QLOOKアクセス解析
HOME   »  2015年05月
Archive | 2015年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VITA評価数ランキング先週比増順150510

vita150510HYC.png

VITA評価値順ランキング150510

vita150510RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150510

ps4150510HYC.png

PS4評価値順ランキング150510

ps4150510RC.png

日足35日評価数推移150511

肩肘張らないコメント
Xperia Z3 tablet compact買ったとき、円安だから次のモデルは多分値上げだろうと書いたら、どうやら現行機種も値上げするらしい。買ってよかった。ポイントをうまく消化できる自信があるならひかりTVショッピングおすすめ。セールの時買えば破格です。

PS4ももしドルベースで値下げあってもしんどいかもね。

バンナムの売上が任天堂を越えたらしい。利益もそうだけど、現在だと、以前ほどプラットフォームホルダー=爆儲けという訳でもないし、時代を感じるね。まあMSもSCEもハード安すぎだしね。任天堂はユーザー層と彼らの技術力では200ドル以下じゃないと駄目というのもWiiUでハッキリした感がある。プラットフォームの普及コストはやっぱり馬鹿にならない。プラットフォームホルダーを越える売上規模のサードとなると、やっぱり交渉力が違ってくるだろうし、選択肢の一つという態度も取れる。そういう彼らを説得していかないといけない(彼らにソリューションを含めて実利を提供する)訳で、大変。

ゲーマーとしては色々言いたい所が多いバンナムだけど、コンテンツでシナジーを出す、という出来そうでなかなか出来ないことをきちん(口悪く言えばえげつなく)とやったのは経営的には評価できる。ただし、娯楽業界は嗜好品なので、手法がいつまで有効に続くかは分からない。だから、数年後この記事が、こんな時期もあったねw、ということになっていても驚かない。経営陣がコンサバになるのも分かる。どの会社も任天堂の様に金の城を築いている訳ではない。

今のバンナムに個人的に言いたいことですか?売れないかもしれないけどなんとかプロジェクトカーズローカライズしてください!かな。

ps4
ps41505111C.png

vita
vita1505111C.png

日足35日評価数推移150510

肩肘張らないコメント
今日は早めに週間カウント終わったので。この時間に日足を。週間ランキングはいつもどおり月曜夜か火曜日に。

昨日の任天堂の話でちょっと語気が強くなったのは、このブログでも2014年2月からずーっといっているが、2015年度は大変だよと。こんなの任天堂社内の偉い人だって分かっているはずなんだ。遅くても2013年から。素人でも容易に想像付くんだから。にもかかわらず、それをどうにかする材料がないからなんだよね。俺は現時点の任天堂ハードへの過剰な思いいれはないから、経営面への関心が中心なので、そこにほぼ回答が無く、中期で任天堂らしい利益水準うんぬんって。例によって営業利益1000億うんぬん。はあ。こう思ったアナリストは多かったと思うんだけどね。一時期のソニーの決算と同じで。
足元見ないと。あ、これも2014年2月と書いていること一緒だ(苦笑)
三つ子の魂百までかな。俺も人のこと言えないけど、5000人の社員の未来に責任は負っていないからなあ。

まあそれだけ現金持っていて余裕なんだろうね。まだまだ。技術と試行錯誤の為の時間はなかなか金では買えないし、成果を上げているところ買うとかなり高いんだけどね・・・。

今回の質問の回答見ると岩田社長が今後の任天堂に与えたネガティブインパクトの筆頭はオンラインプラットフォームを構築する人材への投資を怠ったことじゃないかな、と改めて思った。これは後出しジャンケンじゃなくて、やっぱりまずいでしょう。あと社員を増やし続けたこと。

青い鳥を一般人へ求めたことは立場によって解答が違うと思う。それを否定的に捉えた場合、開発本体、意思決定の主な拠点の日本の任天堂がMSやSCEや海外のスタジオ相手にガチでやっていけるだけの技術力を養成できたか、という話になるからね。そこをどう評価するか。任天堂本体より和サードへの影響の方がすごくあったと思うけど。

