QLOOKアクセス解析
HOME   »  2016年01月
Archive | 2016年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移160130

肩肘張らないコメント
DQBの評価数が順調に伸びていて、初日の3倍はほぼ確実。品薄の影響もあるかもしれない。

今グリーンチャンネルで新競馬ワンダラー3という旅番組やっている。個人的にこのシリーズは非常に好きでいつも見ているのだけど、今回のアシスタントは麻生夏子さん。
うん?聞いたことのあるような、と思ってググって見たらバカテスのアニソン歌っていた人なのね。正直この番組のアシスタントは知らない人しか出てこないから、名前を覚えていた人が出てきたのは驚きだった。

グリーンチャンネルは無料枠もあって、その無料枠で旧作の競馬ワンダラー5シリーズはエンドレスで放映されているので、興味のある方はグリーンチャンネル加入しなくても見れます。衛星放送ならではの地味な旅番組は個人的に好み。最近は太田和彦さんの酒紀行番組も結構見てる。

PS4
ps41601301C.png
スポンサーサイト

日足35日評価数推移160129

肩肘張らないコメント
DQBが品薄らしいけど、評価数は控え目なスタート。ただし二日目で初日の2倍越えなので、勢いはいいね。評価値も5.00。控え目と言ってもDQの派生作品なので、それなりには動いているはず。つまり、DL購入数が一定数いる中での5.00だから、買った人の評判もいいのかもしれない。

PS4
ps41601291C.png

日足35日評価数推移160128

肩肘張らないコメント
今日はソニーの決算。
このブログでもこれからの懸念(注目)はイメージセンサー。大丈夫なの?と何度か書いてきたけど、懸念通り大幅な下方修正に。スマートフォン界隈少しでも見ていればど素人でも想像付いたことなだけに、まだまだソニーの事業部毎の見通しは甘いのかな、と。そういう意味で分社化は意味があるんだろうね。親方日の丸意識が相当ありそうで。病み上がりのソニーとしては莫大といっていい設備投資の見直しに即座に入ったのは新体制ならではかな、と。以前ならすぐには動かなかったからね。
電池事業はもう何度目か分からない減損。手放さないところを見ると、将来性があるとみているんだろうけど・・・。

ゲームに関しては好調なのはもはや言うまでもない話で、PSN関連の開発拠点はすでにアメリカで、ゲーム以外のオンラインサービスに伸ばしたい、そんな所。

あとfeteのモバイルゲームが決算に触れられるほどの大人気とか。アニプレックスの管轄らしいけど、これはなるほどと。ソニーグループ内でSIEとは違う部署で企画運営できるならば、会社全体としてはリスクヘッジにはなるなと。

エレキも分社化して、これで駄目ならも会社後と売り払うよ、となったとたんに収益が回復。まあ別会社にしたので、全体の給料水準相当下がったのかもしれないけど。デジカメの部署でかなりの販売台数減にも関わらず、利益額はかなり高いのも注目。

PS4
ps41601281C.png

PS435日完走
ps41601282C.png

日足35日評価数推移160127

肩肘張らないコメント
週間ランキングアップしました
無料ソフトWorld of Tanksの評価数増で先週比プラスの物の、それを除くと大幅減。
無料アプリの下落が大きく、PS+割引キャンペーンソフトの評価数増も下火に。
週間評価数増0のソフトは増加。
一方、無料ソフトや定番ソフトの一部は、年末商戦完全終了の中で頑張っているものも多く、市場自体は冷え込んでいなさそう。
新作World of Tanksはこの評価数で評価値4.75は無料ソフトとしてはかなりの高水準。
龍新作とバイオは振るわない評価数の中でも評価値4.75なので、裾野が広い可能性があり(注、龍はその通りで、バイオは中身が多少の可能性?)
オーディンスフィアは2週目評価値も5.00を維持。ただし評価数の伸びはやや弱め

PS4
ps41601271C.png

PS435日完走
ps41601272C.png

PS4評価数ランキング先週比増順160124

ps4160124HYC.png

PS4評価値順ランキング160124

ps4160124RC.png

日足35日評価数推移160126

肩肘張らないコメント
月曜日に、PS4を買って違いを感じたい云々と書いた矢先、龍とアイマスの続報がきてしっかり違いが出ていたね。低画質小画面であれだから普通にゲームしたらもっと良さそう。あとはvitaの様にPSPのシュリンク分がグロスでマイナスにならないようにPS4が伸びていけるかですね。

