QLOOKアクセス解析
HOME   »  2015年07月
Archive | 2015年07月

VITA評価値順ランキング150712

vita150712RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150712

ps4150712HYC.png

PS4評価値順ランキング150712

ps4150712RC.png

日足35日評価数推移150713

肩肘張らないコメント
昨日の日足は間違って土曜日分を貼ってしまいました。
日曜日は今日の画像でも確認できるので、こちらで。

週間ランキングは明日の22:00以降になってしまいそうです

PS4
ps41507131C.png

vita
vita1507131C.png


日足35日評価数推移150712

任天堂岩田社長が亡くなった。享年55歳。あまりに早過ぎる逝去だ。
このブログは任天堂、特に岩田社長へ厳しいことが多く、白々しいと言われるのを承知で
ご冥福をお祈り申し上げる。

岩田社長の分析的な過去話はさすがにする気はしないが、岩田社長は昨年の手術後も社長に留まり続けた。そして任天堂はその時期、新ハード、新規事業、事業規模の維持、収益構造の建て直しへ難しい局面を迎えていた。岩田社長の経済的な状況なら、身を引き、私人として落ち着いて療養することも出来ただろう。私のような俗物ならそうしただろう。だがそうせず、生涯現役、仕事に生きることを貫いた。この行動は同時に、向こう3-5年程度の任天堂の未来、5000人を越える従業員の未来に責任の一端を負った、ということでもある。ご本人もその覚悟があったのだろう(悪性腫瘍であることから考えても、普通は予後を医師からいろいろと伝えられたと思うから。)から、その部分に関しては、思うところをちょっとだけ書く。

昨今任天堂で新規事業や新ハードなど、事業再構築の話が出ているが、こうした事業に岩田社長がどれくらい主体的な位置にいたのかが、今後の任天堂を占う意味では重要だろう。(宮本氏はNXからは一歩引いた立場らしいので)岩田社長が主導的な立場で関わっていた場合、少なからず影響が出るだろう。もう一つの可能性で、岩田社長が開発現場の意見を汲み取り、擁護する立場で現場を支援していた場合、その状況が、新社長下でも継続されるかが大事になるだろう。任天堂の官僚化が進み、岩田社長が主体的な役割をほぼ果たしていない場合は、それほどの影響はないだろう。今の私にはどの状況下は分からない。それが外野に分かる形で判明するには時間が必要だろう。

いずれにしても、岩田社長が自らの命を賭して、この1年で敷いたレールが任天堂の未来にとって幸のあるものであることを祈ることとしたい。岩田社長もそうであることを望んでいるだろうと思う。

*****
週間カウント終了。ランキングは明日掲載します。

ps4
ps41507111C.png

vita
vita1507111C.png



日足35日評価数推移150711

肩肘張らないコメント
コジプロの話。もう何度も書いてるので、これが最後になるかも。

コジプロでもいいしポリフォでもいいしFFの主力チームでもいいんだけど、日本にも世界でも戦える人材もIPもチームもある。でもHDゲーム世代移行では、こうしたチームをマネージメントする能力、彼らを支える経済力、彼らの能力を効率的に活用する支援体制といった物の比重がどんどん高くなった。
HDゲームを事業として成立させるためには年度計画で見た時、売上を安定させる為、間断なくソフトを出さないといけない。それを生み出すための生態系としてのシステムが構築できなかった。これが全てだった。ゲームの出来と関係ない次元の問題で脱落していくのよね。だからこそゲームファンからしたらやるせない。何度も書いてしまう。

個人的にクタを一定の評価をするが、手放しに賞賛しないのは、PS3の設計思想の根幹が急所を外していたと思うから。クタはハード性能を高くすればトップガンが使いこなしてくれるから、時間は掛かるが自然と適応できると思っていた節がある。
しかしHDゲームが多数の人数を要して開発する以上、平均的な才能、もっと言えばそれよりも広く刈り取って、開発偏差値(どう測定するかは微妙だけど、開発者の能力が正規分布したとして。)40でも問題なく作れるアーキテクチャか開発環境を整備しないといけなかった。そうした要求を可能にする道具を用意しないといけなかったと思う。

