QLOOKアクセス解析
HOME   »  PSN評価数カウント
Category | PSN評価数カウント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日足35日評価数推移160722

7/23(土)の35日日足は7/24(日)22:00以降掲載の予定です。

相変わらずダントラ2にハマってる。ガーゴイルを撃破したところまで。今までスロウにして遅くした後にウォークライで火力上げてひたすら殴るを繰り返していたので、スロウが聴かなくなった途端火力負けして大苦戦。相変わらずゲームスキル低い。特性の武器揃えてレベルを少し上げて突破。これダンジョンの方眼紙埋め尽くすときに律儀に戦闘していたら、レベルに困る事殆ど無いね。今の所スキルポイントがスキルの種類ほど多くないので取捨選択しないと駄目そうね。

ps41607221C.png
スポンサーサイト

日足35日評価数推移160720

色々PS+でゲーム貰えるのだから、年に1本ぐらいやろうと、ダントラ2始めたら、時間泥棒状態に。お色気CGよりも、戦闘が楽しい。ダンジョンRPGは現代の方が絶対にいいね。オートマッピングがあると楽ですわ。昔デスブリンガーをクリアした時は手動でマッピングした記憶がある。

ps41607201C.png

ps41607202C.png

日足35日評価数推移160719

今日はDAZE2とペルソナ5が予約で仲間入り。フィリスのアトリエも項目は作られたけど、WEB版PSストアは購入できるソフト以外は新着欄に入ってこないようなので。

PS4になってソフトの定価がPS3から概ね1000円上がった所が多いけど、SIEソフトはDAZE2の様に価格維持のケースもあるので、定価ベースで差し引き2000円差になることがしばしば。この差はやっぱりでかいよね。GTSPORTSの予約早く始まって欲しいね。発売前予約で1割引してくれるなら、やっぱりDL版が欲しい。ディスクチェンジ必要ないからね。

ps41607191C.png

ps41607192C.png

日足35日評価数推移160718

週間ランキングアップしました

一部のアプリ系ソフトを除く殆どのソフトが新表示方式に切り替わりました。
よって今週は評価値のマイナスが続出しています(端数切捨ての為)。

ウォーキングデッドまとめ買いパックが表示から消え販売終了。

新表示方式で評価値5.00は本当に5以外の評価がないことを意味するので、低評価数以外は事実上達成不可の中、トライアルズフュージョンの高額版が評価数19で達成。これは驚き。今後も維持できるか。

評価数は新作が弱いのとミクのマイナス分を補えないこともあって5/15以来の低水準。週間評価数増0ソフトは若干増。定番ソフトは無料ソフトは堅調、以外のソフトもややムラがある物の大きく落としてはない。

今週は新表示の切り替えばかり目がいっていて、それ以外のカウントをよく覚えていません。すいません。

ps41607181C.png

日足35日評価数推移160715

今週末は予定が詰まっていて、7/16、7/17(土、日)分のアップは7/18(月)22:00以降になる予定です。

ps41607151C.png

日足35日評価数推移160714

PS4が日本実売300万台突破とか。

ゲームが売れる最大瞬間風速はハードの普及台数に対して2-3割の間ぐらいの事が多いので、今だと60-90万本くらいが最大値に思える。500万台は売れて欲しいと過去書いているのもそのあたりを意識してのこと。PS4の週販が基礎週2万台として年110万台前後。それに商戦や大型IP、ハード同梱版のボーナスがあって年150万台前後という所。

発売予定のソフトは充分すぎるほど揃っている。後のその中から、期待を大きく上回るソフトが1本でも出てくれれば、という所だね。ソフトが出るのは分っている、安心できるから週の基礎台数には既に寄与していると思われるけど、もう一頑張りが欲しい所かもしれない。ハードの台数を決定的な影響を与えるIPなど事前にコントロールできる事ではない。ソフトが揃っている訳で、試行回数は多い状態。後は運かもしれない。

ps41607141C.png






日足35日評価数推移160713

今日はEAの値下げソフトが2本新作扱いで登録されたけど、水曜日に値下げソフトが登録されたのは、もしかしたら始めてかも。
最近PSストアのソフト発売日は木曜以外にもバンバン出て、木曜日以外は登録的に安息日という時代はとっくの昔に終わっている。発売日が数日でも分散することはいいことだと思う。

