QLOOKアクセス解析
HOME   »  2015年06月
Archive | 2015年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移150629

肩肘張らないコメント

週間ランキングアップしました。

今週は先週の値下げセールの影響が剥がれ落ちた関係でvitaの調子が非常に悪い。特に週間評価数ゼロのソフト増は新作が多かったのもあってかなりの量となった。評価数全体に対しては新作や準新作を除くとやや落ち込む程度に。こちらは先週が悪すぎたので当然かもしれない。
マインクラフトや無料ソフトは若干減からトントンの間で変化が無く週間台数には大きな変化は無いだろう。vitaはP4Dがあるので伸びているだろう。

新作はP4Dの初日4倍の伸びがあるが、データとしては東方の独壇場。初日から、正規価格としては非常に大きな規模であったにも関わらず、初週でも初日の3倍近くに伸びている。評価値4.96は評価値順ランキングを見れば分かるが、評価値1000越えで4.95を越えたゲームは無く、
間違いなくこのブログでは記憶と記録に残るソフトとなった。

東方ほどの評価数は無いがまずまずあるひぐらしの評価値は4.98に。P4Gは評価数リセットのあとの数字でも評価値がほとんどリセット前と変わらず。サンプルに左右されない安定さを誇る。P4Gの評価値は4.77なので評価数倍率はまずまず高くても驚きは無いかも。
東方に隠れる形となったがDEEMOも最近の評価値の動きの悪い低価格タイトルとしてはかなりの伸びとなった。評価値はまずまず。

PS4はメディアプレイヤーが超初動型に。あまり他のアプリと特性が変わらない。ブラビアプレイヤーの評価値4.25はやや微妙か。
こちらも週間評価数増0のソフトが増えているが、特筆するほど多くなくvitaほど極端ではない。旧作の評価数としてはウィッチャー3の安定さが光る。旧作和ゲーもブラッドボーン地球防衛軍辺りが頑張っている。DQHも地味に週20前後の伸びを維持し続けている。

ps4
ps41506291C.png
vita
vita1506291C.png


スポンサーサイト

VITA評価数ランキング先週比増順150628

vita150628HYC.png

VITA評価値順ランキング150628

vita150628RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150628

ps4150628HYC.png

PS4評価値順ランキング150628

ps4150628RC.png

日足35日評価数推移150628

肩肘張らないコメント
週間ランキングカウント終了。
寝違えて首が痛くて頭が働きません。
週間ランキングの掲載は明日にします。

今週はP4Dが初日の4倍、東方もほぼ3倍とvitaは初日評価数に対して週末時点の評価数が伸びた週になったかな。詳しくは明日に。

ps4
ps41506281C.png

vita
vita1506281C.png

日足35日評価数推移150627

肩肘張らないコメント

真面目な人ほど認めたがらないが、競馬を重要な構成要素の一つにファンを飽きさせない興行、としての要素がある。興行として盛り上がらなければ、馬券販売で経費と利益を出す競馬には未来は無い。それを八百長という無粋な真似をせずとも、確率論として担保するためにJRAは知恵を絞っている。JRAVANもファンサービスではなく、そもそもはJRAが必要としているから作ったのだろう。興行と言う意味でゴールドシップのような馬はJRAが手放したくない名馬中の名馬と言えるかもしれない。

試行数が増えれば増えるほど本命党が馬券ゲームの勝者になる可能性は限りなく遠のいていくが、試行数を極限まで絞れば人によっては成り立つ(もちろん運もある)。そういう方はゴールドシップが出るレースを買うのか?興味があるところ。

東方の初週は初日の3倍に達する勢い。最近だとマインクラフトやフリーダムウォーズ以来の勢いだね。評価値が未だに4.96と言うの異色。評価数倍率は低いのかもしれないけど、それでも記録と記憶に残る動きをしたソフトになりそう。

ps4
ps41506271C.png

vita
vita1506271C.png



日足35日評価数推移150626

肩肘張らないコメント
6/27土分の35日日足は公開が遅れます。6/28日22:00以降の予定です。

着弾記事アップしました。当面は25-50位のプラス週PUに注目してください。かなり嫌な傾向。和サードの皆さん勇気を出して発売を3月から6月にしておけば、いいことあったのではないでしょうか。

ブログのアクセス数が急激に増えていて、何事かとおもったら東方の初日評価数と評価値の話が2ちゃんねるやtwitterでリンクされたみたい。ゲハブログでリンクいただいた時よりも大きい数字で、東方界隈の方はたくさんいるんだなあと、驚きました。評価値も凄かったけど、評価数も定価4000円越えのソフトではトップクラスに多かったです。特に最近はvitaの無料ソフト以外の評価数はマインクラフト以外滅茶苦茶細っているので、その中でこの評価数は特に動きはいいなと。今日も767と、初週から大きい動きになりそう。