これはPS2ですでに顕在化しつつある状況だったから、ある程度は類推できたように思える。
クタは10年先の未来を見ていた。しかし現場は10年先の未来より、今戦う弾薬が欲しかった。と言うことなんだろうね。過去の成功のパターンが現実への対応を発想の時点から縛る、というのはありふれた話。

コジプロについては、コジプロスタッフが会社を離脱できるのか?出来たとしたら、彼らの活動を支えるファイナンスを得られるのか?安定した生活を捨てて、スタッフに新しい挑戦を鼓舞するだけのリーダーシップが今の小島監督にあるのか?段階としてはこの3点が大事だと思う。できればコジプロごとなんとか移籍して欲しいと、1ユーザーとして願っています。

ps4
ps41507111C.png

vita
vita1507111C.png

日足35日評価数推移150710

肩肘張らないコメント
着弾記事アップしました。
今年の夏商戦前半戦は任天堂系統とPS系統で綺麗な好対照になったね。PS系統はタイトルが弱すぎた。vitaは末期のPSPの売上ですら巻き取れないし、3機種マルチが据え置き機で受け入れられるか、は凄く大事になりそう。PS据え置き機はPS3が半減以下の大幅なマイナスの割にはなかなかがんばっている方だと思う。タイトル考えるとね。

7/11土分の35日日足は7/12日22:00以降のアップとなります。

信長は・・・これは序盤からなかなか大変。忙しいからコーエーSLGのまったりさが気にいっている人には辛いかもしれないね。

PS4
ps41507101C.png

vita
vita15070101C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150705

任天堂携帯機(+5.52万本)と任天堂据え置き機(+1.15万本)が今年度6回目の対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 -40828本
PS携帯機 -29895本
任天堂据え置き機 +11571本
任天堂携帯機 +56592本
XBOX -642本


目立った新作が無い今週は先週およびここ数週の準新作の規模がそのままチャートに反映されやすい。よって先週の数字通り、PS系統はマイナス、任天堂系統はプラスとなった。

任天堂系統は4週連続のプラスであり、ソフトラインナップのよさを考えても、夏商戦に充分な商材を用意できたと言える。明らかに商材作りに失敗したPS系統とは明暗が分かれた。

スプラトゥーンは安定してマリオカートの数字を超えている。任天堂据え置き機の対前年度比の成否はスプラトゥーンが昨年度のマリオカートを越える成績を残せるか次第だ。
任天堂携帯機も妖怪ウォッチブームの落ち着きの中で対前年比でプラスに持ち込めたのも大きい。年度全体で見ると、昨年度妖怪ウォッチ本編が出る来週以降からどうなるかだ。

PS携帯機は-50万本となった。昨年度WiiUが経験した旧世代機のマイナスを現世代機で巻き取れないのが一番の原因。
それにくわえてタイトルも明らかに不足している。最近は和サードも3機種縦マルチが当たり前になってきており売上が分散しやすく、よほどの起爆剤がない限り、数字を作るのが大変になるかもしれない。
来年度はおそらくPSPの売上が掲載されなくなるので、対前年比でのマイナスは緩やかなことになるだろう。

PS据え置き機も安定しているとはいえ、PS3のシュリンクをPS4が埋め切れていない。
ただしPS据え置き機は7月のラインナップが対前年比で強めなので、8月中旬までは様子を見た方がいいかもしれない。

ロングテールでは12-25位のマイナスが目立ち、37-50位の数字は悪くない。これは6月の動きの良さがランキング下位に反映され始めてきているからだろう。12-25位を見る限り、やはり初動型のタイトルが増えているのかもしれない。

対前年比という点では7月からハードルが大幅に下がる。一方で2013年度比と言う点では厳しいハードルのままだ。2013年度比でプラスマイナス10%以内に持ち込めるかが、数字の復調を占う意味では大事になる。その意味でも今週の50位はまずまずだろう。

