QLOOKアクセス解析
HOME   »  2015年08月
Archive | 2015年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移1508030

肩肘張らないコメント
週間カウント終了。最近カウントするソフトが増えてきたので、就寝前にPS4の全てとvitaで新作、先週週間増加数1以上のソフトをカウントして、0のソフトは起床後、早朝に行ったりしています。本当は採取時期にズレが出るのはよくないのですが、最近体調がよくなく、就寝時間を優先しての結果です。24時以降というのがネックなんだよね。一応セールの有無をチェックしているので、これで差異が出るソフトはおそらく数本以内だと思います。体調が戻ったら元に戻します。

PS4がハードの普及と共に主に評価値で変化が出てきている感じ。最近新作の日曜時点で低評価のソフトが増えてきている。そろそろユーザー層が変わってくる頃合かもしれないね。vitaは2年前と今では全然違う。PS4の今週は初日から評価数が4倍以上に伸びた新作が複数出た。評価数的には新作が動いた週末だった。

週間ランキングは明日掲載します。

PS4
ps41508301C.png

vita
vita1508301C.png
スポンサーサイト

日足35日評価数推移1508029

肩肘張らないコメント

みらいさんの任天堂のインディーなんたらの記事。これ見るとPS3時代にSCEは実に会社として大胆なことをしたかが分かる。この前解雇された人もそうだけど、任天堂と言ってもアメリカと本社では全然違うってことね。日本にいると、インディーに限定しているとはいえ、独占云々はおまいうだけど、アメリカではソフト自体の独占云々なんては、過去の遺物。アメリカの常識で言えば、あの発言は当然そうなる。でも本社がそれをささえる仕組みを作らない。アーキテクチャの選択、開発環境の整備といった根っこの所でね。悲鳴とも思える。

でも任天堂は経営陣を日本人で固めた日本の会社。こうなってもおかしくない。会社としては悪夢そのものだったPS3初期に会社の主導権をあっさりSCEA/SCEEと外国主体のWWSに委ねたSCEが日本企業としては大胆すぎた。そして1世代後にどうなったか。これ以上は書く必要が無い。

PS4
ps41508291C.png

vita
vita1508291C.png

日足35日評価数推移1508028

肩肘張らないコメント
8/29(土)分の35日日足は8/30(日)22:00以降の掲載になります。

今でも槍玉に上がるFF13マップ一本道という話。FFが一本道なんてのはFF4以降一部の作品を除けば、多かれすくなかれそんなもん。それでもFF13だけ今もいわれるのは街が少ない、というのもあるんだけど、それ以外にもマップがあまりに平面的で退屈だったから。アンチャとかソウルシリーズは作りこんだフィールドの高低差をうまく使って飽きさせないようにしている。FF13はせっかくの高低差を○ボタンでキャラが自動でジャンプ、とかだったからね。PS1時代の平面的な感覚だった。フィールドマップを広めにしても同時代に出たSO4とかも面倒なだけだった。これもPC98時代のRPGみたいな感触があったゲーム。

一本道かどうか、広いかどうかは実はあまり関係なくて、探索している気分になれるマップ、楽しいマップというのが一番大事だと思う。広いことが売りのFF15は果たして探索して楽しいマップになっているのだろうか。なっていて欲しい。

FF13と言えば、当時徹夜でやっていて、大平原からヲルバ郷まで一気にすすんで、ヲルバ郷についた時、ちょうど日が昇ったというタイミングだったから、ヲルバ郷が凄くよく見えた記憶が今もある。

PS4
ps41508281C.png

vita
vita1508281C.png

日足35日評価数推移1508027

肩肘張らないコメント
着弾記事アップしました。今週はルーティン通りできて一安心。

今の所好調な3DSだけど、今後は本編以外のAAA級タイトルと、AAA級タイトルの数が正直一致しない。これで大幅減にならなければ大したもの。評価しているのは、ユーザーがとりあえず出ているソフトから物色していそうだから。本当に駄目になると、されなくなるから。

PS携帯機は9/15のSCEカンファとTGSである程度見えてくるはず。今のままだと数字の維持という観点では厳しい。

新作ではUntil Dawnは初日評価値4.5と高くはないけど低くも無い出だし。評価数21は倍率考えても少ないかな。

PS4
ps41508271C.png

vita
vita1508271C.png


系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150823

任天堂携帯機機(+11.6万本)が今年度9回目の対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 -9742本
PS携帯機 -5522本
任天堂据え置き機 -3本