ジャスミンが発売中止。当時速報で涼元氏がシナリオならすぐにはまあ出ないだろうと書いた記憶が。クラナドの時も大変なことになったそうだし。正直あの頃から最悪発売中止もあると思っていたので、まあそうだよなあ、と。葉鍵は上辺以下の知識しかないので、間違っていたらすいません。カワタヒサシさんが単独キャラデザのゲームやりたい。

新型PS4の消費電力がかなり減っている上、基板も小さくなってるそうで。ポケットニュースのまりんさんならきっと分解までしてくれるでしょう。GDDR5の枚数減っていてもおかしくないくらいの消費電力減だけに楽しみ。

twitterで知った任天堂の騒動。このブログは色々推測はするけど、肩肘張らないコメントや雑記はともかく、分析記事は、それなりにデータをそろえた上で書いています。ただしそれでも主観が残るのは仕方ないと考えています。ゲーム業界部外者が純粋に趣味でデータを作ってみた、というスタイルを崩さずやろうかと。実際長々と書いてゲハ的なゴシップ取り上げたのは中村某氏とブラッドボーン座談会くらいのはず。

事実で無いとすると名誉毀損も甚だしいので、任天堂も何かしらのアクションを取るだろうし、事実だとすると、コンプライアンスが会社の危機管理として重要な昨今からすると、こちらの場合でも本来は対応しないと駄目でしょうね。

公式な株主総会での話しなので書いておくけど、株主総会での質問への回答がなかなかアレで。新しい情報をE3で出す(出せる)タイミングではなかった。適切な時期に発表する。と大人な回答をしておけばよかったのではとおもうのですが。

ps4
ps41506261C.png

vita
vita1506261C.png


系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150621


PS据え置き機(+0.82万本)が今年度5回目、任天堂携帯機(+6.28万本)と任天堂据え置き機(+0.99万本)が今年度4回目、XBOX(+0.03万本)が今年度3回目の対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 -18252本
PS携帯機 -6054本
任天堂据え置き機 +9982本
任天堂携帯機 +41697本
XBOX +301本


今週はPS携帯機を除く全てで対前年比プラスとなった。新作を除くとPS系統のマイナス目をつく。いずれも対前年比で10%以上のマイナス。両方ともタイトルが対前年に比べて弱く、ウィッチャー3など、4-5月発売のソフトが動いている。ただし、それを割り引いてもマイナス幅が多めで6月は厳しい状況だ。

任天堂系統はスプラトゥーンが今週もマリオカートの実績を越えており、それを差し引いてもほぼトントンと大変底堅い。任天堂携帯機はリズム天国とDBの先週の動きからするともう少しプラスであっても良かったかもしてない。それでも好調なことには変わらず、妖怪ウォッチのマイナスをうまく埋めている。問題はその昨年度にその妖怪ウォッチが出た7月以降だろう。
XBOXも301本ながらプラスとなった。こちらは昨年度9月のXBOXローンチが対前年度という意味で、絶望的なハードルとなる、

ロングテールはとうとう37位のPUが50%を割れてしまった。25-50位も芳しくなく、数週間後には12位と25-37-50でラベリングが出来ることになるかもしれない。これは初週の規模やランクイン本数よりも2週目以降が厳しいことを暗示しており、やはり全体的な市場縮小が意識される。
ただし50位の2013年度比で見ると今週もマイナス10%程度なので、昨年の7月以降のような絶望的なマイナスではない。

来週はSCE系統は昨年度のタイトルが強力でほぼ確実に昨年度マイナスとなる。
任天堂据え置き機はスプラトゥーンが前年のマリオカート程度の数字が売れる限りはプラスが続くだろう。来週もプラスの可能性が高い。任天堂携帯機も色々とネタにされたFEとは言え、一定の本数(分割で2本扱いですし)が見込めるタイトルであることには変わりなく、リズム天国がまだ3週目であることを考えてもプラスの可能性が高いだろう。

d1506211C.png

d15062212C.png

d1506213C.png

d1506214C.png

日足35日評価数推移150625

肩肘張らないコメント
今週は新作がやたら多く週間カウント用のデータベース登録もしたので疲れました。着弾記事は明日書きます。え?そんなに新作出てないだろ?って。いや、VITA、PS4を含めて20本以上登録しました。乙女ゲーそろそろ飽和だろうね。

新作だと東方はさすが。初日評価数400越えで4.97は驚異的かつ、2年以上カウント初めて初めて。調べてみたところ100台でdiva f 2nd、200台でデカ盛りカグラの4バージョンの一つ、300台でテラリアが4.9台だけど、4.95以上はないです。これぐらいの評価数だと4.8台の評価値になりやすい。価格も安くないのに凄いですわ。

PS4
ps41506251C.png

vita
vita1506251C.png

PS435日完走
ps41506252C.png

日足35日評価数推移150624

肩肘張らないコメント
着弾話は明日。イカに関しては百万出荷おめでとう。新規IPが当たることはいいことです。次のステップは日本で100万までいけるかだよね。トモコレ以来の快挙を成し遂げて欲しい。日本で新規IP売るには、ゲームの出来がよほど良くない限り、CM爆撃やミエミエのネットでの宣伝をウン億もかけてしないと駄目なのかもしれない。和サードにとってはハードル高いね。SCEJAでさえ厳しそうだ。

