QLOOKアクセス解析
HOME   »  2015年09月
Archive | 2015年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS4評価値順ランキング150913

ps4150913RC.png

日足35日評価数推移150912

肩肘張らないコメント
最近体調がよくなく、明らかに力不足ですいません。

来週はいよいよTGS。一応15日のSCEカンファは生で見れる手立てはした。今年に関しては去年と違って、既にPS4では特に大作で充分なタイトルが発表されている。今SCEJAがしなければいけないことはDQ11とFF15発売までに日本でのPS4を1台でも多く普及されること。すでにSCEJAしか関心の無く大半がPS3/PS4の縦マルチになったvitaのテコ入れよりは現実的な課題だろう。

といっても実際の施策となると簡単じゃない。それをカンファでプレゼンできるかが大事かと。SCEJAがSCEグループの中でどれだけ予算引っ張ってこれるか、という一面もある。個人的にはソフトのリリース面が主体でも充分頑張っていて、上記の話は期待しすぎと斜に構えているけど、どうでしょうか。

今日本のPS4に必要なのは、物量大作作品以外の和ゲーも数が見込める市場が作れるかどうか、その為には今までは異なるユーザー層に売っていかないと思う。もちろん任天堂ハードを買う一般人を取り込め、なんてことではないです。ここから1年の日本市場のPS4の行方は中期のCSゲーム市場に大きな影響を与えそうな気がする。一部のメーカーの危機感とその行動が実って欲しい。

PS4
ps41509121C.png

vita
vita1509121C.png

日足35日評価数推移150911

肩肘張らないコメント
NPDの8月分発表。XB1については北米以外は完敗なので、次世代に向けて顧客層をどう囲うかという状態。一方の任天堂は日本と違って、次世代では子供&低価格ゲーム機という市場で商売ができる規模を囲えるかという戦い。PS3/XB360世代は欧米圏からすれば、自分達のルールを確立した輝かしい瞬間だった。それを前にしては、ゲームの本質とはなんていう禅問答した所で意味がないし、彼らのルールで戦うだけの能力を任天堂は持っていない。戦うならそれとは異なる自分達の都合のいいルールを創出するしかない。それは次世代でも変わらないだろう。日本では一定の歯止めをかけられた状態。世界ではどうだろうね。今年のQ3の世界市場は気になる所。

PS4
ps41509111C.png

vita
vita1509111C.png




日足35日評価数推移150910

肩肘張らないコメント
世間的には8月が夏休みだけど、このブログは今が短い夏休み。着弾記事で6-7月は売上ガーって言っていたけど、カウントするソフトは多かった。特に今年は7月が多かったね。その影響で8月はカウントが多くて、新作の少なさが相殺されていた。去年は8月最終週が多かったので、いまがちょうど忙しかった。
数える方としてはホッと一息という感じ。でもそれも来週のTGSと月末のソフトラッシュ(延期で大分減ったけど)ガラリと変わるのだろう。

ps4
ps41509101C.png

vita
vita1509101C.png

日足35日評価数推移150909

肩肘張らないコメント
着弾記事をアップしました。

今年はTGS前までにメディアで新作発表の少なかった年に。バレはいくつかあったけど、インゲームのスクショ見てみないと分からないからね。相次ぐ発売延期で11月が激戦となったけど、12月-1月が控えていあることを考えると9月集中よりは数字いいんじゃないかな。3-6-12月は分かるけど9月集中は暦としてはメーカーの都合だからね。いい発売日を見つけて一本でも売れて欲しい。

PS4
ps41509091C.png

vita
vita1509091C.png

vita35日完走
vita1509092C.png

PS435日完走
ps41509093C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150906

PS据え置き機(+37.8万本)が今年度9度目、任天堂据え置き機(+1.37万本)が今年度12回目、任天堂携帯機機(+7.82万本)が今年度11回目の対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 -33404本
PS携帯機 -39350本

任天堂据え置き機 +13706本
任天堂携帯機 +129359本

XBOX -5419本


今週PSユーザー待望の一作であり、営業的にも纏まった本数が見込めるMGS5が発売となり、
PS据え置き機が大幅なプラスとなった。年度全体ではわずかにマイナスだが、この程度なら少なくても漸増はしているだろうDL市場を考えれば、プラスといってもいいだろう。少なくても来年2月までのPS据え置き機は昨年度に大作が少なく、対前年比のハードルは比較的軽い状況が続く、その中でプラスを押し上げていけるか、シーソゲームを繰り返すかが一つの注目点となる。