*****

週間カウントの方は、GWの数字が一部は言っているのと、GW分の動きが遅れて反映されているだろうから、規模としては殆ど先週と変わらない。もしくは微減。なのでこれがそのまま今週の勢いかといわれると微妙なところ。
PS4はブラッドボーンが先週とほぼ変わらず、など、新規ユーザーが動いた形跡があるね。評価数の入り方も非常に活発。ねぷねぷ、ディスガイアともに評価値が4.75になった。やっぱり5.00は大変みたいだね。

vitaは値下げセールで動いたソフトがボチボチ。先行チケットの聖剣伝説はDLC扱いとしてランキングにはくわえない予定。カウントはしたけど。こちらは値下げセールに反応したタイトルがボチボチ。あと乙女ゲーが着実に評価数伸ばしながらも、評価値が5.00固定と、なかなか面白いかもしれない。

ps4
ps41505101C.png
vita
vita1505101C.png

日足35日評価数推移150509

肩肘張らないコメント
去年の任天堂Q1決算記事で破滅的な展開もありえると、書いたけど、ご存知の通り、それは大はずれ。でも進捗に対して目標が明らかに過大であるという指摘はさすがに当たった。あれだけ悪かったら当たらないはずないからね。(それすら指摘できないアナリストって・・・ゲハ以下。)WiiUの堅調さも含めてね。

で、今期。E3でQOLもNXもスマフォがらみの話無しって・・・。E3で発表し無いということは任天堂の売上の7割を占める海外市場で2015年度中に間に合わない。というのに等しい。新規事業だから仕込が必要だからね。

じゃあ、5700億の売上どーすんの?と思わざるを得ない。ご存知の通り任天堂のCSゲーム機に関しては昨年割れを予想している。New3DSによる製品ミックスの向上や、DL市場の伸びを考慮しても、最低でも300-500億はこの部門以外から稼がないといけない。スマフォのヒットアプリで一本200-300億規模らしいけど、最初の仕込みの5本でいきなり当てるつもりなのだろうか・・・。任天堂だけいきなり新規参入でイチロー並の高打率だせるのだろうか・・・。TV見れば分かるとおり、スマフォ界隈はどこも往年の任天堂並にTVCMジャックしてるからねえ。この方面に関しては、任天堂のTVCM爆撃は特別、というわけでも無いと思う。

この疑問に突っ込めないIR説明会、またはアナリストっていったいなんなんだろうね・・・。ソニーはゲーム部門のコンサバ過ぎる予想(値下げ前提ならありえるけど)にアナリストが喰いついていたよ。

ソニーは吉田CFO以後立場によっては評価が異なるが、ともあれ変ろうとしている。どんぶり勘定の決算見通しについては特に。任天堂はいつ変わるのだろうか。

これは多くの人が抱くだろう素朴な疑問なので、任天堂は答えるべきだろう。察してくださいというなら、それでもいいけど。

vita
vita1505091C.png
PS4
ps41505091C.png

日足35日評価数推移150508

肩肘張らないコメント
5/9分の35日日足は5/10 22:00にアップ予定です。

着弾記事終了。強いGWでしたな。ロングテール50位でプラスは非常に底堅い。新作以外の任天堂携帯機が大きく落としている中でね。

任天堂SCE両方とも据え置きの方が今年は底堅い。ここ数年の日本のCSゲームを支えてきたのは携帯ゲーム機だったけど、これが変わるとなると大変かもしれない。
ただしPS系統はPSPの撒き取りに失敗しているのが大きいから、その影響さえ少なくなれば、落ち着く可能性があるね。その場合市場は前年比で縮むかもしれないのが痛い。任天堂携帯機はとりあえずMHコンテンツ(250万本出荷予定)3DSに出してくれるようでよかったね。無かったら大事だった。

PS4
ps41505081C.png

vita
vita1505081C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150503

今週はPS据え置き機(+0.5万本)が3回目、任天堂携帯機(+4万本)、任天堂据え置き機(+16.2万本)が1回目の今年度プラス。

今週は何と言っても任天堂据え置き機の大幅プラス。DQ10オンラインが頑張った。ゼノもハードが売れているところを見ると本体牽引効果も一定程度あったようだ。それで8万本というのはWiiUの現在のユーザー層を想像させるのに充分かもしれない。任天据え置き機にとって不幸なのは、すでに機種別一覧でWiiの集計を除外していることで、Wii版のDQ10オンラインの数字が総数に反映されないことだ。
WiiUは低位安定ながら底堅い。当面はトータルプラスだが、マリオカートの代替になるものが無く、そこでマイナスになるだろう。やはり今年度はソフトが弱い。
深刻なのは任天堂携帯機。パズドラマリオ発売週で昨年度比+4万本。新作効果を除くと2-3割のマイナスという傾向に変わりが無い。今年度トータルでもプラスに浮上できなかった。カプコンがMH関連で250万本の出荷を予定していることが明らかになったので昨年のMH分が丸々なくなる心配はなくなったが、ソフトラインナップ次第では昨年度比2-3割減のマイナスの恐れは現時点ではまだ消えない。妖怪ウォッチは未知数だが、バンナムはグッズの売り上げ目標をかなり落としており、去年ほどのフィーバーはないかもしれない。