完走ソフトは4本。プロジェクトカーズはレースゲームとしては売れたほうだと思うけど、評価数は完全な初動型。F1は数はごくわずかだけど、評価数が低めのソフトの割には比較的動くタイプ。こちらはどうなるのか。

ps41607131C.png

ps41607132C.png

日足35日評価数推移160712

今日は時間が取れないので、日足だけです。

ps41607121C.png

日足35日評価数推移160711

ポケモンGOが大ヒットの兆しとか。前々から書いていたけど、技術を作品に落とし込んで遊びを演出する開発力は任天堂はしっかりある。あのDSですれ違い通信考えた位なんだから。

どういう訳か任天堂自身(当時の役員一同がゲハ真っ只中の世代だから・・・)がゲハに染まって、本来不得手な分野(欧米が自身でルールを決め、日本には不利な物量投入型ゲーム)のパイを分捕ろうとして失敗していただけで。

DSWiiはその遊びの演出を専用ハードを使わないと表現できなかった訳だけど、スマートフォンという任天堂がハードに充分な利益を載せると達成不可能な性能をもっているハードが溢れている中で専用ハードに固執する必然性が何処にあるのかをどう考えるのかが難しい所。NXが懸念されている所もまさにそれ。遊びの演出できないギミックが付いて、ハードでも利益がのっかるハードならば低性能は避けられないし、低性能は欧米ゲームのルールでは戦えない。日本の和ゲー各社も任天堂ソフトがやたら強い低性能ハードに引っ張られ埋没する。それを懸念するだけで。

今回のポケモンGOも間違いなく初動は今までの任天堂やポケモンが築き上げてきたブランド力が前提としてあった訳で、それはやはり大きな財産。それは今後も維持しないといけない。そこにはやはり長期的なポリシーが大事になる。

例えばポケモンGOの課金をどれくらいやるのか、課金誘導型の色を強めるのか、収穫期間をどれくらいの長さを考えるのか、なのかも凄く気になる所。これが日本の重課金型のゲームならばゲームのヒットが即収益に繋がる。ただやりすぎは長期的にブランドにどう作用するのかなどは、定量的なデータ分析でどこまでやれるか。やれないならば社長や役員の考え方一つになる。今の経営陣の大局観が問われることになる。

任天堂はその辺うまくやって欲しいね。自分の畑で大豊作になるのは歓迎なのですよ。他所の収穫物を札束で強奪しない限りはね。

ps160711C.png


ps41607112C.png

日足35日評価数推移160710

週間ランキングアップしました

今週はPS+や大型値下げセールがあったものの、その割には新作の評価数増が小型かつミクマイナスの影響で全体の評価数増は控え目。先週比ではマイナス。週間評価数増0のソフトは減少も、定番ソフトには強弱があり一貫して一本調子でもなさそう。

テイルズは評価数倍率のブレを考えても評価数自体は小型。日曜時点でも初日の3倍にならず。白菜によると品薄とのことなので、実本数がどれくらいかは興味深いところ。

大型セールは評価数増が好調のタイトルとそうでないタイトルがはっきり分かれた印象。

今週はランキングに記載が無いものの、発売前かつ予約開始もしていないソフトの登録が複数。今更?ディープダウンも登録された。SIEJがルーチンで登録したのか、カプコンの依頼なのかどちらなのだろうか。

新画面表示への切り替えは地味に進み、アーケードアーカイブは全て切り替わり、レゴシリーズも全て切り替わった。それ以外も複数本切り替え済み

ps41607101C.png




日足35日評価数推移160709

選挙速報見ていたので遅くなりました。
個人的な興味は政治的な話より、中央値、最大値、最小値のどの振れ幅で収まるかということ。今回は振れ幅が最も大きい所(その意味は個々人の政治的な立場で決まる。データは数字だけど、データの解釈には必ず主観が介入する。でもデータを提示しないよりは多分マシ)で決まったようで。やはり推計値の幅は予測には不可欠ですね。意地の悪い所だと当確打ち損ねも1つ出たみたい。

