QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移150708

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移150708

肩肘張らないコメント。
とりあえず信長とアマガミはDL中。クリアまでやるか分からないけど触るつもり。PS+って個人的には月500円とは思えないほど豪華なんだけど、やっぱり興味ないゲームは触らないところがある。

アマガミは評価数が若干動くゲームだった。決断だったね。続編フラグかもしれない。イメージとしてはアマガミ<フォトカノ<<fateみたいな感じ。flowersなども地味に動いているタイトルで、支持が一定数あるんだろうね。ホワイトアルバム2もフォトカノよりもうちょっと動くイメージだけど、このジャンルのゲームは極端に価格を下げても、やはり比例して動くジャンルじゃないかもね。

DQBに関してはやっぱり本編リメイクか、本編発表してくれというのはある。まだ続きがあると言う噂があるけどね。3Dドットゲームヒーローズはクリアまでやったなあ。なんのひねりも無い可もなく不可もないゲームだった。個人的にPSハードと和ゲーの関連で大事だと思うのはvita/PS3/PS4同発マルチが今進んでいる市場の縮小をどれだけ最小限に抑えることができるかのか、ということ。
和ゲーの規模だとPS4専用に作りこむ程のクオリティはコスト的に厳しいので、個人的には大いにアリ、なんだけど、PS4買ったユーザーがそれを望んでいるかというと、数字を見る限りやや疑問なんだよね。洋ゲーがロングセラー化しているのは、現時点のPS4ユーザーは和ゲー洋ゲーという括りではなく、クオリティ(グラ)で判断しているからだと思うから。
これからPS4が売れていくにつれユーザー層が変わって行くだろうけど、その新規ユーザーも否定的だと、この戦略は通用しなくなる。そうなると規模の維持やハードの選択で厳しくなるかもしれない。これが受け入れられるようだとマルチの開発環境を整備したSCEのプラットホームゲームホルダーとしての努力が報われる形になる。

水曜の評価数はメンテの影響もあるかもしれないけど、月曜日の水準に。火曜はまあ動いた方だったね、やっぱり。シレンと夏色は3週目以降の動きで差がついていて面白い。特にvitaの評価数は伸びと言う意味で最近かなり厳しいので、夏色と比較すれば頑張った方かもしれない。

日足のほうだとPS4の新作二本は厳しい結果に。PS4の場合、評価値の低いゲームは初日から低いというパターンが多いね。

PS4
ps41507081C.png

vita
vita1507081C.png

PS435日完走
ps41507082C.png
vita35日完走
vita1507082C.png
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。