PS据え置き機はわずかにプラス。先週は新作が無いので底堅い。

PS携帯機は昨年度のSAOの2週目に勝てずマイナス。SAOを差し引いてもマイナスで、はっきり状況がよくないかもしれない。

ロングテールでは12位が5週連続のプラス。50位も2度目のプラスと今年のGW商戦は非常に強いといっていい。というのも普段GWで強い任天堂携帯機のソフトが新作以外で2-3割減という状況の中だからだ。今年のGWはPS系統が核になるソフトはなかったものの、着実に売れたといっていいかもしれない。

来週は任天堂据え置き機は新作が2週目である程度動くだろうからかなりの確率でプラスだろう。任天堂携帯機はパズドラマリオの2週目がある物の、妖怪ウォッチ+マリオゴルフ2週目の8.7万本が立ちはだかり、マイナスの可能性の方が高い。PS系統は新作が無いのは昨年度も一緒で自力が良く分かる週に。昨今の状況を考えると、PS据え置き機は底堅い傾向から見ても大きく落とさないだろうが、PS携帯機はプラスは厳しいかもしれない。

d15050321C.png

d1505032C.png

d1505033C.png

日足35日評価数推移150507

肩肘張らないコメント
今週の新作はおとなしい週。GW明けということで評価数の伸びもさすがに低調。
PS4のインディーゲーム最近評価値がしょっぱいの出てきてるね。初日2.25はOne Upon Lightと同じで初日最低タイ。正直PS+への登場率高いから、基本的に待ちになるよね。

ps4
ps41505071C.png

vita
vita1505071C.png

日足35日評価数推移150506

肩肘張らないコメント
腰痛で頭働かないので箇条書き。もともとこのブログは1Qと3Qでちゃんと書いて、2Qと4Qは軽くという感じだけどね。

任天堂決算だね。祝営業黒字化。2014年度は平穏だろうというのはずっと前に書いてる。1Qの超絶悪い数字の中で、コストを抑えたのは頑張った。WiiUの前年度引き当ては大きかったね。

問題は今年。気になった点がいくつか。

3DSの販売目標大丈夫?日本市場は明白なピークアウト。2割減とすると、日本市場だけでハードマイナス60万台。北米欧州でマイナス40万台でとどめることが出来るか?
ソフトも国内2割減とすると、北米欧州でマイナス200万本ということになる。
コレぐらいで済むなら事実上の携帯ゲーム機底打ち宣言で、かなり強いということになるけど。

スマブラ、ポケモンの変わりになるタイトルがあるか。ポケモンはでてもおかしくないけど、スマブラとマリオってどっちの方が、今元気なんだろうね。

売り上げ目標を2014年度から高くしてますな。既存ハードは減収前提なので、少なくても300-500億を既存部門以外から売上を立てないといけない。営業費用は合理化できるけど、売上を伸ばすのは無理だからね。QOLかテーマパーク事業か新興国ハードか、NXか、スマフォとの提携どれかまたは複数でそれぐらいの成果を出さないといけない。結構ハードルが高いね。2015年度中に何かがあるのは間違いないけど、岩田社長が語らない以上、現状リスクは高いと思う。2014年度で話したこと、すべて言うだけ番長状態だからね。

2015年度のWiiUのハード原価がどうなるかはアナリストの方が聞いて欲しい所。

あともう一個。祝従業員数減!あれだけ売上へって従業員増やし続けた放漫経営からやっと抜け出す一歩ですね。個人的には今年の決算最大のハイライトはこれ。コレで済むかどうか。


それに絡んで、今後の任天堂についてだけどテーマパーク事業の提携は、ニンテンドーランドつくればいいのに、と速報で何度か書いてた側からすると、そうなるよねえと。速報で噛み付かれた記憶があるけど。自前でランドはリスク高いからしょうがない。ノウハウを吸収できるといいね。版権活用に関しては、もっと投資したほうが言いと思うだけどね。人材も外部から引き抜いてね。