来週は、いよいよ昨年度妖怪ウォッチ2が発売となり、任天堂携帯機の対作年度比のハードルが上がる。今年の任天堂携帯機の展開は大型IPの本編ではなく派生作品が中心なので、市場の勢いを把握するには却って都合がいい。
大作IPの派生作品でいい数字が作れるなら、国内の任天堂携帯機ははっきり下げ止まったと言えるだろう。
PS携帯機は太鼓の達人があり、はっきりプラスのチャンス。これでプラスに出来ないようなら逆に厳しすぎる。PS据え置き機は引き続き厳しいだろう。任天堂据え置き機はスプラトゥーンが普通に動けばプラスだろう。

d1507051C.png
d1507052C.png
d1507053C.png
d1507054C.png

日足35日評価数推移150709

肩肘張らないコメント
着弾記事は明日になる予定です。フリープレイの信長ずっとやっていて時間なくなりました。
といっても4時間だけどね。

前書いたけど、以前買った信長はボリューム増えているのに、相変わらず物資関連すべて手動という前時代ぶりで2時間で放り投げて即、中古屋に売り飛ばしたけど、今回は良くできている。
信長、というよりは天下統一2の順当進化版という感じ。なので、天下統一好きな人は基本的に楽しめると思う。

どの辺がいいかと言うと、複雑化するシステムを出来るだけ簡潔にしようと心がけているのが分かるから。主要なコマンドとそれぞれの項目で見る数字が大体3-4個に収まっている。3-4個ぐらいならすぐ覚えられるので、複雑さを軽減できている。物資は全体管理で、兵の集中も出来ない。なので、序盤からすぐに大軍で包囲は出来ないし、前線拠点の整備も序盤の内は必要のようだ。

本城と支城で出来ることの差も分かりやすいし、道による行軍スピードもいい感じ。
リアルタイム性も行軍速度の調整や包囲するときの指示のタイミングで活用できるので、ただ見た目がゴージャスになるだけではない。同盟や援軍の仕様も妥当。

これはスタッフの目指しているゲームの形がはっきり見えるね。大規模な人数で作る過程でそれが見えなくなることの多い、最近のゲームにしては珍しいよ。クリアまでやるとゲームバランスの問題でてきそうだけど、とりあえず序盤は十二分に楽しい。このシステムで2-3作ぐらい作って欲しいね。

初日評価数。太鼓は最近のVitaにしては動いている方。評価値も4.61なので、数が動いている可能性はある。

ps4
ps41507091C.png

vita
vita1507091C.png

vita35日完走
ps41507092C.png

日足35日評価数推移150708

肩肘張らないコメント。
とりあえず信長とアマガミはDL中。クリアまでやるか分からないけど触るつもり。PS+って個人的には月500円とは思えないほど豪華なんだけど、やっぱり興味ないゲームは触らないところがある。

アマガミは評価数が若干動くゲームだった。決断だったね。続編フラグかもしれない。イメージとしてはアマガミ<フォトカノ<<fateみたいな感じ。flowersなども地味に動いているタイトルで、支持が一定数あるんだろうね。ホワイトアルバム2もフォトカノよりもうちょっと動くイメージだけど、このジャンルのゲームは極端に価格を下げても、やはり比例して動くジャンルじゃないかもね。