東洋経済がまたソニーの特集。例のパターンですよ。エレキエレキ(苦笑)ゲハのテタイテタイと変わらんwE3にも参加しているのに、VGチャートによると、という信じられないような記事書いたライターの原稿ノーチェックで通した経済誌らしいので。
ゲームと半導体で儲けたらそんなにいかんのですかね。金融はもうずっと前からそうだし。やっと止血が終わった。さあこれからって連呼している吉田CFOの決算ライブ見てないんですかね。止血が終わった段階だから、当然熱狂ないでしょうよ。

PS4
ps41601261C.png

PS435日感想
ps41601262C.png



日足35日評価数推移160125

肩肘張らないコメント
SCEがSIEになるそうで。なぜゲームではなくコンピューターなのか。SCEという名称はクタのコンピューティングで新しいことをやってあっと驚かすという思想がにじみ出ていた。実際PS3の発表直後もこれはゲーム機でなくコンピューターを連呼していた。半分は本気だっただろう。PS3以後の半導体シュリンクの鈍化とCPUの発熱問題もあって、チップの性能向上は緩やかなものとなり一つチップやハードが大きく道を切り開く時代はひとまず終焉した。

SCEからSIEの社名変更はPS4でのPS+有料会員の飛躍的な増加という収益構造に大きな転換点となりつつある状況も相まって、クタ引退後も社名に残った精神的遺産が整理された、そんな気がするね。もう社内ではPS4の後継機に関する検討が本格化しているだろうから、その中での社名変更は興味深いね。PS5は専用コンソールでない、とかそういう事ではなくて。

ネットワークではなくインタラクティブ。この言い回しも興味深い。

SIEの趣旨については近く開催されるだろう吉田CFOの決算ライブでも触れられるかもしれないので、そちらも楽しみですね。

PS4
ps41601251C.png

PS435日完走
ps41601252C.png

日足35日評価数推移160124

肩肘張らないコメント
週間カウント終了しました。ランキングは火曜日移行の予定です。今週は評価数はさすがに辛かったかな。

西田さんのツイートが話題になっていたね。
西田さんはもっと深く考察されているだろうけど、本音を書きすぎたら、身も蓋もないだろうからね。必要以上に機嫌損ねて取材拒否されたら面倒だろうし。オブラートで包んだのでしょう。その辺が職業ライターの限界の様に見えますね。SCE本とかもそうだったけど。

ここからは個人の感想。日本のCSゲーム業界の流れは戦前の日本軍の成功と失敗の歴史と極めて類似していると思う。太平洋戦争の雑学本読んだ方は多分同じ感想を持つんじゃないかな。

ゲームを作るというシステムが欧米標準のメインストリームに適合できなかった。任天堂はそれとは違うゲームのルールを作ろうとして、DS/Wiiではうまく言ったけど、所詮はギミックに過ぎず技術の蓄積を生かせず、継続性を失い、欧米のシステムに呑み込まれた(ただし子供/ファミリー向けだけは別)
硬直した組織が適合するチャンスを逃して、さらにその組織のトップに志も商売人としての魂も無かった。昔はあったかもしれないけど。その癖政治的な駆け引きは大好きというね。末端でさえ少なからぬ業界人がゲハに興じたりね(苦笑)ゲハに毒された中小下請け企業の社長とか笑えませんよ。

こんなところですね。セカイセカイなんてのはその中に現れた単なる一現象に過ぎない。もう何度か断片的に書いているので、このブログに付き合っている方ならまたか、の話でしょう。あってるかはしらないけど。

ソーシャル云々については、あの課金システムに依存した収益構造が継続するならば、今までのノウハウは無意味なものにはならないだろうし、そうなくなったら、DS/Wiiと同じく単なる1時代の現象となるでしょうね。人間の欲という本能に直接訴える物だから、しぶといとは思うよ。

マクロで見れば、CSゲーム業界に限れば、PS3世代はまさに失われた7年となったわけだけど、個人的に気になっているのは、その間に和ゲーに対する信頼が大幅に損なわれている、ということだね。もちろん凄く期待できるタイトルなら和ゲーには地の利があるしきちんと動く。でもマンネリ状態になっているブランドとかはかなり冷めた目で見られていて、現時点でのPS4ユーザーの関心は洋ゲーのAAA級タイトルにいっている。やっぱり本音では、それなりの金払って、大衆娯楽品としてはもはや安いとはいえないPS4買ったのだから、それに見合った進化を感じたいというのが根底にあるんだと思うよ。