推計値ではないけど、範囲を示した予測で外れまくり、範囲を示す意味あるのと思うのは株価と為替。結構範囲広くしてさもそれっぽくしているけど、競馬の予想家以下の的中率しかなさそう。

ps41607091C.png

日足35日評価数推移160708

7/9(土)分の35日日足は7/10(日)22:00以降の掲載となります。

新作でバージョン違いが多数出るたびに苦言を呈してきたけど、カプコンがDLCでぶっとんだことしたらしいね。さすが本業お好み焼き屋、副業でワイン工房、空気の読めなさでは世界最強だね。いやあ、本編でやられなくてマジでよかった(汗)

これは今のUI設計の弱点だからね。VITAストアのカウントもしていたから、フォルダ式の弱点、閲覧の連続性が途切れるのはよく理解できる。でもtorneチームが社内にいて、連続性を途切れないフォルダ機能を搭載することができるのに、PS4のストアではそういう練りに練った仕様を時間かけて搭載出来ないのが寂しいね。部署が違う、開発している国が違うで終わるのはもったいないですわ。

社内事情が透けて見えるよね。例えば新しい画面表示から自動的にPVが流れるソフトがあるけど、プレゼンで強そうだもん。見てください!PVが自然と流れます。販促にいいです!と。予算と仕事が獲得できる。でもユーザーからすれば、そんな物より、いかに多数のコンテンツの中から目的のコンテンツに辿り着けるかなのよね。

この点はストアだけでなく現在のCSゲーム機で掛け値なしの弱点なので、頑張ってほしい。

ps41607081C.png



日足35日評価数推移160707

続けてのアップです。これで一日遅れは取り戻しました。

今週は例のテイルズのPS4版が出ているけど、いやあ酷い評価数。4000円切っているのに。倍率はソフトによって違うから実DL数は不明だけどね。失ったものは大きいように感じるね。日本のゲーム市場の縮小とかはこのブログでも書いているけど、とりあえずファンが期待する最低限のクオリティを保てない定番IPもある訳で、それとこれとは別だよね、とゲームの買う立場からは言いたくなる所もある。

テイルズは熱心なファンはたくさん居るし、次の新作で頑張ればまた空気が変わるかもしれないね。

ps41607071C.png

ps41607072C.png

日足35日評価数推移160706

夏休みセール、かなり魅力的でTearawayは買うかもしれない。洋ゲーの方がsteamの経験があるのか、この手のセールに積極的。日本の販売曲線はPSに関しては相当な初動よりなので、和サードも発売から1年経過した旧作に関してはもっと活用してもいいと思う。

ps41607061C.png

ps41607062C.png

日足35日評価数推移160705

遅れましたが週間ランキングアップしました

今週は先週のDIVAの大幅減もあってマイナスだけど、週間評価数増0ソフトは更に減り、無料ソフトの動きもほぼ先週並みで堅調です。というか、無料ソフトはずっと安定していて、ハードの販売台数と概ね一致してます。

今週はニコリシリーズの画面表示が新規格にまとめて切り替わり、評価値も大幅減となっています。

完走ソフトは3本。単売は堅調。1000円アップのセット版はやや初動に寄っているのを見ると、消費者の価格に対する微妙な心理がうかがえる。やっぱり3999円が一つの壁なのかもしれない。

ps41607051C.png

ps41607052C.png




日足35日評価数推移160704

最近立て込んでいて、1日遅れのアップになってます。
明日か明後日には清算出来るかと。

PS+でフリーソフトに二ヶ月続けてPS4ソフトにフルプライスソフトが、どちらも中古価格がかなり安いソフトだけど。それでも、ソフトが出てきたのを見ると、PS4もそろそろ一周したかなと。新作が出る時にあわせて旧作をフリープレイは販促になると思うので、サードもうまくPS+を使って欲しい物です。