DQBに関してはやっぱり本編リメイクか、本編発表してくれというのはある。まだ続きがあると言う噂があるけどね。3Dドットゲームヒーローズはクリアまでやったなあ。なんのひねりも無い可もなく不可もないゲームだった。個人的にPSハードと和ゲーの関連で大事だと思うのはvita/PS3/PS4同発マルチが今進んでいる市場の縮小をどれだけ最小限に抑えることができるかのか、ということ。
和ゲーの規模だとPS4専用に作りこむ程のクオリティはコスト的に厳しいので、個人的には大いにアリ、なんだけど、PS4買ったユーザーがそれを望んでいるかというと、数字を見る限りやや疑問なんだよね。洋ゲーがロングセラー化しているのは、現時点のPS4ユーザーは和ゲー洋ゲーという括りではなく、クオリティ(グラ)で判断しているからだと思うから。
これからPS4が売れていくにつれユーザー層が変わって行くだろうけど、その新規ユーザーも否定的だと、この戦略は通用しなくなる。そうなると規模の維持やハードの選択で厳しくなるかもしれない。これが受け入れられるようだとマルチの開発環境を整備したSCEのプラットホームゲームホルダーとしての努力が報われる形になる。

水曜の評価数はメンテの影響もあるかもしれないけど、月曜日の水準に。火曜はまあ動いた方だったね、やっぱり。シレンと夏色は3週目以降の動きで差がついていて面白い。特にvitaの評価数は伸びと言う意味で最近かなり厳しいので、夏色と比較すれば頑張った方かもしれない。

日足のほうだとPS4の新作二本は厳しい結果に。PS4の場合、評価値の低いゲームは初日から低いというパターンが多いね。

PS4
ps41507081C.png

vita
vita1507081C.png

PS435日完走
ps41507082C.png
vita35日完走
vita1507082C.png

日足35日評価数推移150707

肩肘張らないコメント
週間ランキングアップしました。

ここ数週間とくにvitaが厳しかった週間ランキングだけど、好転の兆し。全体的な評価数増は新作やPS+の浮き沈みを考えるとやや増だが、週間評価数増0ソフトの減少やマインクラフトの増加傾向など改善傾向。先週のソフトも2週目はいずれも高めで推移している。

ただし、無料ソフトに関しては全てが恩恵を受けている訳でなくハイスクールD&Dなどはピークアウトか。聖剣は揉み合っている。

PS4もvitaと同様の傾向。旧作に関しては評価数の規模を維持できているタイトルと層でないタイトルが分かれている感じか。

全体的な手ごたえは悪くないので、今週はハードの週販台数多少でも伸びているといいかな。

評価値では東方は週間集計時点で4.95、現時点でも4.94と評価数が多いソフトとしてはP4G並みの動きとなっている。

*****
火曜日の日足は月曜が少なかった反動もあるかもしれないけど、結構伸びているほう。水曜もこれぐらい伸びていると面白いんだけどね。

ps4
ps41507071C.png

vita
vita1507071C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150705

vita150705HYC.png

VITA評価値順ランキング150705

vita150705RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150705

ps4150705HYC.png

PS4評価値順ランキング150705

ps4150705RC.png

日足35日評価数推移150706

肩肘張らないコメント
週間ランキングは出来ているのでこの後アップします。

ニセコイが配信終了。これは気付きました。毎週カウントしているからね。ニセコイに限らず配信終了になるケースは結構ある。今週だとF12011とJUDAS CODEが配信終了になってます。JUDAS CODEは予告あったけど、F12011はひっそりと終わりましたな。

ただ、配信終了といってもいくつかパターンがあって、ニセコイみたいに本当に配信終了になるパターンもあれば、消えた後数週間後に復活するパターンもある。だから当週だとどっちか分からないのよね。その他にも、評価数と評価値がなくなると言うパターンもある。これはストアの読み込みエラーで再起動すれば直る。

vitaのストアはまだ発展途上だったみたいでPS4のストアほど出来は良くないね。糞改変で開く気起こらなくなったPS3ストアよりはいいけど。もしPS3でカウントしていたら、糞もっさりストアになった時点で、間違いなくやめていましたわ・・・。

ps4
ps41507061C.png

vita
vita1507061C.png

日足35日評価数推移150705

肩肘張らないコメント
週間カウント終了。ちょっと体調良くないので、ランキングは7/7 22:00以降になるかもしれないです。

噂どおりだと7月のPS+はなかなか豪華だね。信長はPS3時代に、ロジスティックスすら手動かよ、城多いのに。戦闘つまんねー、スキル多すぎと言う感じですぐやめた。特に物資輸送はもう自動化しよう。補給能力で物資をどれだけ送れるかとかで差別化すればいい。物資輸送で時間を取られるなんて初代太平洋の嵐で充分ですわ。

