QLOOKアクセス解析
HOME   »  2015年02月
Archive | 2015年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移150211

肩肘張らないコメント

昨日急にアクセスが増えて、どこかにリンクをしてくれたのだろうと思い、アクセス解析を見た所、ゲーム好きの戯言ブログさんが記事で紹介してくれたようです。ありがとうございます。データ提供と分析以外は厨な人間ですが、データ関連は何かの参考にしてもらえば。

着弾が明日で、新作発売が今日という変則的な週。Vitaはもはやパケソフトの販売本数と評価数は一致せず、純粋なDL本数を見るうえで多少参考になる程度なので、評価数が少なくても驚かない。全て5.00なので、まずはファンが買ったのだろう。

PS4は戦国無双4-2が発売。戦国無双4よりは少なく無双7エンパイアよりは多いというスタート。あとはどれだけ伸びるか。DBは2週目に入り評価数倍率が落ちているので、実本数と連動している訳ではないが、まだ伸びが強い。休日明けの明日明後日で大きく落とすか、ある程度維持できるかが注目。

35日日足完走組はTransistor。低価格ソフトにしてはやや尻すぼみだけど、最近のPS4の低価格ソフトはそんな感じ。現時点でも低価格ソフト多いし、PS+での配信もあるのも影響しているのだろう。

ps4
ps41502111C.png

vita
vita1502111C.png

PS435日完走
ps41502112C.png

日足35日評価数推移150210

肩肘張らないコメント
週間ランキングをうpしました

全体的な評価数としては減少傾向。PS+お詫びセールの評価数への影響が減ってきているのもあるが、vitaでは週間増加数0のタイトルが漸増している。PS4はそういうことも無く、市場の勢いの差か。ただし旧作の定番作の評価数増は大きく落ちている。無料ソフトは両方ともほぼ前週並みで、中立な市場状況かも。

P4Gの評価数がリセット。当方は一応前の評価数を足す形に。フォトカノもベストソフトとしては高い伸び。評価値はさすがにどちらも高い。
DBZはPS4の和ゲーとしてはかなり強い動きで実本数も頑張ることを期待。評価値は手堅い。準新作では評価値3.75スタートのブレイドストームは2週目に4.00に。
アニメ化が続くらしいグリゼイアシリーズの増加がどれも安定的。先週急に伸びたダントラも今週も評価数を維持。
vitaの定番ソフトCODの評価数がここ2週大幅増。何か有りましたっけ?

vita
vita1502101C.png

PS4
ps41502101C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150208

vita150208HYC.png

VITA評価値順ランキング150208

vita150208RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150208

ps4150208HYC.png

PS4評価値順ランキング150208

ps4150208RC.png

日足35日評価数推移150209

肩肘張らないコメント
週間ランキングは2/10の22:00以降にアップします。ランキングの感想は明日の日足で書く予定です。

日足のほうではDBの評価数がまだ伸びてるね。倍率低めに5倍としても1800本な訳でなかなかの動き。バイオリマスターもそうだけど、そろそろ倍率確認するために更新しないと駄目かも。。

vita
vita1502091C.png

PS4
ps41502091C.png
続きを読む

日足35日評価数推移150208

肩肘張らないコメント
週間評価数のカウントはこれからします。

DBの評価数は4日目で3.7倍に。結構高いと思ったので表を作ってみた。
定価4000円以上のソフトのみ抽出。タイトル名の黄色は木曜日発売じゃない、変則発売日のソフト。

ps4s4days150208.png

コレ見ても分かる通り、最近のソフトは倍率高めだけど、290と纏まって評価数がはいった中での3.7倍はやっぱり高め。

なんでDBの話を引っ張るかというと、今までのPS4の和ゲーは初週消化率が低めのタイトルが多かった。これは市場のコンセンサスより実績が低いという形になるので、あまりいい傾向ではない。とりあえず今のPS4はコレくらいだろ?という目標を超えていけば、それは後日につながるだろうからね。本数は現時点で少なくても。
ファークライ4は品薄傾向だったみたいだから、近いの倍率のDBにも期待したところです。