任天堂携帯機 +26840本
XBOX -2801本


今週は新作が少なく動きの少ない週となった。スパロボ効果もあり、任天堂携帯機が10万本を越えるプラスを計上。スパロボを除いても+2.6万本と、妖怪ウォッチ&ぶつ森の本編以外での数字の下支えというミッションは見事成功した。据え置き機も-3本のマイナスとなったが、ゼルダ無双が2週目であることを考えれば充分の数字。
ハードの拡販という意味では弱いが、市場規模の底堅さという点では、今年の任天堂は現状十二分に満足できる内容だ。

一方のSCEハードも新作を除く数字は-1万本以下と悪くは無い。特にPS携帯機。PS携帯機はある程度纏まった数字を出せるラインナップが乏しいと言う問題を抱えており、改善されなければ今後も数字は厳しい。

ロングテールでは25-37位のマイナスはわずかで、今後も+-10%の圏内で安定飛行して欲しい所。一方50位は2年前の比較ではほぼ半減と、目も当てられない数字。昨年比では-10%範囲内なので、こちらもその範囲には入り続けて欲しい。

来週は昨年度のPS据え置き機携帯機のラインナップが強すぎで、大幅マイナスは確定的。
PS据え置き機は翌週のMGSがあるからいいが、携帯機は厳しい状況が続く。
任天堂携帯機はDQ8リメイクが出るので大幅なプラスが確定的。しかしこちらも昨年度9月にスマブラが出ているので、1本でも多くのプラスが欲しい所だ。任天堂据え置き機は昨年度のゼルダ無双の数字が落ちるので、スプラトゥーンが大きく落とさなければプラスだろう。

d1508231C.png

d1508232C.png

d1508233C.png

d1508234C.png

日足35日評価数推移1508026

肩肘張らないコメント
今年のSCEJAカンファは9/15に。まあ去年は早すぎたよね。それまでに2週間あるから、ファミ通でどれくらい発表されるかな。正直2016年のラインアップは予定通りにいけば充実しているので、春先までの発売スケジュールが判明するだけでも充分な感じではある。
ここ数年12月が弱い傾向があるので、今年はサードがリスクを取って発売してくれると嬉しいかも。

PS4
ps41508261C.png

vita
vita1508261C.png

PS435日完走
ps41508262C.png

vita35日完走
vita1508262C.png

日足35日評価数推移1508025

インディードライバー、ジャスティンウィルソン選手のご冥福を心よりお祈りします。

*****

PS4
ps41508251C.png

vita
vita1508251C.png

日足35日評価数推移1508024

肩肘張らないコメント
週間ランキングアップしました。

PS4は先週初週のドラゴンズドグマの大幅減でマイナス。ただし先週発売のソフトを除けばプラス。値下げした作品以外の多くの定番作は下落傾向だが、無料ソフトは好調。
値下げしたバイオリベ2が絶好調。評価値5.00のBASARA2と風ノ旅ビトが4.75に。
週間評価数増0のソフトも若干増加で、先週よりは弱め。

vitaは無料ソフトがはっきり好調でプラス。週間評価数増0ソフトも減少。
定番作を先週を維持し、値下げソフトも好調。値下げ終了ソフトは当然マイナス。
マインクラフトは夏休み突入後、ずっと高い水準を維持。人気衰えず。

PS4
ps41508241C.png

vita
vita1508241C.png

PS435日完走
ps41508242C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150823

vita150823HYC.png

VITA評価値順ランキング150823

vita150823RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150823

ps4150823HYC.png

PS4評価値順ランキング150823

ps4150823RC.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150816

任天堂携帯機機(+5.9万本)が今年度8回目の対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 -17308本
PS携帯機 +5183本
任天堂据え置き機 +26754本
任天堂携帯機 +59156本

