QLOOKアクセス解析
HOME   »  2015年01月
Archive | 2015年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移150112

肩肘張らないコメント
週間ランキングアップしました。大まかな傾向を。

PS4、Vitaに共通しているのは準新作までのソフトの評価数は目に見えて落ちているが、ボリュームの大きい無料ソフトは同等かむしろ増えているので、全体の評価数は維持できている。

vitaはPS+無料ソフトの駆け込みや各種セールの駆け込み、さらに、年末年始の定番作の購入などが有り、年末年始の傾向を反映した形に。増加数1以上のソフトは先週よりも多い。

PS4は無料ソフト以外ははっきり落ちている。半減のソフトも多い。

無料ソフトに関しては勢いを翌週に引きずることが有るので、PS4に関してはやはり週販落ちていそう。vitaは最近評価数と実売の動きが一致しないので、どれくらい落ちているか良く分からない。

それ以外だと
LA-MULANA EXの評価値の高さは低価格ソフトとしては際立っている。120代の評価数で4.8代はかなり高い。
vita低評価値ソフトの殿堂麻雀ソフト2本に迫ろうとしているボーダーランズ。初週からかなり低かったけど、まだ落としている。
今までなぜか評価数が入らなかったPS4ウイイレにとうとう評価数が入り始めた。しかし、今の所PS4最下位の低評価。その内脱出するだろうけど。
PS4新作Transistorは海外の評判ほど評価値が延びず、評価数57で4.25はあんまり高くない部類。

vita
vita1501121C.png

PS4
ps41501121C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150111

vita150111HC.png

VITA評価値順ランキング150111

vita150111RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150111

ps4150111HC.png

PS4評価値順ランキング150111

ps4150111RC.png

日足35日評価数推移150111

肩肘張らないコメント
週間カウントは終わってます。表の作成も終わっているので、25:00までには用意できるかと。35日カウントのソフトがどんどん減ってきて、年末商戦の終わりを感じるこの頃。

ドライブクラブを注文。時間天候変化といつも連呼してる人間なんだから、これだけはやっとかないとね。すでにソニービルで触っているので、過剰な期待はしていない。

ヨドバシは本当に素晴らしいね。深夜に発注しても翌日には届くから。点数増えてきて、このサービス維持できたら、他のネット通販脅威だと思う。ジョーシンだと決済後の出荷に1-2日掛かるからね。アマゾンは不安定。

ps4
ps41501111C.png

vita
vita1501111C.png

日足35日評価数推移150110

肩肘張らないコメント
今日はWEB版PSストアが不調で、vita、PS4版が好調という珍しい日。
2ちゃんねるといい、最近巡回先重い。

明日の評価数掲載は遅れます。月曜22時以降になるかと。カウントは所定の時間にします。

評価数は正月明けでおとなしい感じ。今週は一気に落ちそう。

ドライブクラブがとうとう新品1980円まで落ちたので、そろそろ買おうかな。
時間天候変化大好き人間としては30fpsでも価値がある。

vita
vita1501101C.png

PS4
PS41501101C.png

続きを読む

日足35日評価数推移150109

肩肘張らないコメント
PS4の評価数がどんどん鈍化。通常時に戻りつつあるみたい。
コンスタントに週2万台売れればいいんだけどね。

vita
vita1501091C.png

PS4
ps41501091C.png
続きを読む

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較150104

肩肘張らないコメント
熱っぽく、インフルエンザならやだなとおもったら、普通の風邪だった。助かった。療養中目が覚めたので今日は、とっとと記事にしときます。

まず訂正、昨日書いた2014年12月28日終了時の機種別年度比較の売上表だけど、2015年1月4日終了時の物です。電撃が気を利かせて2週間分足した物を掲載してくれていた。そこで訂正して2014年12月28日時点の数字を計算して出しました。それ以外は問題なしです。

2015年1月4日終了時点の週間では全ハード前年比マイナスという数字に。厳しい。50位はこれで28週連続マイナス、12-25-37-50位全時点でのマイナスもすでに12週。年末商戦期全体が厳冬期だった。

概観は昨日書いたので、今日は1-3月の話を。とりあえずPSに関しては1-3月期はラインナップが充実するので持ち直すだろう。携帯機もSAOが今年は3月に繰り上げ&海賊無双3もあるし、GE2Bもあるので、そんなに悪くはないだろう。