ゲハにいる、任天堂ハード好きなのにコアゲーム大好きという人はもはや絶滅危惧種。今の任天堂の顧客層はグラフィックなんて全く気にしていない層、というのはWiiUみれば明らか。そしてPS4もXB1もゲーム機本体を安く(199ドル以下)売ることはコスト構造上できない。だから性能は低いけど低価格ハードというカテゴリーが成立するか、こうした顧客層を繋ぎとめることができるか、というのが大事。ここをどう評価するかですね。皆様はどうお考えでしょうか。

個人的には今後の任天堂に必要なのはコアゲーマー層からのはっきりとした決別(というか能力的にすでに彼らの需要に対応できないのは明らか)。IP独占権とかそういうカビの生えた旧世代的な発想(日本だけで商売するならともかくね)ではなく、低年齢層の子供に圧倒的に強い、ハード性能が要らないというPS4やXB1とバッティングが少なく、ある意味で恵まれた面のある顧客層のつなぎ止めと豊富なキャラクターIPをどうシナジー出していくか、というのが大事。その青写真が大事。

ゲハで話題になっているようでは任天堂の未来は明るくないのかもしれない。ファミコン世代でゲハ戦争花盛りの頃の第一線だった岩田社長にはすこし酷かもしれないけど。新しいユーザー層の開拓という聞き触りのよい言葉で逃げるな。必要なのは今の顧客層をどう自社の戦略で再定義して、ゲーム以外の自社の経営資源を総動員して相乗効果を引き出して儲けて行くか、という具体的な戦略ではないだろうか。株主が聞きたいのもそれだろう。QOL、NX、スマフォ提携、版権活用・・・色々と動いているのは理解できるが、手綱を掴んで、自社の戦略の元できちんとそれぞれを機能させるのが、経営陣の役目だが、その点で今の任天堂は未だに五里霧中だ。

35日完走組だと地球防衛軍は結構頑張っているね。最近は和ゲーも徐々に評価数がジワジワ伸びるタイトル出てきている。

ps4
ps41505061C.png

vita
vita1505061C.png

ps435日完走
ps41505062C.png

vita35日完走
vita1505062C.png

日足35日評価数推移150505

肩肘張らないコメント
腰痛の為コメント休止中。ソファに深く腰掛けられない、仰向けになると痛いというのは何かと不便ね。ぎっくり腰の時の方が酷かったからまだいいけど。ぎっくり腰って名前のイメージと症状の激しさがあまりに一致していない気がする。

ps4
ps41505051C.png

vita
vita1505051C.png

PS435日完走
ps41505052C.png

vita35日完走
vita1505052C.png

日足35日評価数推移150504

肩肘張らないコメント
オーディオ機器を移動したときに腰を痛めてしまって、面倒なことに。
明日には直ってるといいけど。

ps4
ps41505041C.png

vita
vita1505041C.png

vita35日完走
vita1505042C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150503

vita150503HYC.png

VITA評価値順ランキング150503

vita150503RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150503

PS4150503HYC.png

PS4評価値順ランキング150503

ps4150503RC.png

日足35日評価数推移150503

肩肘張らないコメント
週間カウント終了。週間ランキングも出来ているので、この記事アップ後に作業します。

今週はGWということもあって、社会人が纏まって休みが取れる時に動きが良くなるPS4の方がいい感じ。vitaも悪くない。マインクラフトが両機種ともに大きく増えているので、ハードも伸びているといいね。

ディスガイアとねぷねぷの評価値5.00維持はいつまでつづくんだろうか。あとブラッドボーンが評価数増加1位からとうとう脱落。でもフルプライスソフトとしては異例なほど長く続いたね。

vita
vita1505031C.png

PS4
ps41505031C.png

日足35日評価数推移150502

肩肘張らないコメント
ダラダラと続けるけど毎日続ける安定性ゼロの俺にしては異例の毎日更新がとうとう半年に。手抜きしているからってのはあるけど。11月以降、いい年して厨房そのままに言いたい放題書く様になったけど、寛大な心で読んでくださっている方に感謝します。あと半年頑張れたらブログタイトル名変えるぞw