ソーシャルゲームについて。個人的にはあんまり好きでないけど、コアゲームの観点ではなく、射幸心を煽る娯楽として考えると流行るのはなんとなく分かるのよね。射幸心を煽るというのは本能を刺激するし、常習性がある。競馬だって、どんなにやられても1週間たったら、ケロリと忘れて、競馬場に行く人が多いしね。俺の場合は精度の低い穴狙いなので、1週間ではすまないこと多くて、結構苦痛なんだけど・・・。

今の日本人はギャンブルを蛇笏の様に嫌う一方で、射幸心に煽るものには普通に弱い。本能に訴えかけるもんだから当たり前。子供がトレカに嵌るのも、あれもある種の射幸心を煽るからだと思う。射幸心に煽るものへの経験が少ないから、ソーシャルゲームのガチャにあっさり嵌る。ギャンブルそれなりにやった経験ある人なら、あんなもんに金使うならギャンブルの方が多少は戻ってくるし(おそらく15%くらいは9割戻し、2-3%くらいの人は利益が出ているはず)そっちの方がいいんじゃね?と言う人いそうだけどね。だから日本のソーシャルゲームが失速するとしたらガチャやそれに類する射幸心を煽る物が厳しく規制される位じゃないと厳しい気がする。

コアゲームよりの人はどうしてもあれをゲームと思うから、必要以上に楽観したり悲観している気がする。昨今の傾向として、娯楽にコミュニティ性を巧みに組み込む、少ない時間でも楽しめる手離れのよさ、単純かつすぐに快楽を刺激する、というのはヒットの傾向として重要な気がする。コアゲームはその辺の対応がうまくいっていないのは事実なので、それとソーシャルゲームの射幸心を煽る部分とは議論として切り分けた方がいいと思う。

ps4
ps41507051C.png

vita
vita1507051C.png

日足35日評価数推移150704

肩肘張らないコメント
今週は結構ゲハネタあったのにかなりスルーした気がする。
個人的にはTVに繋ぐSTBとして今のPS4に不満を持っていない、と言うのがある。
ココで言うSTBはゲーム以外で、録画したTV見れて、たまにようつべみて、NASにある音楽ファイル再生して、という意味。特に今年はメディアプレイヤーとサスペンド対応が来て、初期に抱いたSTBとしてのPS4のイメージ通りになったのが大きい。
画質とか音質とかはいろいろ言いたい人もいるだろうけど、そこはゲーム機だししょうがないだろう。PS3が異常だった。

評価数を扱うこのブログ的にはPS4は神なんですよ。なにが、って言えば本体ストアでソフト選んでもエラーでないからw。vitaストアのエラー出たときのげんなり感がないだけでどれだけカウントが気持ち快適になるか。こんなこと評価するのは特殊すぎるだろうけど。

今ゲーム機としてPS4に求めているのは2016年3月までの和ゲーのゲームラインナップだけど、その辺は9月にならないと分からないだろう。それ以降の将来についてはスクエニが大量発表してE3で充分満足できたし。ゲーム自体もブラッドボーンとDQHは本当体調崩すほど週30Hのペースで楽しめたし、ワゴンで買ったドライブクラブも時間天候変化の部分はかなり満足できた。5月のインファマスSSが個人的にグラは凄いけど中身は可も無く不可も無くだった去年よりずっといい。オーディオを再開(エントリーレベルでもかなりの金食い虫なんで。)してなければもっとゲーム買って普通に楽しめていたと思う。何本かやりたいゲームあるしね。

土曜日と言うこともあり結構伸びたね。カオスチャイルドはノベルゲーらしく2週目に伸びてる。ノベルゲーは2週目の方が強い傾向がある。東方は未だに評価値4.95。まだ評価数伸びてるから、毎日評価値もチェックしているけど強いね。