一方のPS携帯機市場は厳しい。TGSのラインアップによってはPS携帯機機のマイナスをどれだけPS据え置き機で補填できるか、という方向の話になりかねない。注目作の多くは縦マルチなので、その傾向は基本的に弱くなることはないだろう。

一方対前年比で力強いのは任天堂だ。スプラトゥーンがある据え置き機はもはやいうまでもないが、携帯機もDQ8の2週目を差し引いてもプラスだ。ただし、年度末までのラインナップが今のままだと対昨年度で弱い。昨年度に対してついていけるかが今後の注目点となる。PS据え置き機の対昨年度マイナスは先週のランナップが弱かったのである程度は仕方ないだろう。

昨年度XB1が発売となったXBは計測誤差の市場においても77%減。日本市場において影響力は絶無だ。

ロングテールは全地点でマイナスだが今週先週と対昨年度で新作が多いので仕方がないだろう。XB1ローンチの中で12位は健闘しているといっていい。今年度の本数ピークは11月に移りつつあるので、それまでの間、12位以外のロングテールは厳しそうだ。
50位の2年前比較を見れば分かるが、対昨年度では変動幅が大きい物の、対2年前で見ると、変動幅はそれほどでもない。それだけ2014年度が破滅的な落ち込みであったことが良く分かる。実際、2年前の比較だと半減から4割減で安定している。

来週はマリオメーカーが出る任天堂据え置き機はプラス確定。どれだけプラスを拡大できるかだろう。一方任天堂携帯機はアイルー村DXが発売になるものの、昨年度スマブラ発売で大幅は確定的。アイルー村がAAA級IPの周辺ソフトとしての成績を残せれば、年度全体のマイナスは回避できるか、という所。
PS携帯機は引き続きタイトルが弱くマイナスの可能性が高い。本来ならばMGS52週目でプラスが狙えるPS据え置き機も、MGS5が品薄傾向な上にデスティニー発売など、昨年度が強く大幅なマイナスになる可能性が高い。

d1509061C.png

d1509062C.png

d1509063C.png


d1509064C.png

日足35日評価数推移150908

肩肘張らないコメント
週間ランキングアップしました。

PS4
MGS5は評価数2000越えで評価値5.00を達成。この記録は今後破られるかどうか。
ドグマオンラインが爆発。先週比で2倍。スタートダッシュは大成功。あとは先に繋がるか。
ネットフリックスは控え目な評価数。認知度はまだ低いかも。
全体としては無料ソフトを含めて先週比でマイナスが多い。MGS5での牽引効果はあまり伺えない。一方で無料アプリ系は伸びている。MGS5の売上が集中しているかもしれない。
週間評価数増0のソフトはほぼ同等。全てのソフトが満遍なく落としている訳でもなさそう。

vita
無料アプリ系や一部の無料ソフトは大きく減らしていないが、全体としてはっきり弱い。マインクラフトもマイナス。週間評価数増0のソフトも増加。
十三支演義 偃月三国伝1・2の評価値が初週4.91から2週目5.00へ。2週目でプラスになるソフトは多いが評価値が5.00になるのは珍しいかも。評価数は19。

PS4
ps41509081C.png

vita
vita1509081C.png

PS435日完走
ps41509082C.png

vita35日完走
vita1509082C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150906

vita150906HYC.png

VITA評価値順ランキング150906

vita150906RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150906

PS4150906HYC.png

PS4評価値順ランキング150906

ps4150906RC.png

日足35日評価数推移150907

肩肘張らないコメント
そういえば先週IFAだったね。スマフォタブレットはすでにユーザー不在のスペック競争に。一部アプリでしか使えない4k、しかも4k動画なんてまるで普及していないのに、だれが使うの?と。AV機器もプロジェクターぐらいしか気になるものが。4KBDは過去の規格の様に膨大な開発研究費を投じてきた日本勢が正気に返ったので、韓国勢が頑張って売り広げないといけない事態に。パナソニックの有機ELは気になる。

ハイレゾは既に単なるマーケティングタームに。高級機もそうだけど、音で納得させるしかないね。毎年買い換えさせるのは大変。そうでないと商売が回らないなんてことにならないといいね。

オーディオと言えばテクニクスが何をしたいのかさっぱり分からない。高いのはいい。でも最初から高額品だすなら音で出し抜くか、デザインを際立つかしないといけないけど、どっちも無い。テクニクスがブランドと思っているなら自信過剰かな。DJ向けのターンテーブルは別として。