ps4
ps41502081C.png

vita
vita1502081C.png

日足35日評価数推移150207

肩肘張らないコメント

35日日足はDBは初日の3倍越えはほぼ確実。あとはどれだけ伸ばせるかだね。

PS4
ps41502071C.png
vita
ps41502071C.png
続きを読む

日足35日評価数推移150206

肩肘張らないコメント
やっと今週は落ち着いた感じ。テイルズのカウントの分だけ自分で忙しくした感じ。
日足だとDBが初日とほぼ変わらない数字に。今のPS4だと日曜までに初日の3倍まで延びていることは珍しくないけど、金曜の時点では強い部類。最近の傾向としてパケの消化率が高すぎて品薄になると評価数が伸びやすいので、PS4版のDBのパケ、品薄になってる可能性がある。あるいは単に倍率が低いという可能性もあるけどね。

ps4
ps421502061C.png

vita
vita1502061C.png




系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150201

続きを読む

日足35日評価数推移150205

肩肘張らないコメント
図表は出来ているので、この後週間対前年比比較の記事書きますが、P5のPV来ておめでたいのに、暗い話なんて聞きたくないよという人もいると思うので、そのままトップにはのせず、続きを読むをクリックして読んでください。見直してみたら、この書き方は卑怯そのものだ。俺自身そんな心境なだけですね。申し訳ない。

P5の発表をP4G廉価版に合わせたのはうまい手。何気にシリーズ作品の露出と関連作の評価数の伸びは影響あります。フォトカノ廉価版も日曜から15伸びているので悪くないで出し。
DBはどれくらい週末で評価数が伸びるか、という感じ。

今日は体験版やらPS+やらを触ってみた感じ。アキバズは10分触ったけどトキワ無線横の××××絵画屋でアイテム買えて笑った。
ストライダー飛龍は仮にPS+でなくても値段考えれば悪くないかも。これも20分。GE2BはPS4版を25分。モデリングは正直きついが、GE2のvita版で個人的にきついと思った輪郭のチラつきが大幅に低減されていて、これなら有りかなと。ただ、ユーザー個人としてvitaベースのマルチソフトは出来れば価格も携帯機と一緒にしてほしい。経営的に考えると値段下げても購入者そんなに増えないだろうからありえないだろうけど。
テラウェイも10分。こっちは久しぶりにゲームで背面パッド使って懐かしささえ覚えた。
本当眺めただけですなwどれやるか、これから考えます。

vita
vita1502051C.png

PS4
ps41502051C.png



日足35日評価数推移150204

肩肘張らないコメント
ソニー決算について簡単に書いておきます。

まずゲームだけど、あんまり書くことないです。業績が良くなるなんてのは2013年のE3の時点で決まっていた。これ速報でもブログでも書いたけど、SCEにとっての真の神風とは、箱がやらかしてとんでもない逆風になったことで、そっちに関心が集中し、E3にちゃっかり発表したオンラインのマルチプレイの際にPS+加入必須(つまり有料化)が特に問題ならなかったことだった。仮にPS4がPS3並みの進捗だったとしても、オンラインマルチプレイ有料化の時点で収益改善は約束されていた訳だから。重箱の隅をつつくことにかけてはすさまじい、ゲハですらあんまりこの件大問題にならなかったからね。

来年度への概観としてはSCEはワールドワイドではvitaをギブアップしたっぽいね。来年度以降はモーフィアスやPSnow,PSVueの本格展開が始まりそっちにそれなりの営業コストが掛かるだろうから、SCEはもう新しいフェーズを見据えている。こう書くと任天堂の回し者とか言われそうなので、付記しておくと、日本は例外だろう。正直SCEの今の体力なら日本でVitaを展開し続けても経営への影響は軽微。任天堂の場合、WiiUの売り上げ減が酷すぎると、会社の売上から固定費が維持できないレベルになっている。よって販売台数がワールドワイドで似たような両機種だけど、会社におけるプライオリティは全く違う。

もう一つ。PS4の販売台数については、上方修正したとはいえ、想定の上限よりはかなり低い印象で、やはり399ドルという価格と、北米市場のMSの焦土戦術が一定の影響を出し始めていると感じた。コレに対応するかは来季の数字を見通す上で重要。一応吉田体制後かなりガバナンスがまともになった今のソニーの経営陣でも、2Q以前までは数を追うといっていたのでどうしていくかは個人的に興味深いところ。

来季については経営陣の説明に嘘がないならかなり期待できるでしょう。オンライン投資の負担が課題だった点と、Vitaの評価減、そしてSOEやMUを初めオンライン事業のリストラも一段落するので。もともとソフトウェアもハードウェアも3年目くらいからが収穫期だしね。