DEEMOは低価格ながら評価数評価値ともなかなかいい。35日完走組だとウィッチャーは3週目が非常に強い。ジワ売れしているなと分かりやすい。スペランカーも初週の評価数を見る限り、悪くなく、無料ソフトとして定番化しそう。

ps4
ps41506241C.png

vita
vita1506241C.png

ps435日完走
ps41506242C.png

vita35日完走
vita1506242C.png
続きを読む

日足35日評価数推移150623

肩肘張らないコメント
PS4にブラビアTVプレイヤーなるものが来ていたけど、torneアプリとマルチタスクできない代物なので速攻削除。この辺は難しいよね。PS4がゲーム機だから。非ゲーム側のアプリ用のメモリを強化されたPS4エリートとか出れば買っちゃうけど、そんなの売れないからね・・・。

アトリエ新作は3機種マルチ。VITAが足を引っ張っているとかそんな声が聞こえてきそうだけど、DQH2は3機種マルチですよ・・・。DQHのグラに不満覚えました?DQH2で劣化しなければだけど。ジャンルは違うけどね。
アトリエはアーランド3部作は付き合ったけど、そのあとご無沙汰だったので、今回は買いたい。アーランド3部作の頃は、フレームレートに超鈍感な俺でさえなんか不安定と思った記憶があるから。PS4ならその辺は大丈夫だろう。

和サードに言いたい。このブログは和サードに過剰な期待を要求したことはあまり無い。特にクオリティ面で。ファーストも含めれば、強いて言えばポリフォくらい(コースメーカーは発売前に予告した機能なんだから、それについて、仁義を果たすべき。これは無体な要求ではない)。でもユーザーの懐具合位は考えて発売日決めようよ。3月は通期決算だからまだしも9月は半期決算でしょ。会計詳しくないけどさ。
これで本数減らしてユーザーガーって嘆いても、最激戦区にソフト投入したあなたが馬鹿としか言えない。ユーザーの財布と時間は有限なんですよ。頭を使おう。特にゲーム場合、販売曲線を考えても、多くは3週目までが勝負なんだから。いや、ウチのゲームは素晴らしすぎて、旬を逃しても売れるんです!って自信があるならいいけど、そこまで自信あるところばかりなのやら。決算やら会社の都合を優先してユーザーの都合を無視して本数減らすならご勝手に、としかユーザー側としてはいいようがない。さすがに数ヶ月発売をズラすぐらいのゆとりあるところ多いでしょうに。

ガストにしてもよるのないくにからわずか一ヶ月後にアトリエというのもね。もっと散らせないの?と思わざるを得ない。俺の場合、よるのないくには新規IPだし、応援の気持ちもあって買おうか悩んでいた、でも一ヶ月後にアトリエでるならアトリエにしよってなっちゃうわ。これはあくまで個人的な話だけどね。両方買う人もたくさんいると思う。去年だって11-12月が結果的に年末商戦とは思えないくらい手薄となって、2-3月が地獄となった。11-12月発売のソフトはそれなりに得をしたと思うよ。

SCEJAもこれプラットフォームホルダーとしてなんとか出来ないですかね。本当もったいないよ。難しいのはよく分かるけど。つい愚痴りたくなる。

ps4
ps41506231C.png

vita
vita1506231C.png

日足35日評価数推移150622

肩肘張らないコメント
週間ランキングアップしました

メディアプレイヤーはウェブ版ストアでは見当たらず、PS4版ストアではあるので、週間ランキングでは記載アリ、35日日足では記載無しという変則なことに。実は一応データとっているんだけど、どこかのタイミングで忘れそうなので・・・。

パケソフト以外ではウェブ版と本体ストアで違いが出ることがあって、予約に関してはどちらかに稀に評価が入ることがあるけど、片方しか反映されないことがある。絶対迎撃ウォーズに関しても、体験版が6/18に配信されているのに、今日、本体の音順リストに項目が出来た。しかも体験版の評価数が本体ストアでは入っているが、ウェブ版ストアはゼロだったりする。なんかどこかの昔の競馬新聞みたいwデータ採取する側からすると面倒なんだよね。本体ストアの音順ストアでも基本的に体験版はカウントしていないので、項目作らない予定です。

週間ランキングについて、PS4に関しては先週に続いて改善傾向。新規層はきちんとなにかしらのソフト買っていそうだね。DMCも初日から評価値4.75だったしそれなりには動いているのでは。vitaと比べれば分かるけど、新作が出ればマインクラフトや無料ソフトを押しのけてトップに立てるのがPS4ストアの特徴。

