作ったのは単に音だけじゃなくて、サポートの良さでしょう。
30万までの製品なら、完了後8年でもいい。100万近い製品出すなら、その辺しっかりしないとね。サポートも当然熟練の人が担当しないと。まずテクニクスがしないといけないのは、細々とでも、やる以上は長く続けますよ、という意思表示。スピーカーの周波数特性にしてもスペックで10db以内の物載せるとか、やる気を感じない。

PS4
ps41509071C.png

vita
vita1509071C.png

スポンサーサイト