ps41607041C.png

日足35日評価数推移160703

カウントは終わってますが、夏バテで週間ランキング作る気しませんでした。
明日作ります。

ps41607031C.png

日足35日評価数推移160702

これから日曜分と週間カウント始めるので、アップは7/4夜になります。

今週のヒュルケンベルグ見ていると、可夢偉はペレスほどは持ってなかったけど、それでもマシな方かもしれないと思った。

ps41607021C.png


日足35日評価数推移160701

7/2(土)分の35日日足は7/3(日)22時以降のアップとなります。

平井インタビュー読んだけど、中期では新規開拓としては商品力弱いよね、と。BtoBは別としてもBtoCでVRもどうグループのシナジーを出していくのかも概論としても弱い。個人的に気になる所は、ここ1年くらいソニーは社内の自前主義を捨てて、足りない分野は買収で補おうとしている所。別にそれは悪いことではなく、海外では当たり前の事。問題は、その補った弱点を既存の研究開発とどう折り合いをつけて製品としてだしていくか、という点。ソニモバの十字社長やロケーションフリー作っていた人も同じこと言っていたけど、技術の開発力で無く、プロダクトマネージャーが育つかどうかがこれからのカギじゃないかな。今のソニーはまだまだUXを最低限担保する為に発売時からこれだけは絶対に必要という、顧客との最低限の対話が出来ていないか、それを実現する能力がないプロダクトマネージャーがいる気がする。

大変なのは分かるけど、今の顧客はその点だけは昔よりもはるかに厳しくなっていると思う。厳しいけどそこで躓いたら試合終了です。


PS4
ps41607011C.png

日足35日評価数推移160630

アトリエ新作の発売日が決算期末に特攻とか。
正直最近のコーエー見ていると、本当に出すの?のが第一感。受注みて様子決めるとかしていてももう驚かない。去年と同じで11月末日の方がまだいい気がする。6月末は一応ボーナス&夏休み前、3月末は春休み、12月末は年末年始とそれなりにメリットもあるけど、9月末は会計の区切り以外にメリットあるのかしら。TGS前後だから活性化?そんなこともないと思うけど。
今年の4-5月に発売したゲームを見ると、散らした方がいいとおもう。今年は9月まではぎっしりだから逃げようがないのは事実だけどね。

完走ソフトは2本。DQH2は予約ソフトだと何故か伸びないパターンです。

PS4
ps41606301C.png

PS435日完走
ps41606302C.png

日足35日評価数推移160629

ソニーの経営方針説明会はまだ聞いていないので、聞いてから思う所があれば書きます。

ゲーム事業については2-3年後が絶好調なのは分りきった話。問題は5年先のPS4の後の世代がどうなっているかという事。もうSIEはとっくの昔に動き始めているはず。外部者がどう考えるかは、は来年のE3まで見てからというところかな。

計画時に比べるとスマフォデバイスが下方修正入って完全にゲームの一本足打法になってる。従来から稼いでいる銀行やエンタメはなぜか評価しないからね。GEなんて稼げないからエレキから華麗な転身!とかでビジネス本いつも本屋で見た気がするけど。どこまでいっても内弁慶で舶来大好きは変らない。

ゲームも相変わらず継子扱いしてエレキガーエレキガー。こればっかり。何度でも書くけどソニーのエレキが衰退したのは、エレキ開発部隊の無駄に高いプライド、既存の体制派の面子を立てて消費者に背を向いたこと(失敗の代名詞とされるベータなんかはアメリカでハリウッド相手に著作権訴訟全力で戦い抜いたんだけどね。)、ソフトウェア開発力が中韓以下だったこと、製品企画担当者の能力が高くなかった事の4重苦で大半が自業自得だったとしか思えない。

伝統的なAVの象徴の一つ、今年発売したソニーのレコーダーを見なさい。時代錯誤なもっさりぶり。クラウドファンディングの出荷したリモコンは最低限必要な機能が準備できていなかったみたいで。創造性以前の問題ですな。しかもこれはずっとAV機器にソフトウェアが重要になってからずっとそう。

最近新製品の発売がかなりペースダウンしているので、内部は相当開発費抑制されていそう。でもそれが寂しいとも思えない。AV機器ファンですらそういう状況です。

今日の完走組は悪くない推移かと。

PS4
ps41606291C.png

PS435日完走
ps41606292C.png

日足35日評価数推移160628

今日はバイオ5のPS4版が発売。新作の出来とか、バイオ7がどういうゲームになるのかとか、バイオの話題は結構多い。ゲハでPS寄りの人間からすると最早カプコンはゲーム?それよりもお好み焼きとワイン造ろうぜ!だけど、PSストアを見ていると、値下げセールにも(BF4ほどじゃないけど)きちんと反応するし、新作が発売されれば旧作の評価数もきちんと伸びるなど、生きたIPなんだなと感じられることが多い。もともとPSで生まれたIPだしファンの忠誠心も高いのだからナンバリングの7ではファンの忠誠心と期待に応えてくれれば、と。

