QLOOKアクセス解析
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  PSN評価数カウント  »  日足35日評価数推移141219

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移141219

肩肘張らないコメント
35日日足の方は年末商戦と思えないくらい静か。

白菜によると、Vita版のガンダムブレイカーは規模を落とさず、頑張っているみたい。喜ばしい。評価数の動きに言及できてよかったかな。それ以外に気になるのは、忍道。これも地味にずっと動いている。何かしらのシリーズ出せば動きそうだけどね。何度か書いてるが、ダントラ2は倍率低いこともあってか、安定して動いてる。ダントラの続編出れば、悪くなさそうに見えるけど。

vita
vita1412191C.png

PS4
ps41421191C.png

ゲームに関係ないし、使用レポートでもないゴミ感想なので、追記で。西田さんの記事。
ソニーモバイルの立て直しと新たな差別化戦略とは?

今回Z3 tablet compact買った理由のひとつに、象徴的な意味合いとして、ソニモバがタブレット事業切るんじゃね?と危惧したってのがあった。
さすがにそれはなかったけど、これはもう必要以上に深入りしない宣言でもある。
Zシリーズが健在ならしばらく続くと思うけど、価格は円安をバックに上がるんだろうね。

吉田氏もそうだけど、今年以降のソニーの経営陣は駄目なもんは駄目とはっきり言う人達。そういう意味でやっと、ソニーは変わりつつある。そして、引っ張ってきたのはSCE出身の川西氏。社内政治的にはSCE閥ガーなんだろうけど、平井時代以前の製品を見ていたらしょうがないかも。

クラウドファンディング使った新規事業立ち上げは、ここまでしないとソニーでは機動力が得られないという証拠でありなんというか。問題は製品の完成度が担保できるか。
ゲームもSCEJAなんかはクラウドファンディング活用しても良いと思うんだ。実際にどれだけカネが集まるかを確認する意味でも。ゲームだと開発のリードタイムが長いから難しいかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。