アキュフェーズやラックスが生き残って、それ以外が駄目になった(実際は名物技術者がガレージメーカーを起業したり、移籍して活躍していて、日本のオーディオは面白くなっている。)のは、結局の所製品への考え方じゃないかな。買った物を可能な限り直し続けますよという姿勢。ブランドを作ったのは単に音だけじゃなくて、サポートの良さでしょう。
30万までの製品なら、完了後8年でもいい。100万近い製品出すなら、その辺しっかりしないとね。サポートも当然熟練の人が担当しないと。まずテクニクスがしないといけないのは、細々とでも、やる以上は長く続けますよ、という意思表示。スピーカーの周波数特性にしてもスペックで10db以内の物載せるとか、やる気を感じない。

PS4
ps41509071C.png

vita
vita1509071C.png

日足35日評価数推移150906

肩肘張らないコメント
週間カウント終了。週間ランキングは明日か明後日やります。
今週は評価数をカウントするブログとしては見過ごせない快挙を。

まずMGS5。初週評価数2220は多いけど、DQHやブラッドボーンを下回った。
でも評価値は5.00。これぐらいの評価数になれば熱心なファン以外も当然買っているので、評価値は低めでも当然。4.75で充分高い。そこを5.00というのは快挙と言っていい。今後2000越えの評価数で5.00がでるかどうか。これはユーザーの小島監督への賞賛だ。

もう一つ。ドラゴンズドグマオンライン。すでにDL数同時接続数が盛り上がっているのは既報の通り。では評価数はどうか。これも凄いことになっている。4週目としては見たこともない水準だったので、一覧表を作ってみた。

ps41509063C.png


ローンチ効果が残るナックや、PSパスポートで絶賛移行中のBF4を大きく超えた数字。これもこれを越える数字が今後出るか、というレベル。ここまで人が集まれば数の原理が働く。ドグマオンラインを金の卵を産む鵞鳥にできるかは、今後のカプコンの頑張り次第だ。

PS4
ps41509061C.png


vita
vita1509061C.png

追記
ドグマオンラインはストア登場後、4週目だったので付表を訂正しました。

日足35日評価数推移150905

肩肘張らないコメント
GT売上云々の話。まあポリフォ公式ページにGT6の数字を載せないということは察してください、という面は多分にあるでしょう。GT5の時は売上が伸びるたびにこまめに直していたからね。個人ブログでもないのにVGソースで記事を書く人の気は知れないwまだいるんだね。

GT6についてはコースメーカーは?もうこれだけ。そういえばオンラインのシーズンイベントの更新頻度も落としたので、稼働率も減ってそう。GT7がどうなるかは山内氏次第。彼が再びアポロ計画並みのボリュームと言い始めたら、いつまで経っても出ないだろう。SCEがどれだけストッパーになれるかだね。GT6発売直後、PS4でGT?すぐ出しますよ。と返していた山内氏の言動を見ると抑えるのに失敗したっぽいけどね。

GT7ではGT6のグラ強化版になるか、GTならではこだわり、例えば路面状況をある程度本気にシミュレートするか辺りが気になる所。

そんな話より、最近のポリフォHPに掲載された、開発者インタビューは、なかなか読み応えあるので、興味のある方は読んでみるといいかも。


PS4
ps41509051C.png

vita
vita1509051C.png

日足35日評価数推移150904

肩肘張らないコメント
9/5(土)分の35日日足は9/6(日) 22:00以降になります。

PS4
ps41509041C.png

vita
vita09041C.png

日足35日評価数推移150903

肩肘張らないコメント
着弾記事アップしました。
今回はちょっと辛口で書いたけど、現状マイナスが大きすぎるからね。書かざるを得なかった。こんなの速報で書いたら任豚扱いだろう。自分でブログやってないと俺も書く気しない。

DQと名がつけばPS1.5のグラでリメイクでも60万本売れるのが今の日本市場の現実。PS系統で初週60万本も動けば、期待のほぼ上限だからね。小島監督が死ぬ気で作っただろうMGS5も頑張ってほしい。