任天堂は妖怪ウォッチやポケモンの効果が薄れてくる中でどうなるか。実は1-3月で気にしなくてはならないのは、任天堂のほう。以前書いた決算記事熟読してくれた人は覚えていると思うけど、任天堂はすでに2014年1月の年末商戦終了時から、売上が対昨年比で目に見えて落ちてきていた。つまり昨年比較のデータが落ちてきているデータになるので、今年比較するハードルはかなり落ちる。それでも目に見えて落ちるようなら、本当に深刻、ということになる。New3DS効果を考えると本来は伸びてもおかしくないくらいなんだけどね。ゲームが嗜好品という側面を考えると、毎年ナイアガラで落ちるというわけでもないだろうから、そろそろ常識的な水準の(対前年10%以下)下げ幅になってほしい。

PSについては2月にPS4発売があり対前年比のハードルは逆にあがる。特にナックの30万本超が痛い。この辺の数字はまあ脳内で処理して頂くと。
どこかの会社みたいに、COD除いてグラフとかはつくらないで、注釈で指摘する感じで。


*****

機種別年度ソフト集計に関しては、PS系統は昨年に比して、1-3月に大作が集中しており、今後大幅に昨年比で改善する可能性が高いです。PS系統は年末のソフトラインナップが、去年より弱いので、年末商戦で大きく落とさないのが昨年比で見ると重要です。

+週PUは期待確率の上限です。信頼区間は95%。

d1501041C.png

d1501042C.png

d1501043C.png

日足35日評価数推移150108

肩肘張らないコメント
売上話は別の記事で、全体の流れとして概ね今年度はマイナス2割くらいが一つの目安という感じ。本数ベースなんで金額ベースではもっと低いかと。気に喰わんと思うかも知れんけど、やっぱり2割減は厳しい。

年末年始後のPS4は落ち着いてきているから、今週から元に戻っていく感じかな。
年末商戦頑張ったと思うよ。ウイイレが5万本というのが今のPS4の掛け値なしの姿。
和ゲー好きの伸びしろはあるともいえる。

vita
vita1501081C.png

PS4
ps41501081C.png

系統別年度別ソフト売上と週間各地点での昨年度単純比較141228

MS据え置き機が10回目の昨年比プラス(+304本)。

MSが微差で前年比を上回ったが、ハードが完全に死んでいた、XB360との比較で微差ではどうしようもない。
3DSは昨年比ゼルダがあったので、-8万本は頑張った方。PS系統はFF10リマスターの分以上にマイナスになっている。
ロングテールは12位は下げ幅をやや回復したが、25-37-50位はほぼ同等で市場の減退を感じさせる。

これで年度別でみると4-12月と2/3が終了した。
とうとう50位が27週連続の昨年比マイナスで、半年間ずっとマイナスとなった。7月以降ランク下位の売上の落ち込みはすでに尋常じゃないレベルであり、2014年7月は売上を眺めるものにとっては記録に残る月になるかもしれない。

パーセンテージ見るとPS据え置きの-35.3%減はかなり目立つが、ナインナップの偏りを考えると、1-3月期では下げ幅を縮小するだろう。しかし前年比プラスは厳しい。
注目しなければいけないのはWiiU、vitaと現行機としては油がのってくる年度にもかかわらず、どちらも前世代機の縮小を巻き取れていない。これはどえらいことである。
また-2.8%減と比較的小幅なマイナスに留まった、任天堂携帯機も妖怪ウォッチの500万本を差し引くと-23.4%減で、PS携帯機や任天堂据え置きとほぼ同等水準だ。
もちろん、妖怪ウォッチの影響を受けたタイトルはあるだろうから、純粋に500万本減はありえないとしても、実際は2割近いベースのマイナスを新3DS効果もあり下げ幅を縮小して1割中盤から後半のマイナス、というところだっただろう。市場のファンダメンタルはきわめて弱いといわざるを得ない。

1割減程度ならともかく2割のマイナスとなると、それは市場構造の変化であり、ゲームのルールの変化だ。言われ続けてきたスマフォとCSゲーム機のバッティングがとうとう数字で現れたのが、今年であったかもしれない。ファミ通がスマフォゲーを含めた総合情報誌になったのもその流れの一環にすぎない。