まあお好み焼きの方は来年以降の新作は解消されるだろう。解消されなかったらさすがワイン社長とそのボンボン!だね。解消されるのが何処になるのかはまあ書くまでも無いよね(棒)全くサプライズなど期待しておりません。

幕末浪漫第二幕 月華の剣士が完走したけど、ご覧のとおり超初動型。ソフトの本数が増えてきて安くても動かないね。この辺はvitaも同じ道を歩んだ。

PS4
ps41606281C.png

PS435日完走
ps41606282C.png

日足35日評価数推移160627

誰かが文句あるならスマホゲー廃人ユーザー並に金落とせといったそうな。
はっきりいうけど月10万などとても無理。確かに俺の場合は今はもうゲーマーとは呼べない。そこは認めざるを得ないけどね。

スマホゲーはとにかく人をかき集めて、その中で確率的に生起する3%以下の極端な人を課金中毒にして経済をまわしていく形。それが出来ないゲームはあっという間に淘汰される。そういう人間を生み出すためだけにスマホゲーのフレームは存在する。だからもう開発者の脳内がそれしか見えていないのが実に良く分かる発言だなと。

一方CSゲームは確率3%以下の人だけを相手にしては商売にならない。それで成立するソフトは極めて限られている。購買層の内85%を満足させるデザインとマーケティングをしないといけない。だからスマホゲーみたいにごく限られた層だけを相手にして商品を作ってはいけない。

いかに合理的に課金廃人を産み出すことができるゲームを作る事と幅広いユーザーに暇つぶし以上の体験を感じてもらえるゲームを作る事どっちが楽なのか、どっちをやりたいのか、この人に聞いてみたい所ではあるね。

完走ソフトではオーバーウォッチは最近の評価数の推移を考えるとまずまず
昔なら可も無く不可もなくだけど、初動型のソフト増えているからね

PS4
ps41606271C.png

PS435日完走
ps41606272C.png

日足35日評価数推移160626

週間ランキングアップしました

今週は大幅増。ミク効果も大きいが、新作を除いても週間評価数増0のソフト減っているし、定番ソフトも先週比増加傾向でした。ハードが売れた時の手ごたえに近いけど、実際はどうだろう。

一方で評価値4.00を下回ったソフトも2本(バージョン違いで3本)出ておりそこはやや残念か。
今週は個別ソフトの表示が旧表示から新表示に切り替わったソフト多数。特にアーケードアーカイブが多数。よって評価値大幅マイナスのソフトが増えています。

PS4
ps41606261C.png

日足35日評価数推移160625

PSVRといえば、シネマティックモードもやはり気になる所。

イベントで見た方の感想が出始めたようだけど、おそらくアニメならそこそこいけるけど、実写だと物足りないという感じになりそうね。PS3用のtorneセットの長時間モードは確か720×1080iという今回のシネマティックモードに近い変態解像度だったけど、画質が悪いのは言われていたけど、横の解像度半分な程には悪評が立ってなかった。少なくてもアニメでは。だからシネマティックモードも体感画面サイズは普通のTVより大きいものの致命的ではないかもしれない。

といっても実際のホームシアターの場合120-150インチくらいになれば、解像度の違いは余り気にしない人でも結構分かりやすいので、体感サイズが80インチ以上ならばまあそれなりに厳しいでしょうね。ホームシアターだと90-100インチくらいが一番好みです。80だともう少し大きい方が好き、120だとちょっと大きい。こんな感じで。

個人的にはHMZの不満は画質よりも淵だったので、ソニービルでもシネマティックモード体験出来る様になると嬉しいと思ってます。

PS4
ps41606251C.png

日足35日評価数推移160624

6/24(土)付の日足は6/25(日)PM10:00以降になります。

今日は英国EU離脱が全部持っていった感じ。
このブログはゲハブログなので、政治の事は書かないけど、次のPS4の新価格は1ドル100ドル換算で勝負をかけるのか、手堅く110円換算にするのかは興味深いかもしれない。