日本市場がこういう市場というのはしょうがない。だからこそ海外戦略をSCEJAを窓口としてどうサポートしていくかの方が大事になっていくのかもしれない。

最近着弾記事でWiiUや3DS褒めすぎだろ、という人もいるかもしれないけど、個人的にはWiiUは既に敗戦処理で、3DSも末期、つまり次のハードへどうつなげるかの方が中期的には大事になる。その時、現状のユーザーをキープすると言うのはそれも立派な戦略。XB1はXB360をキープできなかったからああなった。任天堂は今できる自分の仕事をきっちりしていると言う意味で評価してます。次のハードが当たるだけのなにかを仕込めるかはまた違う話ですね。

PS4
ps41509031C.png

vita
vita1509031C.png

PS435日完走
ps41509032C.png

vita35日完走
vita1509032C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150830

任天堂据え置き機(+0.59万本)が今年度11回目、任天堂携帯機機(+61.2万本)が今年度10回目の対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 -29292本
PS携帯機 -20346本

任天堂据え置き機 +5962本
任天堂携帯機 +26186本

XBOX -1956本


今週は昨年度ソフトが充実していたPS系統が対昨年度大幅マイナス。
昨年ソフトが弱く、DQ8が出た任天堂携帯機で大幅プラスという分かりやすい結果が出た。

新作を除いても任天堂ハードの底堅さが目立つ。特に昨年度の妖怪ウォッチ2相手に任天堂携帯機が対昨年度でプラスを出しているのは見事だ。
任天堂据え置き機も、スプラトゥーン1本で対昨年度の市場を支えている。

一方PSハードは新作を除いてもマイナスだが、これは昨年度も先週ある程度の新作がでているからしょうがないだろう。PS据え置き機は今後も中期的に大型IPの投入が約束されているので、悲観するほどではないが、PS携帯機は、-88万本の上、対昨年度を支えるソフトも現時点では心もとない。昨年度は2015/2にGE2Bも出ておりハードルは低くも無い。PSPのシュリンク分を差し引いてもすでに-50万本を越えている。

もちろんPS携帯機を母体とした作品が続々と多機種マルチになっているので、単体で不利というのは分かる。普及拡大期にあるPS4はある据え置き機のマイナスは無視したとして(これぐらいのマイナスなら来週のMGS5で無視できる数字になる)も、携帯機の-88万本だけPS系統のソフト市場全体でみても2割減であり、全体としてシュリンクしているのは否めない。今のままだと、PS据え置き機が対昨年度大幅プラスで推移しないと、PS系統の前年度維持は厳しい。しかもハードルとなる昨年度の数字は、据え置き機で-27.1%、携帯機で-18.74%落としており、ノルマとしては高くない。だからこそ気になる所だ。

vitaに関しては、普及台数はゲーマー向けの市場としてはすでに充分稼げているので、タイトル不足と、財布に厳しい若年層にとって今のCSゲームが娯楽市場全体で見た時に、価格競争で不利になっている可能性がある。そうならば、コア向けのゲームを高価格で売り回収すると言う昨今の和サードのビジネスモデルに関わってくる。絶好調のマインクラフトが低価格なだけに気になる傾向だ。

ロングテールに関しては昨年度発売ソフトの本数が多すぎるので全地点で大幅マイナスは致し方ない。それだけに、この影響は37-50位といったランキング下位には遅れて出てくる。ランキング下位の対昨年度での低迷は長引きそうだ。

来週はMGS5がいよいよ登場する。コナミのアレな騒動でケチはついたが、事実上小島監督が製作する最後のMGSということもあり数字を期待したいところ。対昨年度のマイナスを埋めるという意味では、合算で初週45-50万本程度必要となる。
任天堂携帯機はDQ10が出るものの、DQ8の二週目ということもあり、引き続き纏まったプラスだろう。しかし再来週にはスマブラが出ており、アイルー村DXが出るとはいえ、少しでも多くの本数が欲しい所。PS携帯機は引き続き大幅なマイナスだろう。任天堂据え置き機はプラスだろう。

XB1のローンチ1周年となる。今でさえ耐昨年度で35.3%という数字なだけにMGS5が発売すると言ってもローンチ週の数字が昨年度に組み込まれるので、大変厳しい数字となるだろう。

d1508301C.png

d1508302C.png

d1508303C.png

d1508304C.png

日足35日評価数推移150902

肩肘張らないコメント
着弾記事は明日です。google play music触っていたら時間なくなりました。ざっとみたけど、ロングテールが去年が強すぎて偉い事に。でもそれはしょうがないね。