一方vitaは最近見たことの無いくらい悪いと思う。無料ソフトやマインクラフトを見るとせいぜい漸減なので、本体にその影響がでることはほぼ無いと思うが、中身は酷い。何が酷いかというと、各社の値下げセールもあって、週間評価数増0のソフトは先週よりもけっこう減っている。にもかかわらず、全体の評価数は結構纏まったマイナス。先週の新作の減少分を除いてもそれなりに減ってる。結構減っているので派手な入力ミスを疑って、先週との比較を見ると、先週評価は言っていたソフトが、おおむね満遍なく減っているのよね。こういう減り方は一番頂けない。

ひぐらし強し。値下げセールもあって、評価数が伸び、熱心なファン層以外も買っていそうな状況の中でも評価値4.99維持。PSストアの評価値は切り上げなのか四捨五入なのか切り下げなのかどっちなんだろう。

ps4
ps41506221C.png

vita
vita1506221C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150621

vita150621HYC.png

VITA評価値順ランキング150621

vita150621RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150621

ps4150621HYC.png

PS4評価値順ランキング150621

ps4150621RC.png

日足35日評価数推移150621

肩肘張らないコメント
週間カウント終了図表は出来ているので、このあとアップします。

噂の新型PS4登場。値下げは無し。ただ、今期のPS4の販売目標の高さとXB1の投売りを考えると、海外では相応の販促はとられるかと。現場対応にするか値下げにするかは10-11月辺りには判明するでしょう。

内部的にはGDDR5のチップ枚数が減っているのかが最大の見所。西田さんも書いていたけど、セカンダリチップも変わってるといいね。おそらくポケットニュースのまりんさんが分解してくれるでしょうw

ps4
ps41506211C.png

vita
vita1506211C.png

日足35日評価数推移150620

肩肘張らないコメント
着弾記事アップしました。
DQHやっていて遅れました。すいません。明日にはプラチナとれそう。その後2周目やろう。

着弾記事だけど、そろそろ面倒になってきているので、これ以上は項目を増やさないでやっていく予定。この記事は全体の定点観測という意味と、ゲームマスコミが積極的に作らないけど、現実の営業活動では必ず使われ、上司から追及される、対昨年度で見た時に分かりやすい比較が出来るように、という意図で作っています。あと、単純な割り算の確率は百害あって一利無しなので(期待確率でいうと2勝10敗というこれもうアカンだろ、というレベルの成績でようやく期待確率の上限が50%を割るくらいです。少数サンプルでの確率はこの辺がね・・・。)、上限の期待確率の表示と、ゲーム業界全体では重要であろうランキング下位の本数の推移を載せています。
普通に使われるけど、なぜか作る人が少ない、というデータを紹介していければと。

最近PSの和ゲーの数字の言及きつくなっていない?と思っている方結構いると思うけど、これは自分の解釈なんで。文字欄はすくなくても15%の主観は間違いなく入っている。このままだと、これから熱烈的(ここが大事になってきそうね)な支持が得られない中小開発会社、チーム、IPは厳しくなっていくかもしれない。
あともうちょっと年齢層に特化したマーケティングも必要かもしれない。例えばまこ8が書いていた様に、忙しいけどゲームにはまだ興味を失っていない層、余裕時間がない層にどういうコアの血が通ったゲームを提案できるか。こういう制限から逆算したゲームデザインって、昔の日本のゲーム会社は得意だったけど、いまはどうだろうか。

ps4
ps41506201C.png

vita
vita1506201C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150614

今週は遅れました。すいません。

任天堂携帯機(+17.2万本)と任天堂据え置き機(+0.6万本)が今年度3回目の、対昨年度プラス。

新作を除く各プラットフォーム別対昨年比は以下の通り
PS据え置き機 -17926本
PS携帯機 -4086本
任天堂据え置き機 +10822本
任天堂携帯機 -61336本
XBOX -1297本


今週はDBZとリズム天国ザ・ベスト+の新作が爆発。先週のペルソナQのマイナスを1週で埋めた。これは大変に素晴らしいことだ。
新作を除くと-6.1万本だが、このマイナスの大半は妖怪ウォッチと2週目のペルソナQなので、6月の任天堂は相場の下支えがうまくいっている。任天堂据え置き機もスプラトゥーン3週目がマリオカートの3週目を越えると言う快挙を達成した。
新規IPとしての成功という点では、現状では任天堂最後の新規IPの大当たり、トモコレに比べると及びもつかないが、相場の下支えという点では十二分な成果だろうし、日本担当の営業サイドとしては手ごたえを感じているだろう。多額の広告費投入はそれなりに意味があったといえる。またスプラトゥーンを除いた対昨年度でもマイナス数千本で充分底堅い。昨今の状況の中では健闘しているのがPS携帯機。新作を除くとマイナス4000本であり、マイナス幅も10%以内だ。
ただし、フリーダムウォーズ+俺屍2に対応する新作予定が無く(P4ダンシングだけではおそらく弱いだろう)、営業上は売れるソフトの不足とPSPの巻き取り失敗が相場を大きく押し下げている。
PS据え置き機は新作を除いても比較的大きなマイナス。原因はハッキリしていて、ウィッチャー3やダイイングライトといった今まで日本では確立していなかったブランドネームのタイトルが非常に強い一方、その恩恵を和ゲーが受け取れていない。この状況が続くようならば、制作費が安くグラフィック競争には参加できない中小和ゲーサードには厳しい市場となってしまう。