XBOX -1281本


昨年度ゼルダ無双があった関係で、任天堂据え置き機の連続対昨年度プラスが9週で止まったが、新作を除くと+2.67万本とスプラトゥーン分がそのままプラスという状況は変わらず。任天堂携帯機も年度トータルでもプラスに浮上した。大作とはいえ外伝中心なだけに市場の底堅さが伺える。
9月以降のラインアップもAAA級タイトルは本編が出ない中なので、綱渡りが続くが、4-8月の様にうまくつなげられるかが注目となる。

vitaは新作を除くと2週連続のプラスで、こちらもそろそろ底固めと行きたい所。PS据え置き機は
昨年度は8月を挟んで洋ゲー勢がある程度の数字を出していたので、MGS5登場時点でどれくらいのプラスを出せるかが注目。

ロングテールでは25位がプラスの物の12位の連続プラス記録が5週でストップ。25位は3週連続のプラス。相変わらず37-50位が冴えない。不調の境界線が25-37-50位になるか37-50位になるかが今後の注目点。

来週はPS携帯機、据え置き機とも昨年度の発売ソフトが強くマイナスが確定的。
任天堂携帯機はスーパーロボット大戦BXが発売され、来週は纏まったプラスが見込める。任天堂据え置き機もゼルダ無双の2週目が1.8万本なので、プラスの可能性が高いだろう。

d1508161C.png

d1508162C.png

d1508163C.png

d1508164C.png

日足35日評価数推移1508023

肩肘張らないコメント
着弾記事は図表は作り終わったので、この後書きます。

ここ数年はTGSに入る前にあらかた目玉作が出尽くすというパターンが多かった。今年はどうかな。

SAO HFのダウンロード版が安い。これ、実ダウンロード本数と評価数倍率知りたいなあ。これだけ安ければさすがに動きそうだけど。これで動かないようならば、PS4のユーザー層ってvitaとかなり違う気がする。評価数を扱うソフトとしては注目のソフト。

PS4
ps41508231C.png

vita
vita1508231C.png

日足35日評価数推移1508022

肩肘張らないコメント
今週は予定通り行けずすいません。
着弾記事は月曜日に週間ランキングは火曜日の予定です。
来週は余裕あるのでいけるはず。

PS4
ps41508221C.png

vita
vita1508221C.png


日足35日評価数推移1508021

肩肘張らないコメント
ゲームデータ博物館が現行機のデータを収録しなくなったようで。
色々いわれることの多い所だったけど、長期間の集計お疲れ様でした。

いまだとアスキー総研のTOP50が電撃経由で見れるので、ジワ売れしているソフトの追跡もしやすくなった。1000本ちょっと売れればランクインする時代だからなお更。

着弾記事毎週作っている立場からすると、今年の任天堂ハードのソフト市場は下げ止まりの傾向が顕著なので、(ラインナップは本編が無く外伝ばっかりだったので勢いが完全に死んだ市場ならとんでもない下落もありえた)もう少しやっても良かったと思う。
08年当たりの絶頂期とは似つかない市場だから過去の栄光知っている人にはきつかったのかも。
個人的には着弾記事は、市場状況を把握する為にやっているので、ここ数年PS市場も厳しいが、記事を作っている中で得るものも大きいです。自分でまとめた方が把握しやすいしね。

タイトーがゲームアーカイブスに参戦。アーケードだとダライアスシリーズとかどうやって移植するんだろうね。アーケードとCS(特にファミコン)移植は結構違ったりするので、評価数や評価値見ていると、どのハードでの作品で思い入れがある人が多いかが、評価値に影響しているのでは?と思うことがある。

PS4
ps41508211C.png

vita
vita1508211C.png

日足35日評価数推移1508020

肩肘張らないコメント
最近あからさまに勢いないのは、夏風邪が直った後もすっきりしないからです。着弾記事は明日書きます。

ガストが2本とも発売延期。激戦区から散らしたのはいいこと。11月も大変だけど、9月末よりはまだいいと思う。コーエー系列はソフトのリリース量増えているので、クオリティの維持との両立うまく取れるといいね。

PS4
ps41508201C.png

vita
vita1508201C.png




日足35日評価数推移1508019

肩肘張らないコメント
個人的にそろそろ終わらせようぜ、と言いたくなるのがGT6のVGT。架空車にリソースかけるなら、実在車ふやして!と思うのは多分俺だけではないと思う。しかも殆どの車種で内装無しだしね。それでもモデリングはまだいいが、奇天烈な駆動方式にいちいちそれ用の挙動つくるのはさらにうーん、という感じ。山内さんが車業界にコネ作るのにはいいんだろうけどね・・・。
ところでコースメーカーは・・・。嫌味じゃなくて、本当に機能として実装されるの待ってます。