MGS5はブラッドボーンやDQHと比べると評価数が3/4だが代わりに評価値が5.00。この評価数で初日評価値5.00のソフトは今後も滅多に出ないのでは?出たとしても本数はごくわずかのはず。本当にコナミは・・・。

35日完走ソフトは皆初動型に。PS4は定番になれるかが凄く大事で、定番化すると本当に息が長い。

PS4
ps41509021C.png

vita
vita1509021C.png

PS435日完走
ps41509022C.png

vita35日完走
vita1509022C.png


突然日本でサービスが始まった、google play music
3500万曲とか。これなら日本版musicunlimitedが比較相手なら大丈夫だろうと早速お試しで加入。

これで初回入会特典で月780円ならまあ悪くないかな。相変わらず外国版と比べると歯抜けが多いんだけど、古いソウルとかファンクの代表アルバムはアルバムごとあること多いし、古典を当たるには個人的にちょうどいい。AWAの方が使いやすいけど、曲数がね。

今日は検索した中から、個人的に90年代ヒップホップでこれだけは外せないリストに入っている1曲を。

Greg Nice / Set It Off


ミドルスクールの代表格で、ファンも多いNice & SmoothのGreg Niceの代表曲。サラームレミプロデュース。サラームレミは仕事が手広く、時代に応じてかなりブレが大きいプロデューサーな気がするけど、この曲の仕事は鉄板。個人的には文句無く彼の代表曲。今となっては古臭いかもしれないけど、太鳴りのビートにロウなフィルターが掛かった、ただのメロウでない絶品なネタの処理。グレッグナイスの滑らかなラップと特に印象が残るフックとヘタウマラップと言われた一度聞いたら忘れない個性。これぞ当時のヒップホップが持っていた美点そのもの。

当時のヒップホップは12インチアナログレコードがメインの文化なので、この手のサービスとは相性が悪いけど、こういう名曲がしっかりあるのは実に喜ばしい。

いくらUIが悪い(といっても我慢ができる範囲)とは言え、中身は充分あって数年先行してサービスインしたのに、まったく評価されないmusicunlimitedはかわいそう過ぎるわ。やっぱり林檎とかgoogleとか枕詞つかないと駄目なのかな。曲数がgoogle play並になればawaに戻っても個人的には全然構わない。

日足35日評価数推移150901

肩肘張らないコメント
MGS5のPS4版は9/1 24時スタートでしたが、発売日が9/2なので、9/2 24:00近辺の数字を初日として扱います。

週間ランキング

PS4
無料ソフトの勢いは悪くなく、定番作も底堅い動きのタイトルが多く、悪くない週。
週間評価数増0のソフトも減少。
新作は軒並み評価値が低め。最近初週評価値のブレが出るように。
ドラゴンズドグマはパケ版発売と同時に無料版も先週比で大幅増。
土日と順調に伸び、今週発売ソフトは初日の4倍以上になるケースも。

vita
マインクラフトをはじめ、無料ソフトはやや元気なく減少傾向。
一方で週間評価数増0は減少し、満遍なく動いている週に。
レンドフルールの2週目は初週の2倍と、この手のジャンルの評価数の傾向を考えてもかなりの伸び。評価値は大幅減。

PS4
ps41509011C.png

vita
vita1509011C.png

PS435日完走
ps41509012C.png

vita35日完走
vita1509012C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150830

vita150830HYC.png

VITA評価値順ランキング150830

vita150830RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150830

ps4150830HYC.png

PS4評価値順ランキング150830

ps4150830RC.png

日足35日評価数推移1508031

肩肘張らないコメント
週間ランキングは明日、掲載します。最近遅れがちですいません。

8月から新シリーズが始まった名車再生クラシックカーディーラーズ。最初は予算がなく塗装代捻出に苦労していたけど、最近は塗装代だけで50万くらい当たり前にでる。売却益も100万越えることが多くなった。新シリーズも安定の運びだったが、この番組の隠れた見所「メカニックエドのセンス最悪の装飾」が今回見事炸裂。最近エドに遠慮がちなマイクも怒る前にあきれ果てるという快挙を達成。番組ファンは皆満足したんじゃないかなwスタッフも良く分かってますw
まあ買い手がついただけよかったかも。水玉模様のラッピングはあまりに酷くて売れずにエドが買い取ったからねw今シーズンはモーガンのシャーシ交換並の大変な回が今後出てくるか、楽しみ。

PS4
ps41508311C.png

vita
vita1508311C.png

vita35日完走
vita1508312C.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。