QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移1508029

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移1508029

肩肘張らないコメント

みらいさんの任天堂のインディーなんたらの記事。これ見るとPS3時代にSCEは実に会社として大胆なことをしたかが分かる。この前解雇された人もそうだけど、任天堂と言ってもアメリカと本社では全然違うってことね。日本にいると、インディーに限定しているとはいえ、独占云々はおまいうだけど、アメリカではソフト自体の独占云々なんては、過去の遺物。アメリカの常識で言えば、あの発言は当然そうなる。でも本社がそれをささえる仕組みを作らない。アーキテクチャの選択、開発環境の整備といった根っこの所でね。悲鳴とも思える。

でも任天堂は経営陣を日本人で固めた日本の会社。こうなってもおかしくない。会社としては悪夢そのものだったPS3初期に会社の主導権をあっさりSCEA/SCEEと外国主体のWWSに委ねたSCEが日本企業としては大胆すぎた。そして1世代後にどうなったか。これ以上は書く必要が無い。

PS4
ps41508291C.png

vita
vita1508291C.png
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。