DOAも投票権商法ですか。確かにこれは興味がない人は買わなくて問題ない。DOAならユーザー層的にはそれでいいんだろうけど、そこまでしないとゲームを維持できないのなら、寂しいね。コーエーもDOAでは色々試しているね。手ごたえはありそうなそぶりだけど、こういうのが成功すれば、すればで・・・うーん。悪乗りするところもあるだろうから。

PS4
ps41508191C.png

vita
vita1508191C.png

PS435日完走
ps41508192C.png

vita35日完走
vita1508192C.png



日足35日評価数推移1508018

肩肘張らないコメント
今年は夏バテ&風邪で力が入らない夏になった。PS4ユーザーにとっては来年が大半だけど、新作発表が多く平和な夏というのもある。あとは市場を形成できるかというだけ。それは1ユーザーとしてはどうしようもない所があるので、なんとも。
ゲームできていないね。PS4は起動しているけど、起動するまで力が入らないね。来月には落ち着いているといいんだけど。やりたいゲームはあるんだけど。

CODの2バージョン商法とかサモンナイトの新作とか見ていると、本当に1世代前はなんだったんだろうねえ。特に06-08年の3年。

35日完走ソフトではvitaのガンダムは無料ソフトとしてはかなりしょっぱい推移。必要なユーザー囲い込めたのかな。

ps4
ps41508181C.png

vita
vita1508181C.png

ps435日完走
ps41508182C.png

vita35日完走
vita1508182C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150816

vita150816HYC.png

VITA評価値順ランキング150816

vita150816RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150816

ps4150816HYC.png

PS4評価値順ランキング150816

ps4150816RC.png

日足35日評価数推移1508017

肩肘張らないコメント
週間ランキングは出来ているので、この後アップします。

週間ランキング感想

PS4は大幅増。ドグマオンラインと新作を除いても増加でかなりのタイトルがプラス。
ストアソフトの値下げラッシュもあるが、お盆で社会人ゲーマーがPS4を稼動させた可能性が高い。これは過去もそう。PS4のユーザー年齢層の高さが伺える。無料ソフトも評価数増。
夏同梱したブラッドボーンは増加、定番作も増加。一方マインクラフトは先週維持。
新作のEverybody's Gone to the Rapturはまとまった評価数が入った中で評価値4.00と低めスタート。

vitaは若干減だが、新作の量を考えると、ほほ先週と同等。
無料ソフトは若干強弱あるが、全体で見た場合ほぼ同等か。

PS4
ps41508171C.png

vita
vita1508171C.png


日足35日評価数推移1508016

肩肘張らないコメント
週間カウント終了しました。掲載は明日です。

PS4はローンチからカウントしているけど、いつも思うのは少なくてもDL市場のユーザー層は年齢が高いんだろうなあと。伸びやすい日が金曜だったり、大型連休になると評価数明らかに増えるんだよね。結構な人が、纏まって休める時間が出来たらゲームを触ろう、ということなんだと思う。
おそらく若年層が多いvitaと社会人層が多いPS4で綺麗に分かれているけど、縦マルチした時に単純に市場が広がる、というわけでもないかもしれない。世代によっても嗜好の違いはあるからね。
日本ではPS4は若年層には高すぎるのかもしれない。といってドルベースでは世界最安値圏だし、SCEJAはむしろ値上げしないで頑張っている状態。正直メインチップのシュリンクまでは打つ手があまりない。しかも世界ではこの値段で売れているし。

この辺の市場のねじれが解消されていくのか固定化されていくのかは、評価数を見ていての今後のポイントの一つなのかなあとなんとなく思っています。

PS4
ps41508161C.png

vita
vita1508161C.png



日足35日評価数推移1508015

肩肘張らないコメント
今週からストアから消えたPS4のぎゃるがんおまけつきが8/15付けで復活。多分復活するだろうなと思っていたので、予約ソフトと違って塗りつぶしはしなくて正解だった。
このあたりの理由は良く分からんよね。