ゲーム以外だと、いやあ強い決算だなと思った。特にテレビ。パナソニック、シャープ、東芝が売上高の維持に苦労し、為替にやられて収益を悪化させてる中で、200億の営業黒字出してるのだから。台数も売上高も悪くない。スマートフォンの競合が懸念されたデジカメもキャノンなど同業他社の決算と同様に高付加機種へのミックスに成功しており、業界全体での破滅的なシュリンクの懸念はかなり遠のいた。

スマフォに関しては厳しいけど、既に営業権の減損は終わったし、リストラ費用もとりあえず来季230億円くらいと目線が出来た。仮に赤字でも今のソニーの収益基盤なら一部門の赤字を吸収するだけの余裕もある。

来季は全体でのV字回復の可能性は以前より高くなってきている。
そろそろソニー赤字で顔面ブルーレイとか煽るのやめたほうがいいかもしれないよ。

決算ライブも聴いたけど吉田CFO以降のIR資料は本当に改善されたね。前職の方はヌエか昼行灯って感じだった。

*****
先週の週間ランキングから
PS4バイオは大幅なマイナスで、低価格のDLゲームに近い分布になっている。コレだと倍率低いかもしれないね。
最初にネットワーク障害のせいで低評価値で始まった、ハイスクールD&Dの評価値の回復がかなり急。直近のユーザーの評価はかなり高そう。アップデートがうまく回っていそう。
遅延問題がネタになったグラディスだけど評価数はアーケードアーカイブで今日現在でトップ、評価値も高く、評価値だけ見ると問題にしている人は少なそう。実際はやってないから分からない。そもそもアーケード版グラディウス自体やった事がないから比較できない。
PS4の評価値増ゼロのソフトは先週と変わらずでなかなか強い。少なくてもPS4のダウンロード市場はきちんと動いている。
ブレイドストームが3.75と低い評価値スタートに。数週間は変動しやすいので今後に注目。
vitaの評価数については、例のお詫びセールで強かったソフトとちょっと動いたソフトが綺麗に分かれた感じ。ダントラ2の評価数が先週比+11は意外。DLCでもでましたっけ?

語呂合わせ。
フォトカノの無料アプリ、本体両方とも評価数が777に。ダブルスリーセブンで廉価版の未来は明るいといいですね。

PS4
ps41502041C.png

vita
vita1502041C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150201

vita150201HC.png

VITA評価値順ランキング150201

vita150201RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150201

ps4150201HC.png

PS4評価値順ランキング150201

ps4150201RC.png

日足35日評価数推移150203

肩肘張らないコメント
アクセス急増していたのでaltさんがリンク貼ってくれたのかなとおもったら、やっぱりそうだった。やらかしたのにリンク下さる寛大さに感謝。こちらもあの直後以降で、速報含め揶揄したことは無いと思うし、そちらの掲示板等にも迷惑かけるので、お邪魔してないです。やらかしたので、疑われるのは身から出た錆だと思ってます。

それに最近は日足が日記化してるので、言いたいことはこっちに書いてます。文章かなり癖があるので、速報で書き込みしたら分かる人にはすぐ分かっちゃうと思う。言ってることもワンパターンだしね。

*****
こっから日記状態。

フライトユニットのツイートの件。勇気出してよく書いたと思う。ユーザー側からも言いたいことはあり、向こうには向こうの事情がある。俺も着弾の前年比毎週作っているのは思うところがあるからで。最近は着弾開くとすぐに前年度比でどうだとすぐ比較する癖がついてしまった。

一方、地デジ騒動終結後、今年のCSゲーム業界よりはるかに過激に市場縮小が進んだTVでは東芝が・・・。東芝の場合世界販売の関係だろうけど。TVに関しては円安が逆バネに働いてトドメになったかもしれないね。値段の割にスペックがいいという、日本の電気機器の美点を引き継いでいただけに残念。日本で続けるそうだけど、どこまで頑張ってくれるか。悪ければ即、東芝レコみたいに船井OEM、みたいになるのかな。東芝の場合CELLTVの遺産を引き継ぎながら、スマートテレビ要素をかなり独自でまとめていたので、どう再構築していくか大変だっだだろうし。この業界に関しては最上位クラスで画質を磨いても下位モデルへ落とし込む過程でそれが商品力の強化に繋がらなかったし、日本市場への対応を進めても、海外市場と違いすぎて商品力の強化に(以下略)という感じだったのが痛い。市場の淘汰が進む家庭で残存者が生存者利益を得られるのか?どうなんだろう。