PS4
ps41507041C.png

vita
vita1507041C.png

日足35日評価数推移150703

肩肘張らないコメント
元々はPS4のアナログ出力廃止対策だったのを忘れるくらいオーディオを聞いている日々。特に深夜に関しては機器の更新が絶大な威力を発揮。vaioでようつべ動画見ている方が、音漏れが大きいくらい。音の雑味が減るとボリューム絞っても聞こえるので。

AWA触っていたんで、最近Xperia Z3 tabletのヘッドフォン出力を使ってヘッドフォンで聞いていたら、音が・・・。半年前ならまあこんなもんか、で許容できていた気がする。でも低音の出方はヘッドフォンの方がマシ。どれだけ終わっている部屋だ、ってことだね(苦笑)

これは買わないけど、最近、執心しているガレージメーカーでヘッドフォンアンプを注文すると、確か5万、最高グレードで8万だったはず(部品のグレードは納得のレベル。ガレージじゃないと原価的に無理)。DAC持っていて、ヘッドフォンアンプ欲しい人はこれ買っとけば間違いないかと。店主が頑張っている限り、末永く面倒見てくれます。しかもアップグレードサービスまであるので、機器の買い替えしなくていい。この辺がアキュとか、ラックスマンとの違い。持ち歩けないけどね。

最近ヘッドフォンオーディオ業界もピュアオーディオ直系(?)のボッタ商法が蔓延してきている気配を感じるから。人によってはヘッドフォンアンプに8万?高級機ならありだな?という感じになってきてる。もっと高い価格の商品出てきているからね。
嗜好品だから別にそういうもんがあることは構わない。でもメディアがそんなものを過剰に持ち上げる必要も無い。こんなもんばかり持ち上げていたら、ピュアオーディオの二の舞だ。(つい最近ステレオサウンドのツイートで280万だからお買い得とか紹介していたよ・・・。俺には末期に思える。)せっかく盛り上がっているんだから、悪い方に転がって欲しくないね。

ps4
ps41507031C.png

vita
vita1507031C.png

日足35日評価数推移150702

肩肘張らないコメント
着弾記事アップしました。

スプラトゥーンやFEを見ていると、ネットで宣伝するなら、引くくらいやらないと駄目ということと、ゲハの売上への影響力はやっぱり相変わらず殆ど無いということを改めて確認できた。ゲハブログに拡大しても殆どないのでは?開発者の方もゲハなど気にせずいいゲーム作ってください。熱心なファンが獲得できるかが大事で、そうすれば、ゲハで騒がれても影響ないと思うので。
お前もゲハブログだろ?アクセス解析見ている限り、定期的に見ている方が殆どと思われるし、零細なのでそういう話ではそもそも俎上にすら上がる状況では無いと思います。ゲハ住民とゲハブログやってるけど、ゲームの中身の感想話す時はやったゲームだけ、というラインだけは割らないようにしたいと思ってます。

FEの今後はゲハ住民の評価ではなく、今回の売り方がファンに許容できてる程度にゲームがファンが満足できるか大事なんだと思う。やっていない俺には分かりません。ただスパンを短くしてこれやると、IPの寿命は思いっきり縮むだろうね。

昨日の評価数の伸びが良かったので、今日は穏やか。東方は相変わらず評価数4.95。ここ二日で全体の15パーセントくらいは新規評価層なので、それで評価値が動かないと言うことは、今評価している層も5つけている人が殆どなんだろうね。

PS4
ps41507021C.png

vita
vita1507021C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150628

任天堂携帯機(+25.0万本)と任天堂据え置き機(+0.75万本)が今年度5回目の対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 -8343本
PS携帯機 -8226本
任天堂据え置き機 +14804本
任天堂携帯機 +9661本
XBOX +566本