和ゲーに強い期待を持って、これから新しくPS4を買うユーザーがどれくらい出てくるかですね。何度も書いてるけどラインナップ自体でこれで駄目ならもうしょうがない、といえるくらい揃ったので。その中から誰もが認める傑作が何本でるかが勝負です。それは俺には分かりません。

PS4
ps41601241C.png



日足35日評価数推移160123

肩肘張らないコメント
今週は龍とバイオの発売日、評価数は少なめだけどどちらも評価値が初日4.75スタート。もちろんクオリティの問題かもしれないけど、5.00よりは4.75の方が評価数倍率は上がりやすい傾向はある。それ考えると初週評価値5.00かつあの評価数であの本数売れたMGS5は本当に半端なかったね。

PS4
ps41601239C.png

日足35日評価数推移160122

肩肘はらないコメント
週間ランキングアップしました。

非常に強い週。新作の影響もあるが、評価値増。
PS+4割引セールの余韻が残っていることもあり、週間評価数増0のソフトの大幅に減少。
無料ソフトやアプリが非常に強い。1月3週でピークの反動減が出てもおかしくない中で微減が多い。
定番作も概ねで堅調。
新作はダライアスバーストの評価数がかなり多い。オーディンスフィアもこの評価数で初週評価値5.00はさすがだが、それだけにファン中心の動きかも。

PS4
ps41601223C.png

PS435日完走
ps41601224C.png

PS4評価数ランキング先週比増順160117

ps414160117HYC.png

PS4評価値順ランキング160117

PS4160117RC.png

日足35日評価数推移160120

肩肘張らないコメント
週間ランキングは金曜日分か土曜日分でやります。最近遅れがちですいません。

いよいよ今週から、怒涛の発売ラッシュの始まりだね。正直なぜ12月をここまで嫌がるのか、個人的には良く分からない。1-2月でユーザーの取捨選択で戦うよりはマシだと思うのだけど。統計的な根拠がありそう。

World of Tanksのバージョン違いが4つ・・・。数えるのが面倒くさいくらいならばいいけど、ストアの閲覧性が下がるのはどうかと思うのだけど。torneチームがUIつくりの主導権をにぎっているならば、こんな事多分しないように思うけど。もう何度も書いてるね。読んでいる皆さん愚痴書いてすいません。

35日感想はイグジストアーカイヴとフォールアウトに注目。和ゲーはこの初動傾向なんとかしたいよね・・・。

PS4
ps41601212C.png

PS435日完走
ps41601213C.png



日足35日評価数推移160119

肩肘張らないコメント
今週のファミ通着弾見ていて、新作のオーディンスフィアを除いたPS4ランクインゲームの全てが洋ゲーなのを見ると、PS4のユーザー層の嗜好はPS3時代とは明らかに異質だよなあと。レインボーシックスシージの評価数とかも凄い安定してたしね。PS4版だけで、ファールアウトとSWが20万本間近、CODが30万本間近と、市場は育っているけど、和ゲーが主役をはらせてもらえないという。でも和ゲーもPS3時代に政治的な側面も含めて迷走してのを見るとねえ、と言うのもある。IPによってはユーザーに砂かけて悦に入っていたような信じられないものまであったし。

和ゲーにとってはPS4の普及台数以外にも、ユーザーに第一選択してもらう為に頑張らないといけないね。去年から言っているけど、とりあえず和ゲーだから、と言う理由ではもうユーザーは簡単に動いてくれない時代です。

PS4
PS41601201C.png

日足35日評価数推移160118

肩肘張らないコメント
ここ3週間は新作が少なくてカウントする方も一息ついたけど、そろそろ休暇も終わり。いいことだ。新戦ヴァルのシステムは触ってみたいね。vitaを子供にもという話はマインクラフトで一定の手ごたえを掴んだからだと思うけど、任天堂の金城湯池だからね。あと子供向けならば定価4980円以下のソフトをもっと揃えないとね。価格も含めて違うカテゴリーを作るくらいの気持ちでサードと一緒にやっていかないと厳しいと思うよ。

PS4
PS41601181C.png


日足35日評価数推移160117

肩肘張らないコメント
週間カウント終了しました。ランキングは水曜日移行の予定です。
雪はやっぱり色々と。年々雪に対する耐久力落ちている気がするけど気のせい?