明日以降のPS+はかなり強力。SCEJAも2-3月のソフトラッシュにあわせて出来る限りのことをしている。DQH発売日にPS+年間お得パス販売もした方がいいかも。PS4のアキバズとテラウェイはやります。

週間ランキングは今から作ってアップして寝ます。1-1.5時間もあれば出来るはず。
ランキングの簡易紹介は明日の日足で。

ps4
ps41502031C.png

vita
vita15020321C.png

日足35日評価数推移150202

肩肘張らないコメント
TOZのアマゾンカウント誰もしないからやってみようと思ったけど、なんか瘴気がただよっていて、もういいかな。単純なゲハな工作云々より全般的に不満が鬱積してる感じかな。あと女性ユーザーやっぱりちゃんといるね。さすがテイルズ。で、実際はどうなんだ?ってのはやってみないと分からないのでやってからですね。PS4に完全版来ればやる予定。

200くらいの少ないサンプルにしては、記事掲載部分に関しては、かなりはっきりとした結果になったと思う。メインの競馬でこんなにはっきり断層で分けて、左右対称なデータ見つけたら狂喜乱舞なんだけどね。現実は甘くない。

さすがにぶっ続けで4時間カウントしていたら疲れたので週間ランキングは明日にします。

vita
vita1502021C.png


PS4
ps41502021C.png

テイルズ(TOZ)のアマゾンレビューをちょっとだけカウントしてみた。

アマゾンレビューが信用に値するか?

個人的にはここに書いた通りで、今でもその見解のままだ。ではどうして再び取り上げるかといえば、1の評価が1000を越え、ゲハの砂遊び場というより鉄火場に近い趣きであり、それなら母集団はどれだけ偏っているんだろうと逆に興味が出たこと。そしてこれだけ世間でアマゾンレビューへの信頼性を批判する方が多いのに、私の見た限り、ネット上でアマゾンレビューをきちんとデータカウントした人がいないからだ。

ゲーム単体への評価については嗜好があるために一様であるが、レビューシステムがどうであるかというのならば、データ収集をすればデータの偏りを指摘することは出来るかもしれない。本来ならばきちんと調べ、そのデータ上で議論したほうがいいだろう。

という訳でカウントを初め、100ほどカウントをしたところで、少し興味深いデータが出てきたので、紹介しておきたい。

アマゾンにはプロフィールの所にベストレビュワーランキングという順位が掲載される。この説明を見ると、

ベストレビュアーランキング」は、「参考になった」または「参考にならなかった」の投票数やレビューの投稿数を考慮して、総合的に決定されます。他のお客様の参考にならないレビューをたくさん投稿しても、ランキングは上がりませんのでご了承ください。また、投稿した日付が新しいほど、ベストレビュアーのランキングに反映されます。これにより、最近のお客様でもベストレビュアーのランキングに入りやすくなっています。


とのことだ。何気なくこの順位もデータ入力したのだが、この順位がデータを眺める立場からするとなかなか面白いことになっている。

まずは日付順の一番古い順からカウントしたサンプル201についての数字を紹介。
点数 1-2-3-4-5 102-32-21-10-36

次にこのサンプルのユーザーのレビュー数の生起を見てみる
1-2-3-4-5-6-7-8-9-10-11-12-13-14-15-16-17-18-19
53-25-18-8 /-13/ -4-4-3-1-5-5-4-2-1-0-5-1-0-3
中央値で見るとレビュー数4がそれに当たる。また実数を見るとレビュー数6以降は明らかに少なく、レビュー数1-4(5)までに偏ったグラフであることがハッキリする

次に前述のベストレビュワーランキングの順位だが、下位順に並べてみたところ、これは明らかな断層の存在が確認できる。
順位67 2687217位
順位68 965833位

と順位67-68の間がぽっかりと存在していない。これは統計値の偏りを疑った方が良いだろう。そこでこの断層で母集団を分割し、前述のレビュ投稿数の偏りが見られる1-5個で更に分割した点数分布を示す。

下位67位(2687217位以下)
1-2-3-4-5
12-3-9-8-35 総数67
3-2-7-2-18 総数32 ←投稿数5以下
9-1-2-6-17 総数35 ←投稿数6以上

上位134位(965833位以上)
1-2-3-4-5
90-29-12-2-1 総数134 
64-17-04-0-0 総数85 ←投稿数5以下
26-12-08-2-1 総数49 ←投稿数6以上