今週は新作の規模の違いが結果に残酷に反映される週となった。
新作を除けば、それぞれマイナス1万本以下と決して悪くないPS系統ではあるが、
規模の大きい新作を夏のボーナスシーズン(例年で見ても6月はある程度ソフトが集まる月)に用意できなかったのはやはり問題だろう。2-3月には選ぶのも困るぐらい中大作が乱舞したのにだ。この辺は発売日を自由に設定できないサード主軸のPSハードの欠点と言えるかもしれない。

PS据え置き機もついにマイナス10%を越えた。(7月はBASARAやバットマンがあるのである程度巻き返せるだろう。)PS4はPS3を本数を越えるなど、悪くは無いのだが、PS3のシュリンクが速すぎてこれを埋めることが出来ない。既にある程度のソフトが名乗りが上げているが、継続してある程度の規模のソフトを間断なく提供できるかは大きな課題だろう。

vitaはSOAとフリーダムウォーズの本数に代替するソフトが不足しているのが響いている。根本的にはPSPの最終的なシュリンクが原因ではあるが、ハードの普及とソフトの本数の伸びがうまく噛み合わない。

一方任天堂ハードはとうとう任天堂携帯機が妖怪ウォッチの減少分を帳消しにした。また任天堂据え置き機もスプラトゥーンの好調がそのまま反映している。任天堂はファーストのソフトが主体の為、IPを分散して発売できるメリットを最大限に活かしている。本来はSCEもWWS作品は同様の戦略がどれるが、SCEの作品の多くは世界展開を前提とした作品になっているため、SCEJAの裁量で決められないのが痛い。
今年度7月に出る妖怪ウォッチが本編ではないので、7月に再び大きなマイナスになる可能性は高いが、それでも一時的にプラスに出来たのは充分な成果だろう。

XBOXも新作を除くとプラスになっている(計測誤差の範囲ではあるが)

ロングテールでは、37-50位の下位順位の悪さがPUでも反映され始めている。特に12位が悪くなく、新作への反応よりも、新作の規模や2週目以降の動きの問題が注目点となる。この辺はきちんと調べないといけないのでどこかの機会でやるかもしれない。

2013年度との比較で言うといよいよ大きなマイナスとなってきた。これは7月以降も継続するだろう。2014年度の比較で言えばおそらく逆に改善傾向となるだろう。今週は対前年度でも2013年度でもマイナス10%を超えており、50位では悪い週だったと言えるだろう。

来週は今年度昨年度とも目立った新作はほぼなく、今週の新作の規模が2週目の数字として直結する。よって任天堂ハードはプラスでPSハードはマイナスとなる可能性が極めて高いだろう。
PSハードは据え置き機は昨年度よりもラインアップがよく、任天堂据え置き機もヨッシー新作であり、スプラトゥーンの好調があり同様。PS携帯機は俺屍2が昨年度あるのでやはり厳し目だ。
任天堂携帯機は妖怪ウォッチの影響を大きく受ける。本編でないこの作品がどれくらい売れるかで、マイナスの振れ幅は大きく変わるだろう。

d1506281C.png

d1506282C.png

d1506283C.png

d1506284C.png




日足35日評価数推移150701

肩肘張らないコメント
着弾記事はできているので、この後アップします。

applemusic、linemusic、AWAと定額制音楽サービスがやっと話題になっている様だけど、これだけは言っておく。現時点では空気だったmusicunlimitedの方が楽曲数で圧倒的に多かったです。hiphopやR&Bなんて呆れるほど少ない。メジャー所ですら網羅的になんてまず聞けない、と言うレベル。
邦楽に関しては、AWAはエイベックスが強いけど、MUにはあった曲も結構ある。だから楽曲数云々よりUIが一般人にとって評価の主軸になっているか良く分かる。

ソニーらしい製品やサービスという宗教みたいなお題目より、UIがサクサク動く物まず作らないと話題にすらされないという、この現実。UIにまるで無頓着かまともに実装する能力がなかったソニーOB様、どうお考えでしょうか。