今週の評価数は強かったね。確かに、PS+4割引セール他各種セール終了の翌週で評価値は伸びやすいけど、1月も3週目だから、それ以外の評価数はもっと落ちても仕方が無いところなんだけど、無料ソフトや定番ソフトが強い。先週ハードが売れているかは微妙だけど、少なくても年末年始に売れたハードの稼働率は落ちていなさそうに見えますね。

PS4
ps41601172C.png


日足35日評価数推移160116

肩肘張らないコメント
正月にやっていたグリーンチャンネルの競馬場の達人1年分まとめて放送をやっと全部見た。個人的にこの番組はその日の収支よりも大事な、競馬についての考え方や、ギャンブルに勝つために欠かせない人間としての器の大きさが結構見えるのが面白い。
20数人見たけど、安定していい勝負になりそうなのは二人、ですかね。

一人はいくのひろしさん。少なくても競馬をかなり研究したのは最初の数分で分かる。源流も垣間見える。競馬を研究していると、どの辺りの影響を受けているのかはなんとなくわかる。研究が身になっていれば勝てる可能性は低くないと思う。

もうひとりはラジオ日経の山本アナ。この人は二ヶ月負け続けても、決められたフォームで穴馬を狙い続ける。これが大事。1R約5000円投じて、14Rくらいやるので、全滅すると1日、7万円の負け。16日連続の負けならば102万円。それで買い続けるのはまさに耐えて勝つの言葉にふさわしい。そして、研究が一定の水準に達すれば、この手法は限りなく勝ちやすい。でも多くの人は挫折する。だからこそ不滅の戦法だったりする。穴狙いで必要な一番必要な人間としての器量をこの人はもっている。競馬場の達人の名称にふさわしい。

個人的にうーんと思ったのは経済評論家の小幡さん。本命の方が美味しいという論文書いたそうだけど、それ、胴元の控除25%分を入れなければ、じゃないかな。本命ならば80%よりは美味しいだろうけどw90%までは簡単。でもそこからはかなりの努力は必要だし、100%超えたら、資金力によるけど、働くのが馬鹿らしいレベルになってもおかしくない。
大金を一気にドンは試行回数を減らすという意味で悪くない。でもこの人は遊びのレースを含めても打率が低すぎる。あの打率では単勝は無謀かと。

ヤクルトの川崎投手。理論化で競馬以外もさすがはプロの大選手だったことを随所に見せる。戦法はなつかしのコンピ。残念ながらあれじゃあまだ出目レベル。出目じゃないコンピの使い方というはある(レースの構造で場合分けするのには一定の意味がある。オッズでも全く同じことできるけど)

山本アナは感銘を受けましたね。この人は仕事も間違いなく出来るでしょう。ラジオ日経さん出世させてみては如何でしょうw

PS4
ps41601171C.png

日足35日評価数推移160115

肩肘張らないコメント
日本のCSゲーム市場減少のニュースが出てたね。このブログでは、2014年の11月から、速報だともうちょっと前に言い始めていて、結構風当たりが冷たかったけど、数字は正直かな。

今年は任天堂市場の方がより影響を受けているけど、PS市場もPSPの巻き取り失敗分がそれなりにあるので。対前年比で言えばPSPの影響がほぼ消える来年度はWiiUと同じく期待できるのでは?(WiiUの対前年比が好調なのはWiiのシュリンク分の影響がなくなったこともある)

PS市場では洋ゲーのシェアがかなり伸びていそうなので、和ゲーはダブルパンチになっていてもおかしくない。

もう何度か書いているけど、日本のコアゲーマー向け市場で大事になるであろうPS4が一刻も早く国内普及台数500万台に到達して欲しい。今の普及台数考えるとハードル上げだ!という人もいるかもしれないけど、偽らざる気持ちですね。

これはざっくり計算でハード所有者の20%が動けば100万本、10%動けば50万本、2%が動けば10万本となるから。コアな人たちと言うのは大体1-3%前後になることが多い。ゲーマーの嗜好の濃さが正規分布しているかというと感覚的に怪しい(正規分布ならば偏差値30か70近辺相当)けど、正規分布に限らず、分布で見るとこういう1-3%は大事なことが多い。
つまり500万台売れればコアなゲーマーがなびけば10万本が狙いやすい市場と言える。コアなゲーマーだけでこの潜在需要があることは重要な意味がある。