昨日のミクは1本だけ飛びぬけて評価数多いけど、どうも予約ソフトの評価数を持ち越した気がするね。今まではリセットだったけど、これからはどうなるのか。

最近の評価数を見ているとvitaの評価数の推移とちょっと似てきている。評価が満遍なく入らなくなってきたり、週間評価数増0のソフトが増えていたりと。これを見ると、いよいよPS4もマニアだけじゃなくてもう一段広い層に普及しだしたのかもしれない。

PS4
ps41606241C.png


日足35日評価数推移160622

カウントする側としては今日の新作はうんざり。
今日の新作は3本だけど、ミクは4バージョン、バイオ2バージョン、ウォーキングデッドは2バージョンで8本カウントしないといけない。
いや、それはいいんですよ。カウントしているのはこっちの勝手だから。問題なのはこの調子で登録ソフト増やしていくと閲覧性が悪くなりすぎる点です。
ストアの閲覧性は売上に直結するので、うまくやって欲しい所です。これは何度でも書くよ。多分今後よりそうなっていくと思うから。バイオは初日評価値3.00スタートだけど、3点台の上か下かどっちなんだろう。

やっぱりWEBストアとPS4ストアだと評価値の基準が違いそうな気がする。今日の見ると。

PS4
ps41606231C.png

PS435日完走
ps41606232C.png

日足35日評価数推移160622

最近24時発売のソフトが増えてきて、24時回ってからのカウントだと、予約ソフトの最終日がカウントできないソフトが出てきている。バイオとかがそうです。
規約変えないと駄目かもしれない。

ゼンジーがやらかしたとか。素直に謝罪記事を打てない、謝罪記事を出さずに削除。こんなのばっかだね。個人ブログならそれでもいいけど、商用だからね。しかし編集者もゼンジーも普通じゃない。XB1が圧勝の地域があると本気で思ったの?あるわけ無いじゃない。PS3/XB360時代だってそんな極端な市場は日本以外なかった。そこで突っ込みをいれられないなら編集といえないのでは?1手詰めも分らない将棋観戦記者がいるようなもんだよ。東洋経済みたいにアクセス乞食の為には手段を選ばないといい切れそうな所なら別だけど。

ゼンジーに関してはMSMVPという資格が全てを現しているのだろう。個人的には後藤ちゃんが、想像以上のモンスターだったスコーピオンとか、そんな記事をすぐに書かなかったのが驚きだった。ゲームのアーキテクチャー解説ではアクセス稼げないか、日本でのXB1はあってない様な物だから、アクセス稼げないと思ったのか。

PS4
ps41606221C.png

PS435日完走
ps41606222C.png

日足35日評価数推移160621

twitterではけっこう言いたい事を言う(なんと数字が大事な経済誌でVGチャートによると、と書いたライターよりは空気読んでるけど)西田さんのツイートが話題になっているらしい。

西田さんと言えばアップルにぶちきれた某記者に特別扱いがバレてしまっていたね。その一方でできる範囲での誠実さも評価されていて、立ち回りがうまい人だなと思った。

はっきりいって西田さんのアップル関連の記事は、どこぞのライターの記事と変わらない。よって読む価値は乏しいといっていい。西田さんの能力以前に誰でもかけるようなあたりさわりのない記事しか林檎相手には書けないということの裏返しに過ぎない。

SCE関連の西田さんの記事は、聞き上手な一方、思ったことを結構記事に書くし、遠まわしに駄目だしや疑問点を質問に織り交ぜる。だから味のある記事になるのだけど、西田さんが記事に個性を織り込めるぐらいにはSCEの姿勢が寛大であることの裏返し(もちろん職業ライターとしての限界ははっきりとある。)

だからどういう記者を選んで、その記者にどういう質問をさせて、どういう記事になるかを見れば、会社の広報に対する姿勢は分かってしまう。それ以上に雄弁な回答は無いと思う。さて今回の場合はどうなんだろうね。

でもこの文化って日本的だよね。欧米だと聞きたいことをズバッと聞くのが普通で、それでも付き合いが続いているみたいだから。ポリフォの会見見てると、日本の記者にこの1割くらい気概があればな、と思う位、質問に情け容赦が無い。

PS4
ps41606211C.png


日足35日評価数推移160620

ルマン24H観戦の疲労と、カウントの疲労で疲れているので日足だけです。

PS4
ps41606201C.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。