forzaシリーズのサウンドデザイナーがポリフォに移籍とかなんとか。はっきり言ってしまうけど、ライオンの咆哮が混じっていたとしてもGT6の掃除機エンジン音が無くなればそれでいいよ。もう。ポリフォのブログによるエンジン音の記事だとそもそも、ちゃんとした環境で録音した車種が少ないことが根本的な問題に思えたから、取材自体がムラがある訳で。PS2時代の車種を使いまわしているんだから、これは時代を考えるとしょうがないかもしれないけどね。
他のレースゲーム=2013年以前のF1エンジン、GT6=2014年のF1エンジンくらいの違いがある。(一部車種除く)忠実さを置いておけば、どっちの方が普通の人に人気かはいうまでもないでしょう。GT7ではPS4でメモリが潤沢にあるから音にもきちんと使って欲しいね。

ps4
ps41505021C.png

vita
vita1505021C.png



日足35日評価数推移150501

肩肘張らないコメント
着弾記事アップしました。
PS4は頑張っている。今年度に関してはPS3のシュリンク分をきっちり埋めてプラスにしてる。ただし6-7月のラインアップは去年より数字という面では弱くなりそう。去年の大幅減さえなければ、大歓迎なんだけどね。

最近配信トラブルが多い。特にプライスタグ間違い2週連続って何やっているんだか。ゲームの初週、さらに初日は重要な意味を持つ。この日だけは絶対にトラブルを起こしてはいけない。サードパーティとしても内心はかなりイラついているんじゃないかな。SCE発売ソフトならともかく。この辺はプラットフォームホルダーとしての最低限の義務だろう。

HMZシリーズ開発終了のお知らせ。T3買ったとき、毎年新製品でるんだろ?FHD待ちって言っている人いたけど、ニッチな製品で金型新しく起こしただろうくらいに頑張った製品がこうやってスルーされるのは悲しいよね。金型起こしたんだから、そんなにすぐにパネル変わるわけねーだろ。2年は使うだろうと思うよね。FHDパネル搭載の場合また再設計で金型起こすんだぞ。多分。で、終わってから惜しいねえって。察してあげればいいのに。

旧機種持っている人は別ね。ただT3になっても装着性やレンズの迷光改善を気にならないレベルでできなかったのはやっぱり技術陣の落ち度だったと思う。特に前者はね。その点モーフィアスはそこを真っ先にやってるようだ。結局開発の優先順位の問題なのよ。ソニーのエレキの最大の問題点はプロダクトリーダーが本当にユーザーの望むものを理解できているか、ということだね。以前よりマシにはなってるとは思うけど。SCEはかなり分かってる。

待ちの姿勢、ってのは毎年新製品、というのはAV機器メーカーのやってる型番商法の影響も大きいだろうから、まあユーザーだけのせいではない。もうユーザーも5万以上出すなら頻繁に買い替えしたくないって流れになってる。買い替え無しに陳腐化をどう防ぐかってのは重いよね。そんな面倒なもんやめちまえって流れになるのは向こう側の論理としてはありえる。
以前、これからのソニーエレキは製品開発でシビアになる、見たいな事書いたけど、HMZシリーズはそのさきがけになるんだろうね。ただハイエンドやるなら、サポート体制もっとしっかりしないと駄目。補修部品とかの保持期間が短すぎる。

ps4
ps41505011C.png

vita
vita1505011C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150426

今週はPS据え置き機が今年度2回目のプラス(+6.9万本)

PS据え置き機は纏まったプラスだが、新作の影響を除くとほぼトントン。ただしそれでもPS3のシュリンク分をPS4が埋められている形でもあり、旧機種の巻き取りに苦労している昨今の状況を考えれば悪くない。ただし昨年度は大幅なマイナスで今年度は大きなプラスを期待したいところではある、
PS携帯機は昨年度にSAOがあるのでしょうがないといえ、新作の影響を除外しても1万本中盤くらいのマイナス。はっきりいえるのはPSPの減少分を巻き取れていない。一方旧機種の影響が無くなったWiiUは新作を除けばトントン。ただし今年度のWiiUはラインナップに乏しい。特に昨年度6月のマリオカートに代わるソフトが無い。よってゼノに頼るしかない。露骨なハードル上げではなくあくまで昨年度の数字を維持するにはということだ。
任天堂携帯機はブレイブリーセカンドだけでは昨年度からのソフトのマイナスを生めることが出来ずマイナス。任天堂携帯機は新作以外では2-3割のマイナスがほぼ一定しており、はっきりとしたシュリンク局面になる。解決策はミリオン売れる作品を昨年度より出すしかないが・・・