もちろんハードは年数が経過するほどに稼働率が低くなるので、単純計算は出来ないけど、PS4は発売してまだ日が浅いので、本来動きやすい時期だろうしね。

任天堂の話は?内心任天堂好きなデータ収集サイトは他にあるでしょうから、誰かが調べるのではないでしょうか。

PS4
ps41601151C.png

日足35日評価数推移160114

肩肘張らないコメント
大変遅れましたが週間ランキングアップしました

先週比で評価数増。討鬼伝のPS+効果や多数のソフトが値下げセールを行ったのが主要因。
値下げセールは幅広く評価数が入っており裾野の広さを感じる。風の旅ビトなど定番作はやはり強くまとまった評価数増。
定番作は若干減のソフトが多く、無料ソフトやアプリは勢いが衰えていない。年末商戦の余韻が残る。
週間評価数増0のソフトは若干減。値下げセールの恩恵を考えると、やや増加気味か。
FF7が評価値5.00から陥落。小評価数のソフトを除けば5.00はDAZEだけに。

PS4
ps41601141C.png


PS4評価数ランキング先週比増順160110

ps4160110HYC.png

PS4評価値順ランキング160110

ps4160110RC.png

日足35日評価数推移160113

肩肘張らないコメント
週間ランキングは明日(1/15夜-1/16AM1:00あたり)になります。

産経に残念な記者が残念な記事を書いたとか。つい20年前までが、これがソースの第一選択とか信じられん。というか雑誌媒体とTVニュースと井戸端会議以外これしかなかった・・・。今なら素人ですら、ネットに落ちていれば一次ソース読める訳で。まあ、これからMHはいる層は無料ゲーム以下かつ15年前のグラのお好み焼きが原点になるので、共通話題のコミュニケーションツールとしての物心付いたときに維持できるかですね。コミュニケーションツールで無くなればつるべ落としとなるだろうし、維持できればお好み焼きでも数はでるでしょう。MHにゲハ側面以外で感想あれば違う感想になるけど、まあ世代が違いますから。

ただ、一般人にとってはコミュニケーションツールとして機能しているならば、グラなんてお好み焼きでもよかったという事実は、ゲーマーには耳が痛い話だけど、事実として受け入れるしかないと思います。未来永劫そうなのかの保証付きかまでは分からない。

PS4
ps41601131C.png

PS435日完走
ps41601133C.png



日足35日評価数推移160112

肩肘張らないコメント
DQイベントは久しぶりのズコープラモでした。
でもDQH2の発売日がゲーム過密地帯を外してくれたのは助かった。RPG的にシステムをつめればもっと良くなるのは1で感じたので、どこまでコーエーが頑張れるだね。

35日完走組はぽっちゃりプリンセスは値段を考えるとしょっぱい結果に。

PS4
ps41601131C.png

PS435日完走
ps41601132C.png

日足35日評価数推移160111

肩肘張らないコメント
ちょっとドタバタしていてコメントがおざなりになっています。
DQイベントもあるようなので、今週は色々ありそうです。

35日完走ソフトではウイイレ無料ソフトが5週目にもピークがあるのが、年末年始パワー。

PS4
ps41601113C.png

PS435日完走
ps41601112C.png

日足35日評価数推移160110

肩肘張らないコメント
週間カウント終了しました。ランキングは水曜日以降になります。

今日の35日完走はFF7がある。値下げキャンペーンがあったので山ができているのはしょうがないね。今週は値下げキャンペーンのソフトが多数だったので、評価数の動きが多かった。キャンペーンに反応があるということは、周知はけっこううまくいっているかもね。あれだけの数だけに。ソフトを提供する開発会社にとってはいいことだと思う。

PS4
ps41601101C.png

PS435日完走
ps41601102C.png

日足35日評価数推移160108

肩肘張らないコメント
1/9(土)分の35日日足は1/11(月)以降掲載となります。

その1/9分でFF7の35日日足の計測は終了、やっとこれで、WEB版ストア1P分になる。2週間で新作1本でこれなので、やっぱり年末商戦は量が多い。この時期になると年末商戦の終わりを実感できる。といっても1月からPS4のソフト発売が立て込んでいるので、今年は休めそうに無い。今年は冗談抜きで勝負の年なので、勇気を出して立ち上がったソフト達が諸々の目標に合わせた生存圏を獲得できることを祈っています。さすがに全てはとても買えそうに無いので。