ロングテールを見ると全地点でマイナス。特に37位は来週もマイナスになると95%信頼区間でプラス週のPUが50%を下回る。
これは限定的で単純化ではあるが、4-6月期の市場状況だと有意に昨年度より悪い事への証左になる。
一方で50位の2年前の売上の比較ではマイナスはプラスマイナス10%の範囲なので、2015年度は過度に悲観する内容ではない。
対昨年度という意味では7月以降改善されるだろうが、対2年前という意味では7月以降ではハードルは大きく増す。引き続き注目したい。

来週は任天堂据え置き機はスプラトゥーンの4週目次第。昨年度のマリオカートが2.8万本なので3万本前半もあればプラスを維持できるだろう。来週もプラスの可能性が高いだろう。PS据え置き機もデビルメイクライ4HDがあるのでプラスに浮上する可能性は比較的高い。PS携帯機は昨年度の新作が延べ1.2万本程度あるので、1.2万本程度でも、昨今の状況を考えると、マイナスの可能性の方が高いだろう。任天堂携帯機は2週目DBZとリズム天国の動きが妖怪ウォッチのマイナス分を大きく越えるだろうから、プラスは確定的。越えられないようならばあまりに初動型過ぎるといえる。

d1506141C.png

d1506142C.png

d1506143C.png

d1506144C.png

日足35日評価数推移150619

肩肘張らないコメント
着弾記事は今から資料作るので、おそらく日付は変わりますが、この記事作成後にやります。

E3見ていたら久しぶりにゲームやりたくなって、クリア後のイベントやら、配信コンテンツも放置していたDQHがあったので、まずはプラチナ目指すことに。意外とクリア後でもやることあるのね。
配信イベントでちいさなコインが量産できるアクセサリーあると知って、それなら2週目に入る前にプラチナとってしまおうと。
今やっても良くできてる。DQ本編はコマンド式にするのかアクションにするのか。どうすんだろうね。DQHの決定的な不満って個人的にはモンスターを育成できないことと、トリニティジルオールゼロにあった、クリアまで一直線の長いマップが無いこと。木が枯れた林-城-洞窟-頂上?のマップは記憶に残ってる。
DQH2ではモデリング流用でモンスターの種別増やせるし、分かりやすく深化できるかが課題になりそうね。この分かりやすさは捨てない方がいいと思う。
トロフィー見たら同時期に買っていたパルフェのトロフィー0%。これも何とかしないとね。

オーディオにケリつけて、とっととゲームもっと買いたいね。あとはアンプだけ。ここまでは頑張りたい。

メトロイド動画でf*** you連呼していた人いたけど、hiphopではこの手の連呼よくある。個人的にはBumpy KnucklesのPart Of My Lifeがフックにfワードある曲で一番好きで真っ先に浮かぶ。プレミアの曲で体の芯までスゲーと思ったのは、この曲が最後かな。Freddie Foxx のBumpy Knuckles名義でのキャラ設定ってレコード会社のセルアウト路線で陵辱されたhiphop業界に怒りをもつおっさんが怒りの化身となって一刀両断という趣旨だった記憶があるから、状況的には案外あっているかもね、

ps4
ps41506191C.png

vita
vita1506191C.png

日足35日評価数推移150618

肩肘張らないコメント
連夜の深夜E3カンファのお陰で睡眠不足で頭が働かないので着弾記事は明日にします。
すいません。

PS4
ps421506181C.png

vita
vita1506181C.png

日足35日評価数推移150617

肩肘張らないコメント
E3なので久しぶりにゲハモードに気分がなっているかも。毒成分多目。そろそろ戻らないとね。

昨日のスクエニカンファは速報スレ見ながら見ていたんだけど、サプライズが無い、という批判が多めで、どこまで貪欲なんだと思ったからつい書いた。速報スレ以外でもズコーと言っていた人いて、似たような突込み入っていたみたいね。もうパンが無ければお菓子があるものとか言ってられませんよ。そういう人が最悪の事態が重なって、あれ?と思って離島のデーモン化しても、その時にはすでに遅い。ここ数年はかなり微妙な時期になるだろうから・・・。CSゲームにこだわらなくていいじゃんとか、全ての洋ゲーを第一選択としてウェルカムできる人以外は。

スクエニ自体は相当今の状況に危機感を持っている。別に今年度-来年度はFF15もSO5もDQH2も新しいFF派生作品も有るんだから慌てなくてもいいのに、イメージアートの開発初期や2017年発売ソフトを積極的に公表しているのは、明白な意思がある。世界ではすでにスクエニのIPなら現行世代機は充分な市場がある。ということは、日本での普及台数を稼いで欲しい事情があるんだろう。事情の先は?少し考えれば、いろいろ透けて見えるね。