そのmusicunlimitedだって、洋楽のラインアップはかなり歯抜けがあった。腹立たしいことに、歯抜けしたソフトの多くは海外版では聞けると。権利関係の問題は洋楽でもあるのよね。appleの既存のライブラリとごちゃ混ぜにして管理できるのはうまいやり方だけど、ソーシャル機能との相性はどうなんだろう。

すでに音楽はジャンルの細分化が徹底してすすんだので、人のプレイリストよりも、自分のライブラリを重視するとおもうよ。それくらい、主食とする範囲が狭くなっているし、そこに特化したプレイリストを即座に示すのはどこも出来ていない。いいね!の数や再生回数程度ではまあ話にならない。個々の楽曲の情報が根本的に足りて無いと思う。プレイリストがなぜこういう意図で選曲したか、ライナーノーツ並みの解説が欲しいと思うのは俺だけかな。書ける人もプロ以外でたくさんいると思う。そこからすぐタグで飛べて、関連作品が即座に聞けるレベルなら意味合いが全然変わってくる。

本気で音楽の出会いが欲しい人は、自分で調べるだろうし。でも調べ始めるとまだまだ歯抜けだらけ。これが日本における音楽サービスの実態です。むしろインディの音楽をどうやって取り込んでいくかの方がマニアには大事じゃないかな。海外だとインディで頑張っている本人が直接アップしている(違法ではなく公認で合法のケースも結構ある)人多いしね。メジャーからインディに落ちてもちゃんと活動続けている人が多い。

あ、洋楽に抵抗ない人はどのサービスでも月1000円なら元取れると思うので、お試しで使うといいと思う。この前紹介したahmad jamalのほかの作品とか、結構揃っているし。AWAはエイベックスの関係からか、70年代のレアグルーブの代表作とかはMUよりも充実していて助かる。アルバム単位でと結構無かったからね、MU。

今日は水曜日なのに評価数が入っている。こういうムラって結構あるけど理由はなんなんだろう。

PS4
ps41507011C.png

vita
vita1507011C.png

PS435日完走
ps41507012C.png

vita35日完走
vita1507012C.png

日足35日評価数推移150630

肩肘張らないコメント
マニア待望の新型PS4分解記事がポケットニュースに。さすがはまりんさん。やっぱりGDDR5が8枚に。8枚になるのはやかったですな。こんなにはやく8枚になるなら、本当にXB1は開発コンセプト間違えたのが痛いね。PS3はコストダウン前提のゲーム機としてはやっぱり設計的には失敗作かなあ。GPUで二転三転したのが最後まで響いた気がする。

その他のサブチップも統合され基板も小さくなった。PS3の時ほどドラスティックに部品減って無いかな。PS3世代に合理化の勉強も凄くできたんだろうね。

しかしコストダウンが進んで価格据え置きなのにやっぱり利益目標が低いのは謎だよねえ。一年目が無理していたなら分かるけど、そこまで悪くなかったし。これで年末商戦までに値下げが無かったら為替のインパクトとんでもない、ということになる。ユーロ円は2016年3月末時点で、どうなるかさっぱり分からないけど。日本?ドルベースで色々と設計されていて回っている世界としては今でも充分激安ですよ。

そういえば公募増資でソニー株がえらい動きになったけど、イメージセンサーへの空前規模の設備投資には素人としてどうしても一抹の不安が残るね。スマフォ関連以外にも用途が多くて有望なのは分かるけど、安定稼動させないととんでもないことになるからね。この辺の事情に詳しい人に質問したいですね。

35日完走では魔神少女が超初動型に。最近低価格と言っても粘るソフトは少数派になってきた。バッドマンは予約で珍しく評価数が、ただしWEBストアのみ。この辺はインファマスSSとかそうだったかなあ。評価数が入ったのは覚えているけど。予約ソフトに評価数はいるのは珍しいから載せました。東方の評価値は4.95に。4.91位まで落ちるかそうでないかが気になる所。

ps4
ps41506301C.png

vita
vita1506301C.png

ps435日日足
ps41506302C.png

vita35日日足
vita1506302C.png