PS4
ps41601081C.png

日足35日評価数推移160107

肩肘張らないコメント
今年もCES開幕。PSVR発表かと言っている人いるけど、CESでは発表しないでしょう。
ソニーのハイレゾ対応アナログプレイヤーに突っ込み見たけど、それだけハイレゾ、というマーケティングタームととにかくデータをデジタルに変換したい、という流れがあるのだろう。パナソニックはテクニクス名義でアナログプレイヤー出していたけどSL1200時代の5倍くらい?と、もうこだわりの製品が割安に、と言う時代は完全に終わっていますね。ピュアオーディオでは高くないけど、SL1200シリーズにブランド買いする力があるかというと、疑問。

AV機器はすでに日本勢が必要以上に投資はしなくなった上に開発した技術は一般人にはでもお高いでしょ?という価格で展開するので盛り上がらないのはしょうがない所かも。
気前よく技術の底上げをして、気前よく技術者を引き抜かせてもらえる会社が無くなった途端、ソフトウェア機能以外のCS用電子機器の進化が遅くなったと思っているのは自分だけでしょうかね。半導体のシュリンクが停滞しているのもあるけど。

日本勢も部門として生き残れば、なのはともあれ開発してくれるのだから、AV機器の高価格化が悪いともいえない。厳しいこと書いているけど、液晶TVでは新技術の発表もあり、現行の画質に満足している訳ではないので、とりあえずこれ買えばしばらく大丈夫じゃね?と思うような製品が出ることを期待します。今もあるけどHD対応PVMは14インチだけど、見た瞬間そう思うくらいのインパクトがあったので。

次世代BDもすでに2年くらい停滞した果てに、ボチボチ動き始める形だけど、次世代ゲーム機で対応されるまではこれもマニア向けになりそう。

PS4
ps41601071C.png

PS435日完走
ps41601072C.png


日足35日評価数推移160106

肩肘張らないコメント
Oculus Riftのお値段が599ドルとのこと。これだけならまだしも、ある程度のゲーミングPCも、となるので完全な嗜好者向けのハードですね。仮にPC向けでハードスペックを高く使ったゲームを作った場合余りにもユーザー層が狭すぎておそらく商売にならないので、多くはPSVRとのマルチになりそう。

うさぎ小屋と揶揄される狭い日本でCS向けでVRを売るとなると、VRつけていてぶつけた、壊したというクレームがある程度発生するだろうから、サポートや法務がしっかりしている所以外はハード販売に手をあげそうに無い気がする。手離れが悪い商品は代理店もよほど利益がない好まないし、量販は大嫌いというのが大前提。

結局主にVR用途以外の汎用部品(しかも既に大量生産品が多数でなので、今後のコストダウンは?)の寄せ集めなので、数が出ない場合で積み上げ式の原価計算だと高くなるのでしょうね。しかも開発者はコストを考えずにリクエストして、それに応える形でスペックを積み上げたから、マーケティング的には渋い商品となり、それなら利益をとって安全運転で行こうと。すくなくてもVRを一般化する為に体を張った金主はいなかったと。金主を説得できる人間も開発者やマーケティングにいなかったのだろうと。

問題はスペックの積み上げが本当に最低限の必要なラインでこれしかなかったのか、それとも開発者(マニア)の過剰気味な「好み」だったのかが気になる所。この辺は分かりませんね。

そのPS4+PSVRでもおそらくセットならばCSゲーム機器としてはPCE+CDROM2以来の高額商品になってもおかしくない気配なだけに単にスゲー、でも1時間で飽きるでは厳しそう。スゲーの次にゲームとしてスゲーが続くかが大事になりそう。

PS4
ps41601061C.png

PS435日完走
ps41601062C.png

日足35日評価数推移160105

肩肘張らないコメント
週間ランキングアップしました

PS4で特に顕著な「社会人の大型連休は評価数が伸びやすい」が感じられる週に
全体の評価数も新作ゼロだが先週比で増加
週間評価数増0のソフトも若干減少
ただし、評価数が伸びているタイトルは定番および無料タイトルにやや寄り気味で幅広く伸びている印象は昨年よりも薄い。タイトル数も増えており選別が始まっているかも。
年末発売タイトルの評価数は洋ゲーが特に堅調。和ゲーは低価格タイトル以外、初動型からなかなか抜け出せない。
FF7、DAZEがまとまった評価数で評価値5.00のソフトの座を維持。MGS5のあの評価数で5.00はやはり凄い。

PS4
ps41601051C.png

PS435日完走
ps41601052C.png



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。