コレを見るとハッキリするのはレビューで5点以上をつけている投稿者はランキング下位に沈み、2点以下をつけている投稿者はランキング上位に顔を出しているということだ。投稿数の有無は有意とはいえないレベルであり、「参考になった」または「参考にならなかった」の投票を投票する層はレビュー者の投稿数は選択基準にしていないと言えるだろう。

つまり調べた限りにおいて、TOZのアマゾンレビューを見ている層(あるいは特殊な層)は、レビュー点数がひくい投稿者を選別して「参考になった」または「参考にならなかった」を投票しているということだ。

レビューの分布を見る限り、低得点に投票が向くのは絶対数から考えるとありえない話でない。しかし低得点のレビューといっても千差万別であり、中には、あからさまにゲームの中身とかけ離れたゲハ丸出しなレビューも少なからずある。短文も長文もあり、千差万別だ。にもかかわらず大数観察として、多くは押し並べて「参考になった」または「参考にならなかった」を投票しているというのは興味深い。さらに仮にTOZが糞ゲーとしてファンや購入者が腹を立てたといっても、いちいち一般人が低得点のレビュー9割に「参考になった」または「参考にならなかった」をクリックして投票する光景というのは個人的にあまり想像できない。もう一つ考えられるのはレビュー内容に関わらず、低得点をつけている投稿者へランダムに投票している可能性だが、普通に考えて一般人の投票行動として妥当なのだろうか。

このようにアマゾンレビューについては点数についてはあれこれ話されるが、ベストレビュワーランキングにおいても興味深い現象が垣間見えた。これを工作と取るかTOZのアマゾンレビュー開いた方の総意と取るかは皆様次第だ。

サンプル201の中で最下位順位が2749489位のランキングでレビュー数1でもTOZで低評価のレビューをすれば多くの人はランキングが8万位まで順位が上がったというのは、いろいろなことを示唆していそうだ。

追記
これとは別にレビュー者がゲームソフトやハードでどういうレビューをしたかの詳細を調べたレビューは110ほど有ります。4時間以上かけて110なので、1400全てをカウントすることはやはりしないかもしれないです。その理由がこの記事の結果が一因であることも追記しておきます。数えた分だけは掲載するかもしれないですが、110までについては以前調べたDQ10と比べるとそこまで凄くなかったです。

日足35日評価数推移150201

肩肘張らないコメント
週間カウント終了。掲載は2/2 22:00以降、多分2/3の予定。
今週はどっちのストアも軽かったので1時間半掛からなかった。SCEいい仕事した。

それだけじゃなくて、お詫び1割引セールが終わってvitaのソフトの評価数の入り方が元に戻ったというのもある。掲載してないけど、一部のアプリ系ソフトの評価数もカウントしてるんだけど、そっちは入ったソフトがある。無料ソフトは同じくらいかやや強いかで、悪くないのではと。セールソフトは売れたっぽいソフトは反動で今週も動いているけど、そうでないタイトルは止まってる感じ。

PS4は無料ソフトの評価数はやや弱いが個別ソフトの評価数の入り方は強弱ある物の満遍なく入っている。

新作だとブレイドストームの初週評価値3.75は低め。PS4ソフトの場合、評価がざっくりなのでその後もあんまり動かないんだよね。グラディウスは遅くても水曜までにはゲームアーカイヴ内評価数1位になっているだろう。さすがに知名度が高い。評価値も5.00と高い。

PS4
ps41502011C.png

vita
vita1502011C.png

日足35日評価数推移150131

肩肘張らないコメント
スクエニの一発芸はなかなかすごいね。全力で笑いを取りにきてるとしか思えん。すべってるけど。そうは言う物の、今の国内の状況を考えればというのはある。スクエニはFF15とKHを先輩化さえさせなければ文句ないかな。

セガの海外リストラについては良く見てないから違うかもしれないけど、マリソニが数字取れなくなったのが致命傷だったんじゃないかな。任天堂とコラボだから利益率高くないかもしれないにせよ。コナミと同じく、確実に数字が取れるタイトルだけ出すメーカーに変わっていくかもしれない。予算や利益目標に合わないと打ち切り、みたいな感じで。ソフトの多様性はもはや大手ではなく中小サードに支えてもらうしかないかもしれない。支えられるくらいの市場規模はなんとか維持できれば・・・。

ps4
ps41501301C.png

vita
vita1501301C.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。