去年は9月はいったらいきなりPSカンファだったけど、今年はどうなんだろうか。そろそろ来春に向けての新作は発表される時期なんだけど。

PS4
ps41508151C.png
vita
vita1508151C.png

日足35日評価数推移1508014

肩肘張らないコメント
8/15(土)分の35日日足は8/16(日)22:00以降になる予定です。

最近やっと暑さが落ち着いてきた。自室の気温計が33-34度あたりが、我慢の限界で35度はアウト。30度以下なら扇風機で余裕。こんな感じ。
ここ数年でビジュアル機器の規模縮小やって(液晶TVでSD画質のソースかけるくらいなら、保存しているPVM引っ張り出す。)、オーディオは爆熱パワーアンプの電源切ってるので、今年の部屋は涼しいね。80年代のアメリカ産爆熱アンプは日本の狭い部屋で飼うなら、クーラー代をケチってはいけないかも。夏はパワーアンプの温度上昇に伴って音がダレるから聞く気があまりしない。

評価数カウントしていると、正月とお盆は新作が少なくて平和なんだけど、vitaのギャルゲー&乙女ゲー発売ラッシュで、今年は過去2年ほどそんな感じがしないね。本当ここ1年ちょっとで増えた。特に乙女ゲー。移植が大半だけど、採算ライン何本なんだろうね・・・。

PS4
ps41508141C.png

vita
vita1508141C.png

日足35日評価数推移1508013

肩肘張らないコメント
着弾記事アップしました。
ランキング下位の数字見ていると、2極化しているね。今まで以上に初週の規模が非常に大事になるかもしれない。この落ち込み分がまるまるDLソフトで補えているといいんだけど。

PS4
ps41508131C.png

vita
vita1508131C.png

PS435日完走
ps41508132C.png

vita35日完走
vita1508132C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150809

PS携帯機(+0.80万本)が今年度5回目、任天堂据え置き機(+1.88万本)が今年度11回目の対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 +967本
PS携帯機 +4018本
任天堂据え置き機 +22488本
任天堂携帯機 +109396本
XBOX +461本



今週は昨年度の新作が相対的に強い傾向があり、PS携帯機が微増、任天堂据え置き機が手堅い数字を残した以外はマイナスとなった。
一方、新作を除くと全ハードで対昨年度プラスと、ここ2週間のラインナップにある程度数字が支えられている様子も伺える。

任天堂携帯機は旧作のみで+10.9万本の一方、どうぶつの森HHDの2週目17.9万本であることを考えると、それなりの落ち込みがあり、対昨年度を支えるためには高い水準でのジワ売れが要求される状況と言える。任天堂据え置き機はスプラトゥーン以後安定している。あとは得意の年末でどれだけ延ばせるかだろう。
PS据え置き機は新作を除くとプラスであり、底堅く、今後のラインナップ次第。PS携帯機は先週強めだっただけに、2週目で+4000本は弱めで初動よりになっている。
XBOXも旧作で久しぶりに対昨年度プラスとなった。

ロングテールは25位の強さがが目を引く。昨年度の新作がTOP25以内に大挙して入っている中だからだ。一方37-50位はマイナスとなっている。50位は2年前の成績と比べても-40%以上のマイナスで、37-50位が下げ止まるかが気になる所だ。

来週は、昨年度にWiiUでゼルダ無双が出ているので、任天堂据え置き機のスプラトゥーン発売以来の対昨年度プラスは一区切りとなりそうだ。それ以外も全般的な市場の軟調傾向を考えると、PS据え置き機と任天堂携帯機がプラスになるかどうか、という所。PS携帯機は昨年度MHFの1.9万本があるのでマイナスだろう。

d1508091C.png

d1508092C.png

d1508093C.png

d1508094C.png

日足35日評価数推移1508012

肩肘張らないコメント
夏バテから夏風邪寸前に。夏の風邪は面倒なので、皆様もご自愛ください。
という訳で着弾記事は明日に。頭が働きません。

35日完走ソフト。太鼓の達人は評価数見る限り初動型だけど、ストアランキング見ているともっと売れていそう。この辺が評価数の限界ですね。コア層以外も買っているからかもしれない。

PS4
ps41508121C.png

vita
vita1508121C.png

vita35日完走
vita1508122C.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。