QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移150422

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移150422

肩肘張らないコメント
着弾。メディクリの20位の昨年度比比較で見るとほぼトントンで新作の量考えると悪くない。5-6月を昨年度比でマイナス10%以下で推移できれば7月以降は何とかなるかもしれないね。

今日は評価数の伸びが悪いね。今週は新作結構出るというのはあると思うけど。
ブラッドボーンは中古価格かなり崩れてきたし、そろそろ新品は厳しいかな。

35日日足はBFと零式HDで2-5週目の評価数の伸びが逆転しているのが面白い。評価数倍率があるので、実数を反映したものでないけど、評価数からみた、DL市場では洋ゲーの方が定番化しやすく、コアゲーマ-は洋ゲーに結構流れていそうに見える。和ゲーはこの辺大変な時代。どうやって熱心なファンをつかむかが大事かもしれない。

ps4
ps41504221C.png

vita
vita1504221C.png

PS435日日足
ps41504222C.png

vita35日日足
vita1504222C.png
*****
日経でOBの平井体制批判の記事見たけど、うーん。なにがうーんかというと、OBたちはなぜソニーの凋落を止められなかったか、そして、それに対する自己反省の弁が全く無いからね。ユーザーからすれば今のソニーの製品の方がよっぽどマシ。だって産廃レベルにはもっさりしてないし、UXも最低ラインはキープしているから。これがなっていない製品は一般人にとって論外ということに未だにOBは気付いていないのかな。

もう少しマニアな点で言えば、オーディオ機器とかも、今のソニーの方が音決め随分まともになったと思うよ。ソニービルでスピーカー聞いてきたけど、昔ほど酷くなかった。ちなみに昔のソニーの音は大嫌いだった。
音も、展示スペースできちんとやれば最低限コレぐらいの音にはなる、というラインにはなっていた。(展示スペースではそれ以上は色々あって難しいのは理解できる)。興味が出て調べてみたらウーファーがスキャンスピーク製と聞いて納得。きちんとしたところに外注して、水準に達していない自社製押し込んでなくていいじゃない。ユーザーからすればね。

ソニーの可能性のあったとされる商品群に関して、仮に障害がなかったとして、その時点で一般人が買える値段で、まともな原価で、当時のアップルが実装したレベルのUIとUXを実装した上で商品として出せましたかと?リソース本当にありました?自信を持って力強く断言できますか?とOB達には聞きたい。ユーザーをその点でどれだけ失望させたかを分かってない。OB連が現役だった頃の10年前のソニーの製品は素晴らしかったとかユーザーは多分、思ってないよ。きちんと商品として詰めれれば可能性はあったね、とはいえるかもしれないけど。そして、どうせ無理でしょと多くの人は思ってる。

今回の上方修正もエレキがいかに本社に甘えてきたかを示したものじゃないの?分社化されて次はなく、外資(そうなった時は、おそらく中国、台湾勢の可能性が高い。そうなったらいつ首切りにあってもおかしくない)に叩き売られれば、将来どうなるんだろと思ったからやっと、赤字を自分の物として捉えられる様になったのでは?

平井体制後に出てきたソニーエレキ製品群は以前よりもむしろ良くなっていると思う。確かにパラダイムシフトを起こすような製品は無いかもしれないけど。それが今のソニーエレキの実力なんじゃないかな。本当に船頭変われば、革新的な製品出せる素養なんてあるのかしら?平井社長が就任後、厚木研足しげく通って、スゲーと思ったのがライフスペースUXという状況で。自分達も色々あって、ソニー壊しといて、それは人事じゃあいかんでしょ。先輩たちが出したUIとUXが壊れたソニー製品の悪評の後始末にはまだまだ時間が必要だろう。ユーザーの警戒心がなくならないとね。ブランドの回復はそれからでは?

ソニーのOB連にとってはPS4はヒット商品でないのかな?ソフトウェア技術とハード技術のすりあわせに成功した上で、価格を抑え、オンラインのエコシステムも構築して、一千万台単位売ることの出来て、きちんと利益もともなった、近年の日本のエレクトロニクス商品で見たことの無い製品だと思うけど。
そしてそれが出来たのも平井時代の権限委譲とクタ(日本の半導体産業)の情熱の結晶だった、PS3での現場の血のにじむような苦労とそんなハードを作ってしまったという、身にしみた反省なくしてなしえなかったんだけどねえ。そしてPS4のリードアーキテクトが日本人ではなく、マークサーニーだったという事実もね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。