ニーアがプラチナゲームズ?という人結構いたけど、ニーアの時と同じくシナリオを損なわないゲームデザインが出来るならばそれでいいんじゃないかな。もともとニーアのゲーム部分が絶賛された訳でないと思うし。ニーアはプラチナ取りました。素材集めも我慢できる範囲だったし、それ以外は楽だった。あそこまで周回プレイ前提のゲーム構造してくれるとする気が起こるね。形だけの自由度とかボリューム自体には大した意味が無い。明確な目的にあって、それに手段が追随して初めて化学反応が起こる。

FF7リメイクがPS4fitst onな件について。俺は基本的にゲームの市場拡大の為にファースト以外のマルチウェルカムなので海外のXB1ユーザー向けも出した方がいいと思ってるけど(日本はFF13の数字見ても計測誤差レベルなのでどうでもいい)、日本には謎の力で99.8%出せば200万本売れる市場を放棄して「極端な」(ここが問題なんだ)低性能ハードという重力に和サードを縛り付けるメーカーあるからね。一度重力で縛られると、海外との技術競争に負けて以後どうにもならなくなるし。それへの対策としては機能するんじゃないですかね。2017年ってそのメーカーにとっては大事な季節だろうから。グラなんてゲームの本質に比べれば意味が無い!とかいう宗教信じている人(世の中はゲームとしても面白くてグラフィックも素晴らしいという作品を貪欲に作ろうとしているメーカー多いのよ。そういうゲーム相手と相対した時、普通消費者はどっち選ぶの?)は、15年前のグラのメトロイドでも買っていればいいよ。これは一ゲーマーとしての意見。数字読むときはそういうのは8.5割は切り捨てているので心配なく。(1.5割は残るかな)
ひとつの物に対して、趣味と分析を切り離すのは競馬で何年もやってるので。競馬は負け続けると趣味として許容できないくらい、お金がどんどん流出するので、この問題はゲハよりずっと切実です。

着弾。今週は任天堂の週ですな。DBもなかなかの健闘でリズム天国の本数分がまるまるマイナスの穴埋めになりそう。イカの3週目も3週目のマリオカート越え。これは、初週が絞り気味だったとはいえ十二分の成積。すばらしい。売れてるソフト見ると、本当になんで、任天堂ってゲハ脳でゲーマー層にちょっかい出しているんだろうと思うわ。E3でネタ無いのにカンファとかね。日本人と違って外国人は喜怒哀楽に容赦ないのに。明らかに市場違うじゃないの。12位-20位は昨年割れ。これは7月以降に期待しましょう。

機能搭載されたメディアプレイヤー。前からそうかもしれないけど、torneアプリ使用時はメディアプレイヤーと両立はできない(youtubeとかも)。だけど音楽を再生しておけば、torneアプリ使用中も音楽は聞ける。曲飛ばしやボリュームもPSボタンからいじれる。torneアプリを立ち上げたままで音楽BGMで流せるようになったのよね。DLNAの音楽ファイルも。これはPS3時代からの夢だったので、本当PS3時代にこんなことできればいいな、と思ったことがどんどん叶ってる。PSというプラットホームへの個人的な満足感ってそういう地味なことの積み重ねも大きい。

35日日足はGW以後の市場の落ち込みに追随している印象。エアメックアリーナは評価値悪くないけど、無料ソフトとしてはこの推移は厳しいかも。メタルスラッグは最近の低価格ソフトの動きを考えると良くはないけど、悪くも無いと思う。

PS4
ps41506171C.png

vita
vita1506171C.png


PS435日日足
ps41506172C.png

vita35日日足
vita1506172C.png

日足35日評価数推移150616

肩肘張らないコメント
追記
スクエニ神認定。ニーア新作まで用意するなんて。
ニーアみたいにマニアには一定の評価がある。でもHDゲーム機で開発するには、実績が微妙、というようなタイトルを開発してくれるだけでどれだけ有り難いことか。ニーアよりはるかに堅実な数字を見込めるタイトルがある、カプコンやコナミの惨状を見てもまだ実感できないとは。新規IPもキズナ刹那(キズナってどこの馬だよ・・・。すいません)はさすがにイメージアート2枚では分からないけどwそれでも完全新規の新規IPを作ろうという気概は買ってもいいんじゃないかな。JRPG宣言みたいな悪例あったので、気持ちは分かるけど。

毎日更新するようになって、ゲームに関係ないことを含めて殆どを日足で適当に書いてきた。
でも今回のE3は24時更新まで待てなかった。この行動がSCEカンファ見ての正直な衝動でしたよ。あっちは鳥山ディス以外は控えめに書いたので、こっちはよりきままに。