もちろんそれが全滅論に結びつく訳ではない。だが市場構造の変化が数字ではっきり認識できる状況になったことが、サードパーティの経営資源の割り振りに影響がでる可能性は否定できない。またゲーマーからみても、PS3市場のシュリンクをPS4単体でカバーなくなった場合、マルチのハードルがvita/PS4マルチとなる。そうなればグラフィック上の進化は益々停滞する。(さすがにvitaベースではモデリング資源が据え置き機としてはチープなのは否めない)

救いはPS4が世界で売れたこともあり、海外で販売実績のある和ゲーに関してはPS4/PS3ないしPS4(/XB1)での開発する意欲はすくなくないことだ。というか世界で出す場合、PS4には対応していないと営業面で話にならない。とにかく、2015年に関しては日本でPS4のハード普及を最も願っているのは、PS3でHDゲームを手がけていた和サードではないだろうか。PS4は今の据え置きにしては頑張ったな、ではなく頑張ったな、という数字が必要になってくるだろう。年末商戦はあのラインナップでよく頑張ったと思う。

*****

機種別年度ソフト集計に関しては、PS系統は昨年に比して、1-3月に大作が集中しており、今後大幅に昨年比で改善する可能性が高いです。PS系統は年末のソフトラインナップが、去年より弱いので、年末商戦で大きく落とさないのが昨年比で見ると重要です。

+週PUは期待確率の上限です。信頼区間は95%。



d14122812C.png

d1412282C.png

d1412283C.png

日足35日評価数推移150107

肩肘張らないコメント
35日完走ソフトはvitaは本当にフツーでPS4は障害の影響もあってか、5週目にピークが出来たソフトがある。ソフトの勢いの差は出ていそう。vitaに関してはハードはきちんと年末商戦で平常時よりは動いているので、それがあまり反映されない。魔法科高校の劣等生も1000倍越えの高倍率だったし、ユーザー層に変化があるのかも。

PS4が1800万台突破。去年は420万台なので10万台減。日本でもそれなりには売れているので、欧米ではローンチ年比ではやや落としたことになる。年間出荷1500万台に乗るかも微妙なところ。それでも目標は達成できるだろう。

ライバルのXB1が焦土戦を仕掛けてきているので、それに乗るかまたはどう対応するかがポイント。おそらくPS4のアプデをある程度犠牲にして、マンパワーもコストもかけたであろうPSNowやPS上でのメディアサービスが波に乗れば余裕が出来るだろうけど、こればっかりは欧米人でないので感覚的な部分が良く分からない。とはいえ月20ドルのストリーミングサービスは他の娯楽と比べて安くは無い。モーフィアスも今年がプロモーション上では大事な年になるだろうから、SCEのここ2年ばかりの新しい取り組みがどう出るか。そういう意味で中期を占う意味では重要な年。

vita
vita1501071C.png

PS4
ps41501071C.png

vita35日完走
vita1501072C.png

PS435日完走
ps41501072C.png

日足35日評価数推移150106

肩肘張らないコメント
週間ランキング23時間遅れました。

とりあえず年末PS4売れてよかったね。正月も評価数はいっていたから年初も動いていてもおかしくないだけど、どうだろうか。逆にvitaの評価数の入らなさは気になるね。そろそろコアユーザー以外に動いていてネット接続率が下がっているとかかな・・・。

あのソフトラインナップであの価格で、コレだけ売れれば上出来でしょう。来年も平均で月2万台売れるかどうか。その為にはvita/PS4マルチがどれだけ受け入れられるかにかかっていそう。コレが受け入れられればマルチとはいえ、ラインナップの確保はかなり楽になるはず。