ロングテールは3/26発売ソフトの影響が薄くなり、25-50位が纏まったマイナスに。新作には反応しているが、新作が切れると昨年度の数字を維持できない。ただし来週の25位はチャンスかもしれない。とにかく7月までは辛抱。7月以降も厳しいようだと心配だ。

来週は任天堂携帯機と任天堂据え置き機は大幅プラス確定週だろう。昨年度の任天堂携帯機は妖怪ウォッチが6万本も売れている週でもあり、パズドラマリオ以外の定番作がどれくらい売れるかも注目だ。PS据え置き機も先週発売ソフトのラインナップが2週目であることを考えると、チャンス大。PS携帯機はSAOの2週目が3万本と分厚く、楽ではないだろう。

d1504261C.png

d1504262C.png

d1504263C.png



日足35日評価数推移150430

肩肘張らないコメント
オーディオの話・・・。このブログではそれどころじゃないね。ソニー決算だ。

どんどんと情報が開示されて、そろそろ俺みたいな素人だと頑張らないと分からなくなってきた。セクター別の為替感応度も公表してたね。

ゲーム部門も頑張ったなと思ったのは、アナリストの質問がゲームで数年後にどれだけ儲かるのか?のを本気で推し量ろうとしていることだね。数年前ではありえない話だった。どうもソニー上層部も読みきれてなさそう。

ただし来年の収益予想はまたしても超コンサバ。為替の問題があるにしても、ざっと計算しても収益の伸びは殆ど無い感じとなる。これは3年目になる好調なゲームプラットフォームとしてはかなりの違和感。モーフィアスも2016年3月にでているか何ともいえないし。多分出ていないだろう。

あと去年の質問でネットワーク絡みの投資は一息といっていたけど、今回は再び強化に。なんかちぐはぐだね。正直TVサービスもクラウドサービスもそこまで急激に流行るとは思えないんだけど。

という訳で、コンサバ過ぎてアナリストも違和感ありありで、二人が質問。PS3の減収と為替だそうだけど、PS3のハードコストの削減はPS2ほどは進んでいないだろうし、シュリンクはすでに2014年度からかなり過激にすすんでいる。しわ寄せが今年だけ一気に来るというのはちょっとね。

個人的には値下げ考えていそうだなと思った。すでにアーリーアダプターへの普及が一段落した中でPS4の出荷台数が去年より上方修正されているしね。中国市場だけでそこまで伸びないでしょう。

仮に値下げになったとき日本市場の価格は興味深い。ご存知の通りドルベースでの日本価格は激安だ。今の為替レートを当てはめれば値下げ分は大幅に圧縮されるだろう。
それでもシェアを取りに行く価値があるかと判断されるか、それとも経営の健全性を重視されるかで、SCEJAのSCEにおける立場が分かりそうだ。

あとvitaが地味に未達。日本はある意味予定調和な感じだったので、やっぱり世界でどうにもならないんだろうね。20万台だからPS4が好調なSCEとしては誤差なんだろうけど。

最後の質問のシティ証券の人。最悪だったねえ。突然独演会始めて。回りくどいこと散々言ってたけど、あんなの、俺みたいにブログのチラシの裏にでも書いておけばいいと思う。

為替に振り回されて、実力があるのかも不明なTVやモバイルなんて切り捨てるべきだがどう思うか。

文章が無駄に長い俺でもこれだけ圧縮できたぞw面と向かっていいづらいから役人みたいに無駄に長々と話して貴重な質問時間を思いっきり消費してくれた。

就職先間違えたね。役人になるべきだったと思う。あの会見でこんなこと言質が取れると思ったのだろうか。思っていたとしたら度し難い。

何度も書いてるけど吉田CFO以降の決算ライブは率直でヒントが多いので、要約記事でなくちゃんと聞いた方がいいと思う。

新作だと冴えない彼女の育て方の初日評価値がギャルゲーとしては低い。こういう場合は固定ファン以外にも売れているか、ゲーム自体不満があるかどっちかのことが多い。どっちだろうね。

ps4
ps41504301C.png

vita
vita1504301C.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。