トリコとFF7リメイクはリークがあったのもあるけど、きたああとは思ったけどメーター振り切れる感じでもなかった。まだ発売まで長いからというのが大きいからかな。特にFF7リメイクはまずはFF15をやりたい、というのが大きい。トリコは是非1080Pで出して欲しい。ジャギなしで是非。もちろん両方とも発売日購入で。
FF7といえばクラウドが壊れたところとか、今のクオリティでつくったらどういう劇になるんだろう、とか思った。あのシーンは今じゃあああいう展開には多分しなかっただろうと思う。

ホライゾンは日本でも想像以上に評判になってるね。SCEJAは全力で発売日をいい雰囲気で迎えて欲しい。

これは書いたけど今年のE3で一番すっきりしたのはSCEファーストがPS4で何がやりたいかが見えてきたことだね。フレームレートが安定する、AAがちゃんと掛かる、複雑な光源処理が出来る、1080Pで動く。しかも綺麗なグラで。というのが第一世代。第二世代はトリコやアンチャ4を見ての通り、いよいよ物理演算がゲーム自体に影響が出てくるかもしれないと思った。これはPS3時代からの宿題だった。トリコの木でできた桟橋がペコペコする不安定さとか、アンチャの銃撃戦で隠れている木箱が銃撃でどんどん壊れていく、カーチェイスで山ほどのオブジェクトが破壊されるこういうのがゲームの迫力や体験にどれだけ影響するのか凄いワクワクした。逃げ惑う大衆の動きとかも細かいし。物理演算とAIがこれからのSCEファーストの見所なんだろうな、と。
MMの新作はもう少し情報が欲しいね。単なるツクールなのか、ゲーム性が内包されているのか。

まだまだSCEファーストは開発中と思われるチームが残っている。PS3時代の苦労の成果はやっぱり大きい。

GTいっている人多かったけど、もう書きつかれたけど山内氏に納期を期待しすぎ。ポリフォとはツチノコと出会うくらいの気持ちで付き合うのが一番。コースメーカーさえGT6でくれば、個人的には2017年発売でも許容は出来ます。てめえのことなんてどうでもいい?その通りです。すいません。
PS4に変わるし、4年くらい待った方がクオリティとしては多分いい。3年で仕上げたGT6の発売時ネトゲ並みの未完成ぶりを見るとせかさない方がいいと思う。

今日を持ってSCEファーストはPS4で一区切りをつけた感じがしたけど、PS4本体にもメディアプレイヤー機能が実装され、サスペンドと併せてこちらも一区切り。さすがにどれもサクサク。メディアの対応状況は動画は概ねPS3並みか若干上。音楽は劣化という感じ。
FLAC未対応は半年前ならうげえええだったけど、オーディオ再開してから、全部CDで聞くという化石みたいな生活に戻ったからどうでもよくなったw
あとリモートプレイでもメディアプレイアー使えるので、vitaの使い勝手が地味に良くなった。xperia Z3 tabletでもつかえるかもしれないけど、まだ試していない。

DTCP-IP未対応だけど、もうnasne買ってください。この前のアプデで画質も良くなったし、一度買ったら、DLNAの糞UIで番組探す、なんてする気失せますから。自宅のブラビアも完全にモニター状態。

なんと5ヶ月以上先のスターウォーズの事前予約開始。これはSCEJA、Destiny並みの全力プッシュきそう。

ps4
ps41506161C.png

vita
vita1506161C.png

E3

MSとSCEのカンファだけを見た。

新作の大半が2016年に集中。来年は凄いことになりそう。同時に本来は2015年に予定していたものがペンディングしているのかな、とも感じた。あの海外勢ですら今世代機でのプロジェクト管理に苦労してそう。今世代機リードが当たり前となった今が産みの苦しみなんだろうね。

ここ2年でMSが失ったものの大きさを見た感じ。広告独占権もあるかもしれないけど、本質は、ワールドワイドでお披露目したいならやっぱり満遍なく普及している、PSでやりたいというのがあるんだろう。海外サードは北米だけで商売している訳ではない。

MSカンファは幅広いジャンルを見せるという、ここ数年のSCEカンファの後追い。が、インディが多く地味かもしれない。去年怒涛のようにあったゲーム内プレイ動画、プレイアブルも激減し間延びしていた。互換は発売時に出来ていれば違ったはず。XB1が299ドルならば360に留まっているユーザーへ喚起もできたが、まだ349ドルなので、いまだ360を使い続ける低価格志向のユーザーは巻き取れないだろう。あとwindows10連呼を見ても、すでにMSはwindowsのゲーム部門になりつつあるのかもしれない。

SCEカンファは珍しく日本人にも満足できる内容に。ここ10年で一番の出来かもしれない。中身の大作から奇ゲーまで幅広い。岩田任天堂が間接的に招いた、日本のCSゲーム業界の失われた10年を実感する。そう、10年前は、和ゲーの発表でもこれぐらい、オーディエンスの大歓声が普通に合ったのだ。宮本氏だってそうだ。