ポケモンも妖怪ウォッチ相手にクリスマス週毎週16万本売れるのはやっぱり強い。累計はやや落としそうだけど。

vita
vita1501061C.png

PS4
ps41501061C.png


vita35日完走
vita1501062C.png

PS435日完走
ps41501062C.png

VITA評価数ランキング先週比増順150104

vita150104HC.png

VITA評価値順ランキング150104

vita150104RC.png

PS4評価数ランキング先週比増順150104

ps4150104HC.png

PS4評価値順ランキング150104

ps4150104RC.png

日足35日評価数推移150105

肩肘張らないコメント
週間ランキングはやっぱり一日遅れになります。
すいません。

PSのストリーミングサービスは今はPS3だけだけど、いつPS4ソフトが対応していくかで状況が変わる気がする。100本20ドルは妥当だけどゲームマニアにしか流行らないかも。海外のストリーミングサービスのスィートスポットは10ドルだから。PS4対応させてもストリーミングサービスは旧作(発売から1年以上)限定の上、720P出力とかならコンソールとの差別化は問題なさそうに思える。

vita
vita1501051C.png

PS4
ps41501051C.png

vita35日完走
vita1501052C.png

日足35日評価数推移150104

肩肘張らないコメント
最近飛び飛びですいません。去年もこの時期から更新止まりましたが、今年は負担を減らしているのでいけます。
週間評価数ランキングは01/07(水)24:30以降になるかもしれないです。

vita版ストアがかなりポンコツ化していて、とにかくエラー頻発でカウントへのストレスが半端無い。カウント自体は所定内にやったけど、疲れた。500本近く調べる人はともかく数本選択しただけでエラーが出る状態は何とかしたほうがいい。障害対策なのかもしれないけど。

今週はPS4の評価数が、障害明けの急増もあってか大きく伸びてる。これならハードもある程度は動いていて欲しいというのがホンネ。伸びていないなら、社会人の人が休暇で眠っていたPS4を久しぶりに立ち上げたとしか思えない。

vita
vita1401041C.png

PS4
ps41401041C.png

日足35日評価数推移150103

肩肘張らないコメント
遅れてすいません。休日の日足評価数カウントについては、アップ時間が当面遅くなるかもしれないです。
カウント自体は所定の時間にしてます。

vita
vita1501031C.png

PS4
PS41501031C.png

日足35日評価数推移150102

肩肘張らないコメント
PS4は新作を中心、昨日よりは少し減ったかな。vitaはあんまり伸びていないね。とても実売数に即しているとは思えない。

今年の福袋はヨドバシがやや微妙で例年微妙のビックやアップルストアが悪くないという逆転現象。
ipadmini3やっぱり売れてないんだなと。ipadmini2が入っていないところ見ると、在庫抱えているんだろう。買えた人はお買い得。

確かに16Gだと電子書籍、それも漫画をある程度買うだけでも容量に不安が出てくる。雑誌たくさんとかは運用は厳しい。ipadは4:3で容量の大きい雑誌との相性良いので困りそうだね。

昨年の年末商戦は安く個人的にも安く買えたので、増税前の駆け込み買いをしなかった方がお得だったかも。NETが高いゲーム機とかは気にしなくて良いのは助かる。

vita
vita1501021C.png

PS4
ps41501021C.png

日足35日評価数推移150101

肩肘張らないコメント

今日から日足集計も2015年に。一本もゲームが発売されないカウントする方にとっては平和な週。
PS4は相変わらずよく伸びている。年末年始に動いているといいんだけどね。

ジョーシン、アマゾン、ソフマップと、PS4が割引価格で売られている。
SCEが条件を出しているのか、値下げを前提としたテストケースなのか。
値下げの前兆なら今の為替レートを考えるとSCEJAにとっては大勝利。
そうでなくても条件を出して少しでも動かそうとしている姿勢は評価できる。
個人的には小出しでなく一気にした方が効果があるとはおもうけど。

vita
vita1501011C.png

PS4
ps41501011C.png

日足35日評価数推移141231

謹賀新年
読者の方、今年もよろしくお願いします。
これで35日日足は二ヶ月連続の皆勤賞。どこまで続けられるか。

35日完走ソフトにいよいよ年末商戦向けソフトが。PSノヴァはほぼ半減コースでやや評価数の落ち込みがきついか。fateは完全に初動型なのはしょうがない。
ドラゴンエイジは3週目の粘りがよく、5週目もPSNダウンの影響で、6週目にその分の評価数がある程度乗っていそうなので、悪くない。定番ソフトとして安定した推移をとたどるかもしれない。



vita
vita1412311C.png

PS4
ps41412311C.png

vita35日完走
vita1412312C.png


PS435日完走
ps41412312C.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。