FF7リメイクはスクエニの不退転の決意を感じた。多額の開発費を投入するHDゲーム。今のFFの傷んだブランドで北瀬チームに新作を作らせるよりも、FF7をリメイクした方がリスク回避にも、ブランド建て直しにも有効と判断したのだろう。そしてそれは正しい。日本でさえFF15体験版をつけた零式が大して売れなかった。FF13三部作の失速の影響が凄まじく、すでに特別なブランドではなくなりつつある。FF13-1時代の数字を取り戻すにはFF7のリメイクしかないだろう。まずはFF15についで、莫大な資金のFFというブランドに継続して投資したスクエニを賞賛すべきだ。鳥山に二度とFFを関わらせるな。13-2マルチエンドでハッピーエンドを一つも作らないエンタメ精神ゼロの男に。ゲームは芸術である前に娯楽作品だ。特に大作は。

SCEのゲームも第二世代に。まだポリフォとQuantic Dreamとサンタモニカが残っている。恐ろしい。トリコがついに来年発売予定に。アンチャもそうだが、グラよりもPS4世代のSCEゲームは物理演算で物が壊れる、それがプレイ体験に影響をする、というのを突き詰めているのかな、という印象。PS3のデモで多用された物理演算によるゲームデザインの革新。クタのビジョンはやはり10年進んでいる。それが功を奏すようならば、またゲームの作り方が変わるかもしれない。ゲームデザイナーの腕の差もよりハッキリ出そう。WWS関連だとDAZEのPS4化の噂が現実に出てこなかったのが残念かな。

何気なくPS4のメディアプレーヤー機能も発表。PSユーザーである限りFLACは使ってはいけない規格のようだねorzハードディスク増量版PS4の噂はどうなったのだろうか。

モーフィアスのデモを長々としなかったのは本当にGJ。同時にどうやってVRを宣伝していくのか?という問題も感じた。その点MSのマインクラフトのARデモはインパクトがあった。でもあれ、いろいろと突っ込みどころ満載な気もする。

シェンムー3がKickstarterに。5億集めた五十嵐もそうだが、今の和ゲーの規模を考えるならば、Kickstarterをつかった法務などを含むベンチャー的な支援をSCEJAがもっと積極的に行ってもいいのではないか。日本の顧客相手ならPS4/PCマルチの組み合わせは最適だし。

稲船さんがMSで独占作。日本人がHDゲームに関われているというだけで素晴らしい。XBOXで是非成功して欲しい。

せっかくリリース年なのに小島監督がいないE3。今世代機が発売して2年目のE3なのにバイオの新作を発表できないカプコン。この二社にはこれ以上なにもいうまい。

今年は無理やり時間を作ってリアルタイムで見れてよかった。

日足35日評価数推移150615

肩肘張らないコメント
週間ランキングアップしました。

そういえばこれ紹介忘れてた。



たぶん先週紹介したビジョンGTイベントを取材した別の動画だけど、情け容赦ない記者の質問凄いね。日本の馴れ合いゲームマスコミでは無理でしょうな。
現状の山内氏の予定ではこうなっている、というのはかなりはっきり確認できると思う。予定は未定なんだけどw
ファミ通のインタビューよりずっと分かりやすく素晴らしい。

コースメーカーがまだ息していて良かった。GT6は結局スペック2をだせず、コースメーカーと一部の新車を除いて開発終了みたいだね。当然だけど。今年中には出して欲しいね。コースメーカー。
GTで一番槍玉に上がるエンジン音も5年越しに開発しているけど、大法螺が多い山内発言にして、かなり微妙な言い回し。今の段階ではあんまり期待できないかも・・・。これはGT7発売前後に実機で確認するしかないかも。

週間ランキング
PS4の方は週間評価数ゼロがほぼトントンながら、個別ソフトの入りは悪くない。時間のたった洋ゲーの定番旧作の動きが良く、比較的直近のタイトルでは濃淡が出ている。一方無料ソフトやマインクラフトは落としていて、ハード週販だと後者の影響の方が出るかもしれない。東方のPS4第一弾は評価数的には成功。評価値も4.75なので、熱心なファン以外でも買っている可能性がある。

vitaの方も週間評価数ゼロのソフトはやや減少したが、マインクラフトも含めて、どれも満遍なく若干減っている状況。聖剣伝説は3週目で週間評価数が先週の数字を維持して踏みとどまった。無料ソフトはハイスクールD&Dやミリオンアーサーは最近ではかなり少ない評価数に。
英雄伝説の新作やP4ダンシングの予約が始まった影響か、関連する旧作に若干評価が入っている。評価値だとひぐらしが評価数150を突破して4.99を維持している。これはねぷねぷをこえる団結力。もちろんゲームの中身がいいかもしれないが4.99はそれだけでない、何かが無いと無理かもしれない。それ以外だとGWに値下げセールをしたとはいえデジモンの安定さが光る。

ps4
ps41506151C.png

vita
vita1506151C.png

ps435日完走
ps41506152C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150614

vita150614HYC.png

VITA評価値順ランキング150614

vita150614RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150614

ps4150614HYC.png

PS4評価値順ランキング150614

ps4150614RC.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。